【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

お金をもらう方法を知っていると得する!14つのお金をもらう方法を紹介!

「お金をもらう方法はたくさんあります」
さまざまなシーンやライフステージにおいて、一定の条件を満たせば、お金がもらえる制度は意外に多くあるものです。

とはいえ、
・どんな制度があるの?
・違法ではないの?
など、疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで、この記事では、お金をもらう14の方法について紹介しています。

お金をもらえる方法をたくさん知っておけば、困ったときに助かる可能性がありますので、知っていて損することはありません。ぜひご一読いただけると幸いです。

①副業などをしてお金をもらう方法(お金を稼ぐ)

お金をもらう方法の1つが、お金を稼ぐことです。本業とは別に仕事等をすることで、報酬をもらうことができます。一時的にお金を得ることはもちろん、継続していけば、今後もお金をもらい続けていくことが可能です。

ここでは、仕事等をしてお金をもらう3つの方法について見ていきましょう。

お金をもらう方法:1.ポイントサイト

お金を稼ぎ収入を得る方法として、ポイントサイトがあります。「モッピー」「げん玉」「ライフメディア」「ハピタス」「ポイントインカム」「ちょびリッチ」「ECナビ」など、他にもさまざまなポイントサイトがあります。

アンケートやゲーム、広告視聴やサイトクリック、資料請求、クレジットカード作成、サイト経由のネットショッピングなどをすることで、ポイントを獲得できます。獲得したポイントは1ポイント=0.5円〜1円として現金などへ交換することが可能です。

パソコンだけでなくスマホを使ってできるため、通勤・通学時間や休憩時間、待ち時間、寝る前の時間など、すきま時間を使ってコツコツ稼ぐことができます。専門知識も必要ないため、誰でも簡単に始めることが可能です。1つのサイトで1ヶ月1,000円〜2,000円程度ですが、確実にお金を稼ぐことができます。

お金をもらう方法:2.クラウドソーシング

空いている時間を利用して、クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法もあります。「クラウドワークス」や「ランサーズ」が代表的で、ライティングやシステム開発、データ入力、翻訳・通訳、サイト運営、ジム、調査、動画制作など、他にもさまざまな仕事カテゴリが用意されており、自分の得意な案件を選んで仕事をすることが可能です。

1回きりの単発案件だけでなく継続案件もあるため、中長期で稼いでいくこともできます。パソコンやスマホ、インターネット環境さえあれば、カフェや図書館、自宅など、場所を選ばずにいつでも仕事ができるのが魅力です。

すきま時間を有効活用して月に2〜3万円稼ぐこともできますし、時間を割くことができれば月10万円以上稼ぐこともできます。

お金をもらう方法:3.日雇いバイト

日雇いバイトをして、お金を稼ぐ方法もあります。アルバイト情報誌やWEBサイトに多くの日雇いバイト情報が載っており、配布系や軽作業系、接客系など、仕事のジャンルも複数から選択することが可能です。1日8時間の勤務で1万円程度稼ぐこともできます。

ただし、必ずしも自分が希望する時間帯に仕事ができるとは限らないため、働きたくても働けないことがあるので注意してください。

ある程度まとまった時間が作れる方で、力仕事や単純作業が苦でない方におすすめです。

②仕事関連のお金をもらう方法(求職中に給付金を得る)

仕事に就くために勉強をしているときや、仕事を辞めた場合など、給付金という形でお金をもらうことができます。これらの制度をしっかりと把握しておくことで、より安心して勉強や就職活動をすることが可能です。ここでは、職業訓練受講給付金や教育訓練給付金、失業手当について紹介しています。

お金をもらう方法:4.職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

職業訓練受講給付金とは、ハローワークの支援支持を受け、求職者支援訓練や公共職業訓練を受講し、一定の条件を満たす場合に受け取れる給付金のことです。職業訓練受講給付金は、月額10万円(プラス交通費)をもらうことができます。職業訓練で勉強をしながら10万円も受け取れるなど、非常にうれしい制度です。

ただし、「本人の月収が8万円以下」「世帯全体の収入が月25万円(年300万円)以下」「世帯全体の金融資産が300万円以下」「すべての訓練実施日に出席している」など、他にも支給要件があり、これらの要件をすべて満たしている必要があります。

勉強しながらお金がもらえる制度があることを覚えておきましょう。

お金をもらう方法:5.教育訓練給付金

教育訓練給付金とは、一定の条件を満たすことで、厚生労働大臣指定の講座を修了した場合に支払った学費の20%(最大10万円)が支給される制度のことです。受講終了時点までに、実際に支払った学費の一部が支給されるため、通常よりもお得にスキルアップをすることができます。

仮に、受講料が49,800円だった場合は9,960円も支給されますし、受講料が129,000円の場合は25,800円も受け取れます。現在雇用保険に加入している、もしくは過去に雇用保険に加入していた方などが対象となり、勉強をしてスキルアップを図りたい方は使わないともったいない制度です。※自営業や公務員の方は対象外

