【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

メルペイの不正利用とは?不正利用がない決済サービスの特徴を紹介!

フリマアプリのメルカリはご存知ですよね。
そのメルカリがスマホ決済サービス「メルペイ」を打ち出しています。

メルカリの売上金をメルペイにポイントチャージし、全国のiD加盟店で買い物ができるサービスです。

今までクレジットカードで利用すると、カードを出す手間、サインをする手間が発生していました。
メルペイを使うことでスマホ決済ができるため、それがなくなります。

ただ、気になるのは不正利用です。
スマホ決済って本当に大丈夫と思われる方に、今回はメルペイの不正利用について詳しく紹介します。

メルペイの不正利用とは?

メルペイというのは、メルカリのシステムを使ったスマホ決済サービスです。

スマホを利用した決済サービスのため、サイフを出さずに利用ができます。
今までメルカリ売上金を出金する場合、1万円未満は振込手数料が発生していたのですが、それが必要なくなります。

これまでメルカリ売上金が小額であれば、振込しようか迷っていた人もいるでしょうが、メルペイを利用すると、それを気にする必要がありません。

しかし、気になるには不正利用です。
カードであれば、紛失しない限りは大丈夫という安心感があります。

しかし、スマホとなると、誰かにシステムを通じてのっとられたりするのではないか、不正利用を懸念してしまいます。

でも安心してください。
現在も含めて不正利用の情報は見られません。

これからもメルペイはセキュリティ向上に努めているため、不正利用の可能性は低いと思われます。

メルペイは不正利用させない年会費無料のシステム

メルペイは不正利用の可能性が低いスマホ決済サービスです。

そんなメルペイシステムの特徴は、年会費が無料なところです。

メルペイを利用する料金、iDで支払う料金、チャージする料金、すべてにおいて手数料は無料になっています。

登録費や維持費、年会費も一切かからないため、気軽に始めることができます。

基本的には、今まで現金決済していたものをスマート決済するために導入された仕組みです。

もちろんクレジットカードもスマート決済の仕組みなのですが、年会費がかかることもありますよね。

メルペイであれば、基本的には無料で利用することができます。

メルペイは不正利用させないiDが利用できるシステム

メルペイの特徴は使えるお店が多いということです。

最近では、いろいろな決済サービスが導入されていますが、使えるお店が少ないことが難点でした。
便利なシステムでも使えなければ意味がないですからね。

メルペイはiD加盟店であれば、どこでも使うことができます。
レジの横にiDマークがあるお店であれば使えます。

iDの利用できる店舗は皆さんの身近にたくさんあります。
今までカードを出すのに抵抗があってコンビニやスーパー、そして飲食店など幅広いお店で使うことができます。

    • <コンビニ>

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマート など

    • <スーパー>

イトーヨーカドー、イオングループ、ダイソー、ドン・キホーテ、サミット、平和堂、ユニー、オークワ など

皆さんが知っている主要なコンビニやスーパーで使うことができます。
これだけのジャンルがメルペイを使えるようになっているため、使えないということはないと思います。

メルペイは不正利用させない使いやすいシステム

メルペイの特徴は使いやすいということです。

メルカリのアプリをダウンロードしておけば、さくっと使うことができます。
まずはメルカリアプリをダウンロードしましょう。

前提としてメルカリアプリをダウンロードしている必要があります。
その中にメルペイサービスがあるため、そこからログインしていきます。

メルペイは不正利用させないために銀行口座の登録

メルペイを利用するためには大きく2つの方法があります。

1つはメルカリの売上金を移行してポイント利用する方法。
そしてもう1つが銀行口座を設定し、そこから金額をチャージして利用する方法。

メルペイを開くと、使い方欄が出てくるため、「お支払い用銀行口座の設定」で支払い用の口座登録作業を行うことで使えるようになります。

銀行口座からチャージされるため、現金を使っているような感覚で利用ができます。

メルペイは不正利用させないリアル店で買い物できるシステム

メルペイはリアル店で買い物ができます。

支払をするときは、iD利用と伝えるだけで大丈夫です。
よく間違えるのが「メルペイで」と伝えてしまうことです。

メルペイというのはあくまでスマホ決済の仕組みの話であって、決済サービス自体はiDを使って行うものになります。

最近はいろいろな決済サービスが増えているため、どのように伝えればいいか迷ってしまいますよね。

使い方ガイドにものっているのですが、メルペイを使うときはiD支払と伝えましょう。

逆にいうと、他の決済サービスが導入されているお店であっても、iD利用ができないお店であれば、メルペイを使うことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください