今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

メルペイとラクマの関係性は?どういう違いがあるのかも含めて紹介!


メルカリは本当に便利なフリマアプリです。
今までフリマといえば、公園やイベントなどに行ってフリマに参加するしかありませんでした。

しかしフリマアプリのメルカリが導入されてから、またたくまに広がっていきました。
もう1つのフリマアプリがラクマです。

どちらも気軽に販売できるという意味では同じことです。

販売というのは同じことなのですが、メルカリには、スマホ決済サービスの「メルペイ」が導入されています。

そこで今回はメルペイはどういう仕組みなのか詳しく紹介します。

メルペイとラクマとは

メルペイというのは、メルカリが導入しているスマホ決済サービスのことです。
単独のアプリがあるのではなく、メルカリのアプリ内にメルペイがあると思ってください。

メルというのはメルカリ繋がり、ペイというのは支払という意味です。

メルペイとラクマというキーワードがたまに見つかりますが、正式には、

メルペイとメルカリとラクマといった関連性があります。
ラクマはメルペイとは仕組みは全く違い、あくまでメルカリと同じフリマサイトになります。

メルペイはラクマにはないメリットがある

メルペイはラクマにはないメリットがたくさんあります。

メルカリはフリマサイトとしてかなりの地位を築いています。
知らない人はいないくらい世間に広がっています。

メルカリの月間利用者数は1200万人以上となっており、このユーザーがメルペイを利用する可能性があります。

メリットとしては、メルカリの売上をそのままメルペイというスマホ決済サービスに置き換えすることができるため、非常に便利になります。

今までメルカリの場合、売り上げた金額は銀行振込で移行するしか方法はありませんでした。
振込金額は1万円以下の場合は、振込手数料が発生していました。

さらには、売上金の振込申請期限が半年間と決められており、泣く泣く手数料をかけて振込をしていたという経緯がありました。

メルペイが導入されたことで、手数料がかからずいつでも移行できるため、デメリットはありません。

メルペイはラクマにはないiD支払に対応

メルペイはラクマにはないiD支払に対応しています。

メルカリだけではiD支払などに対応できないのですが、メルペイのサービスを融合させることで、支払に対応できます。

iD支払ができる場所は、全国で90万箇所です。

メルカリで不要なものを売って、そのお金で普段行くコンビニなどで買い物をするといった非常に効率的な運用ができます。

メルペイの良さはiD支払ができることです。
今や多くのコンビニ、スーパー、飲食店などでiD支払に対応するようになっているため、そのすべてが対象となります。

メルペイはラクマにはないコード決済に対応

現在はまだ導入されていませんが、今後メルペイにはコード決済にも対応していきます。
今まではiD支払に対応しているところだけが、メルペイを使えるようになっていたのですが、これからはQRコードにも対応していきます。

これによってさらに利用できる店舗は50万店以上増えることになります。
つまり、スマホ1つでいろいろなものが買えてしまうようになります。

お店で用意されているスキャンにメルペイのバーコードをかざすだけなので誰でも簡単に利用ができます。

メルペイはラクマにはないお店側にもメリットがある

メルペイは利用者側だけでなく、店舗側にもメリットがあります。

最大のメリットは、メルカリを利用しているユーザーがすべて対象者になることです。
多くの方は売上金をメルペイで支払いしています。

iD支払に対応していることにより、本来現金であれば躊躇して購入しなかった商品などが、気軽に購入してくれるかもしれません。

このように売上増加のメリットがあります。

そしてもう1つが決済手数料です。
メルペイの決済手数料は、1.5%と低水準です。

クレジットカードの決済手数料は平均3.0%と言われているため、それと比べたときには、半額の数字になります。

これだけでもお店側にメリットがあるといえます。
支払う金額が少なくなるってことです。

もちろん、メルペイ決済にかかる初期費用、月額費用は無料になります。

メルペイはラクマとは違い2つのチャージ方法がある

メルペイには2つのチャージ方法があります。

メルペイは電子マネーみたいなイメージのため、使うためには金額を入れておく必要があります。

1つは先ほどから紹介している、メルカリ売上金を移行する方法です。
よくメルカリで商品を出品している人は使える機能です。

もう1つは銀行口座からのチャージです。
事前に登録しておいた銀行口座残高から、指定の金額をチャージして使うことができます。

即時チャージのため、デビットカードのようなイメージで精算ができます。

今までデビットカードの場合は、カードをサイフから出すといった作業が発生していましたが、これからはスマホを片手に精算ができてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください