今すぐ作れるクレジットカードあります!

mineoのデメリットとは?契約の前に確認しておくべき注意点とは

mineo(マイネオ)は、 今話題となっている格安スマホ・格安SIMのサービスの一つです。大手キャリアと比較して、月々の携帯料金が半額以下になるというケースも多く、多くの人が利用しているサービスの一つです。

そんなmineoですが、メリットばかりに目が行きがちですがもちろんデメリットもあります。そこで、ここからはmineoのデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。契約を検討している方は、しっかりとデメリットも考えた上で検討してみて下さいね。

mineoとは?使用する上でもデメリットはある?

mineo(マイネオ)のサービスについてまずは詳しく見ていきましょう。

mineoのサービスの仕組みですが、端末とSIMカードを自由に組み合わせることにより携帯料金を抑えることが出来るもので、大手携帯会社から設備を借りてサービスを提供しているため、料金を抑えることが出来るという仕組みになっています。

どの機種からも乗り換えることが可能であったり、料金プランの種類も豊富など、多くのユーザーから定評のある人気のサービスとなっています。人気のmineoですが使用する際のデメリットもあるんです。ここからはmineoのデメリットについて細かく見ていきます。

mineoをドコモ回線で使用するデメリット

回線ごとのデメリットから見ていきましょう。まずは、ドコモ回線でmineoを使用するデメリットについて詳しくご紹介していきます。ドコモ回線におけるデメリットは、デザリング機能を使用出来ない機種があるという点です。

デザリングとは、スマートフォンの無線LAN・USB機能を利用し、他の電子機器からインターネット接続を可能とする機能のこと。この便利な機能ですが、ドコモのandroidでは、機種によってデザリングを使用出来ないケースもあるとのことです。使用の可否はmineoの公式サイトで確認が可能となっていますので、契約を検討している方は事前に確認しておくことをおすすめします。

ただし 、SIMロックを解除すればどんな端末でも使用することが出来るとのこと。ロック解除でmineoを使用出来るという方は、docomoショップでSIMロックを解除してもらいましょう。

mineoをソフトバンク回線で使用するデメリット

ソフトバンク回線でmineoを使うデメリットも見て行きます。ソフトバンクからの乗り換えは、他機種と比べて移行に手間がかかります

理由としては、ドコモやauは対応するプランがありますが、ソフトバンクにはないためです。したがってSIMロックを解除して、再度契約をしなくてはなりません。

契約さえすれば月々の料金は大きく抑えることが出来ますが、契約の際に手間がかかる点はデメリットといえるでしょう。

mineoをau回線で使用するデメリット

au回線でmineoを使う際は、注意するべき点が多数あります。詳しく見ていきましょう。一点目は、SIMロックが必要な機種があるという点です。auにはVoLTEという音声の質を高める機能があるのですが、この機能を搭載している端末はSIMロックを行う必要があります。なお、このSIMロックの解除には手数料3000円がかかったり、細かい契約条件がありますので事前に確認しておきましょう。

二点目は、電波状況が良くないという点です。iPhone5を使用している場合は特に電波を安定してつかみにくいそう。
理由は、プラチナバンドと呼ばれる安定した電波を提供しているものが、iPhone5s以降の機種のみ対応しているためです。したがって機種によっては、mineoの使用をあまりおすすめ出来ません。また3Gの電波が使えないという点も、au回線でmineoを使用するデメリットです。

三点目は、テザリングの機能を使用出来ないという点です。ただし、少し手間にはなりますが手続きを行えば使用は出来るとのことです。

mineoでLINEを使う際の注意点やデメリット

mineoを使用してもLINEは変わらず使用することが出来ます。その点に関してはご安心ください!ただし、MNPで回線を引き継ぐ場合は問題なくLINEを使用することが出来ますが、新たに端末を購入して使う場合や電話番号が変わる場合、新しくアカウントを作る場合などはアプリの引き継ぎや再ログイン、認証などが必要となります。

mineoにすることで使用出来ない機能がありますので、詳しく見ていきましょう。ID検索が出来なくなる点、これまでのトーク内容を引き継ぐことが出来ない点、OSが変更する場合はコインが失なわれる点です。これらの点はしっかりと事前にデメリットとして把握しておきましょう。

mineoは通話料が高いのがデメリットの一つ

mineoのでメリットの一つとしてあげられるのが、通話料の高さです。実際、mineoと大手キャリアの通話料金を比較した場合、30秒あたりの通話料金にあまり差はありません。(30秒20円程度)

ただし、大手キャリアの場合は通話定額プランが充実しているのに対して、mineoでは便利な定額プランがありません。長時間電話をする方や特定の番号に頻繁に電話をかける方は、ネックなってくる部分かもしれません。

mineoのサポートがオンラインや電話がメインというデメリット

大手キャリアのように店舗が多くなかったり、使用までの手続き等の際手厚いサポートがないのもmineoのデメリットの一つです。mineoショップ、mineo販売店、mineoサポート店などもありますが、店舗が少なかったり提供しているサービスも限定されています。

オンラインや電話でも手厚くサポートしてくれるため、問題ないとの声も実際多いですが、ご自身で手続きをするのに不安の大きい方は、大手キャリアの方が安心かもしれませんね。

mineoは支払い方法が限定されるというデメリット

mineoの支払い方法はクレジット払いのみに限定されています。クレジット払いには利点も多いですが、抵抗があるという方も多いのも事実ですよね。

現金払いにこだわりがある方や、口座振替での支払いを希望する方には不向きかもしれません。eo光ネットというサービスを利用している場合は、口座振替も可能とのことですが、ネットのキャリアも限定されてしまうため、あまり利点とはならなさそうですね。

mineoを使用するデメリットも知った上で検討が必要

mineoを使用する場合のデメリットについて詳しく見ていきました。月々の料金が安くなるという点から、格安スマホ、格安SIMに乗り換える方が増えてきていますが、全てがメリットばかりではありません。

お使いの機種や、スマホの使用方法、支払い方法などについても細かく確認した上で、契約を検討するのがおすすめです。
使い方によっては非常に便利なmineoのサービス。ぜひデメリットについても確認し、お得にスマホを使ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください