住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノカード」のメリット・デメリットとは?

カテゴリー:住信SBIネット銀行, クレジットカード会社 

ミライノカードは住信SBIネット銀行のスマートプログラムにより、ポイント還元率アップやATM利用手数料が無料で使えたり、JCBブランドのサービスによって海外・国内旅行がお得に楽しめたりします。また、海外・国内旅行傷害保険やショッピングガード保険も付いているため、万一の際も安心です。ここでは、ミライノカードのメリット・デメリットについて一つひとつ見ていきましょう。

ミライノカードとは

ミライノカード(MIRAINO CARD)は、住信SBIネット銀行連携のクレジットカードで2018年1月31日に終了予定の「SBIカード」の代わりとなる新しいクレジットカードです。一般カードの「ミライノカード」、ゴールドカードの「ミライノカードGOLD」、プラチナカード「ミライノカードPLATINUM」の3種類が用意されており、カードブランドはJCBです。

 

住信SBIネット銀行のスマートプログラムとの連動で大きなメリットが!

ミライノカードは住信SBIネット銀行のスマートプログラムと連動させることで、ポイント還元率アップやATM利用手数料無料など、さまざまなメリットを享受できます。

スマートプログラムとは

スマートプログラムとは、住信SBIネット銀行の商品やサービスの利用状況に応じて、スマプロポイントが貯まったり、スマプロランクが確定し、ATM手数料無料などの優遇を受けられるサービスのことです。

ランクと優遇内容
ランク1ランク2ランク3ランク4
ATM利用手数料無料回数預入れ:無制限
引出し:月2回
預入れ:無制限
引出し:月5回
預入れ:無制限
引出し:月7回
預入れ:無制限
引出し:月15回
住信SBIネット銀行口座宛の振込手数料無料回数無制限無制限無制限無制限
他金融機関宛の振込手数料無料回数月1回月3回月7回月15回
ランクUP条件
ミライノランク

 

スマプロポイント

スマプロポイントは、住信SBIネット銀行の商品やサービスの利用、キャンペーンへの参加によってポイントが貯まります。貯まったスマプロポイントは、1ポイント=1円相当として500ポイント以上から現金へ交換できます。キャッシュバック申請をして翌々日には入金されますので現金化がスピーディーです。以下の項目の前月の利用状況によってポイントが貯まります。

  • 給与・年金の受取定額自動サービス いずれか利用で30ポイント
  • 口座振替(銀行引落し)1件以上引落しありで5ポイント
  • 外貨積立 月1万円以上積立で10ポイント
  • 純金積立 月5,000円以上積立で10ポイント

スマプロランク

以下のように、預金残高や貸出金残高、商品・サービスの取引内容などによスマプロりランクが変わり、優遇内容も異なります。

スマプロポイントへの交換で還元率が最大1.0%

ミライノカードは毎月の利用金額合計に対し、1,000につき5ポイントが貯まります(還元率0.5%)。しかし、貯まったミライノポイントをスマプロポイントへ交換すればポイント還元率が1.0%になります。※ミライノポイント1ポイント=スマプロポイント2ポイント

カードローン適用金利の引き下げ

ミライノカードを持ち、引落口座に住信SBIネット銀行を設定すると、カードローン商品の「ミスターカードローン」の金利が年0.1%引き下げられます。

 

年会費無料にできるのに付帯保険が充実

ミライノカードは初年度年会費無料、次年度以降も条件次第では無料で使えるクレジットカードでありながら、海外・国内旅行傷害保険やショッピングガード保険など付帯保険が充実しています。

海外旅行傷害保険

ミライノカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯していますので、海外旅行中に万一のことが起きても安心です。カード本会員の配偶者や子供、生計を共にする同居の親族も対象となります。※旅行利用代金をミライノカードで支払うことが保険付帯の条件

死亡・後遺障害最高2,000万円(家族は最高1,000万円)
傷害治療最高200万円(家族は最高100万円)
賠償責任最高1,000万円(家族は最高500万円)
携行品損害なし
救援者費用最高100万円(家族は最高50万円)

国内旅行傷害保険

海外旅行傷害保険だけでなく、最高2,000万円の国内旅行傷害保険も付いています。国内旅行に出かける機会が多い人は安心です。※旅行利用代金をミライノカードで支払うことが保険付帯の条件

死亡・後遺障害最高2,000万円(家族は最高1,000万円)
入院保険金日額3,000円(家族は日額1,500円)
通院保険金日額2,000円(家族は日額1,000円)

 

海外のショッピングは標準装備

ミライノカードには海外でのショッピング補償も付いています。海外にあるJCB加盟店でミライノカードを使って購入した品物が、事故による破損や盗難に遭った際に購入日から90日間、最高50万円補償されます。※自己負担額10,000円、事前の届出不要

条件付きで国内のショッピングも対象に

海外でのショッピング補償だけでなく、条件を満たせば国内でのショッピング補償も受けられます。「支払い名人」定額コースに登録をすれば、国内のショッピングガード保険が自動付帯され、ミライノカードで購入した品物が破損や盗難に遭った場合に購入日から90日間、年間最高100万円まで補償されます。

 

JCBブランドだからこそ受けられるメリット

ミライノカードはJCBのカードであり、JCBブランドのさまざまなサービスも受けることができます。数あるサービスの中から、旅行や出張が多い人にメリットが大きいサービスを見ていきましょう。

海外旅行情報サイト「たびらば(旅LOVER)」

世界中のレストランやエステ・マッサージ、ショップなど、JCB選りすぐりの優待情報やお役立ち情報が載った「たびらば(旅LOVER)」が利用できます。JCBの現地スタッフが更新しているため、いつでも新鮮な情報を得ることができます。

JCB GLOBAL WiFi

JCBの会員であれば海外で利用できるGLOBAL WiFiが20%引きの優待価格で利用できます。受渡/返却手数料も無料です。海外旅行の機会が多い人は、お得な価格でWiFi利用が可能です。

JCB沖縄優待ガイド

JCB沖縄優待ガイドとは、JCBがおすすめする沖縄県内にある加盟店を紹介した優待ガイドです。カードで支払いするだけでさまざまな優待サービスを受けられます。人気の旅行地で優待も受けれて大変お得です。

JCB空港優待ガイド

JCBがおすすめする空港内の加盟店を紹介したオリジナルの優待ガイドで、カードで支払うだけで優待サービスを受けられます。旅行や出張など、空港利用が多い人にメリットの大きいサービスです。

 

キャッシュレス主義の方おすすめの電子マネー

ミライノカードはQUICPayやApplePayにも対応しているため、コンビニやスーパーなどの店舗や自動販売機で簡単に支払いができます。現金や財布は持ち歩きたくないという人も安心です。

QUICPay

ミライノカードにはQUICPayが搭載されています。QUICPay機能があればお店の端末にミライノカードをかざすだけで支払いが可能です。請求はクレジットカードとなるため、電子マネーのようにチャージする必要がありません。

Apple Pay

ミライノカードはApple Payにも対応しています。iPhone7やiPhone8、X、AppleWatchなどで気軽に支払いができます。ApplePay対応のお店も増えてきているので非常に便利です。

 

注意しておきたいミライノカードのデメリット

メリットの多いミライノカードですが、デメリット・注意点もあります。メリット・デメリットの両方を把握したうえで、利用するかどうかの判断をしましょう。

年会費は条件付きで無料

ミライノカードの年会費は初年度無料です。次年度以降の年会費は900円(税抜)ですが、年間10万円以上のカード利用で次年度の年会費も無料になります。月8,000〜9,000円のカード利用で年会費が無料になるため、決して難しい条件ではありません。

住信SBIネット銀行ユーザーでないと……

スマートプログラムとの連動など、住信SBIネット銀行のユーザーでないとミライノカードのメリットを最大限享受することは難しいです。普段住信SBIネット銀行を利用していない、これからも利用する予定がないという人にとっては、魅力を感じにくいかもしれません。

 

まとめ

ミライノカードは初年度年会費が無料でありながら、保険の充実や住信SBIネット銀行とJCBのさまざまなサービスを受けれるなどメリットが大きいです。残念ながら家族カードはありませんが、メインカードとして使っていけるだけのポテンシャルは十分にあります。現在、クレジットカードを検討している方は、ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

楽天株式会社に入社し楽天カード事業部に配属→楽天市場事業に配置転換→信販会社大手のアフィリエイト広告代理店に転職→「おすすめのクレジットカード情報局」の管理人。クレジットカードは20枚以上保有しており、現在のメインカードはSPGアメックスです。私に関する自己紹介ページも用意しておりますので、質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

本日の注目キャンペーン

他にも読まれている人気記事
PAGE TOP ↑