お金をもらう方法:6.失業保険

失業保険(雇用保険)は、会社を退職した際に国から給付される手当のことです。会社を自己都合や会社都合等で退職した場合に、90日間〜360日間までもらうことができます。失業保険でもらえる金額は、年齢や給与によっても変わりますが、離職日直前の6ヶ月で1日にもらっていた給与の4割〜8割程度です。自己都合で辞めた場合は失業保険の申請をして7日間の待機期間と、3ヶ月の給付制限期間を経たあとに受給することができます。

会社都合での退職の場合は、申請をして7日間の待機期間後、すぐに受給することが可能です。他にも、さまざまな条件によって受給期間が変わってきたりします。

③節税をしてお金をもらう方法(税金が戻ってくる)

節税をすることで、お金をもらう方法もあります。節税によって税金が安くなるため、これまで支払った税金の一部が戻ってきます。ここでは、主な3つの方法について見ていきましょう。

お金をもらう方法:7.ふるさと納税

節税をしてお金をもらう方法の1つにふるさと納税があります。ふるさと納税は、希望の自治体に寄付をすると、特産品など返礼品をもらえて、税金も控除される仕組みです。自己負担は2,000円かかりますが、返礼品と税金控除を考えると、非常にメリットが大きいです。

たとえば、1万円を寄付すると税金が8,000円安くなり、さらに寄付した自治体の特産品などをもらえます。10万円寄付した場合は、98,000円も税金が安くなる+返礼品です。

ふるさと納税のサイトによってはクレジットカードで決済できるため、クレジットカードのポイントを貯めることもできます。また、ポイントサイトを経由してふるさと納税の寄付をすれば、寄付額の数%のポイントを別に獲得できるため、クレジットカードのポイント+ポイントサイトのポイントをダブルで貯めることが可能です。

これらのポイントは1ポイント0.5円〜1円で現金等へ交換できますので、ここでもお金をもらうことができます。年収等によってふるさと納税の上限が決まっていますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

お金をもらう方法:8.住宅ローン控除

マイホームを持っている人は、住宅ローン控除により税金が戻ってくる可能性があります。住宅ローン控除とは、年末の住宅ローン残高に応じて、一定額が所得税から控除される制度のことです。2021年12月までに家を購入して入居した人は、年末の住宅ローン残高の1%を10年間、最大400万円の控除を受けることができます。

住宅ローン控除の制度を利用することで、所得税が控除され税金がいくらか戻ってきます。

お金をもらう方法:9.医療費控除

医療費控除によって、税金が戻ってくる可能性もあります。医療費控除とは、1年間の間に一定額以上の医療費を支払った場合に、控除を受けられる制度のことです。会社員の方が医療費控除を受ける場合は、確定申告が必要になります。

医療費控除は、医療費の合計が10万円を超えた分について控除を受けることが可能です(上限200万円)。ただし、総所得が200万円以下の人は総所得金額の5%を超えた分に関して控除を受けることができます。

病院での診療費や治療費、入院費、通院に必要な交通費、治療のためのリハリビやマッサージ費用、医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用、医療用器具の購入や貸借、手術後の機能回復のため短気間装用する器具など、さまざまなものが医療費控除の対象となります。

納税者が、生計を一にする配偶者その他の親族のために支払った医療費も合わせて申告することが可能です。医療費控除によって、住民税と所得税が控除され、税金が戻ってくる可能性があります。

④病院関連のお金をもらう方法(手当金が支給される)

出産や病気、ケガなどした際に、手当金を受け取れる制度もあります。いずれも仕事ができず収入面が心配になるときなので、このような手当金をもらえるのは非常にうれしいものです。少しでも生活に困らなくていいように、ここで紹介するお金がもらえる制度は覚えておきましょう。

お金をもらう方法:10.出産一時金

出産をする際は、出産一時金をもらうことが可能です。出産一時金とは、妊娠4ヶ月(85日)以上で出産をする健康保険加入者もしくは配偶者の健康保険の被扶養者が支給対象で、一児につき42万円が支給されます。本人もしくは配偶者が国民健康保険や健康保険組合に入っていれば大丈夫です。

出産費用も42万円前後かかるため、出産費用が42万円未満の場合は出産一時金との差額が振り込まれます。ただし、出産費用が42万円以上かかる場合は、超過分の自己負担が必要です。「出産費用が心配」という方は、出産一時金の対象となるのか、病院での手続き方法はどうするのかなど、早いタイミングで確認するようにしましょう。

お金をもらう方法:11.出産手当金

出産一時金とは別に、出産手当金という制度もあります。出産手当金とは、加入する健康保険から支給される手当金のことです。勤務先の健康保険組合、協会けんぽ、共済組合などに入っていることで、休業補償を受けることができます。

出産日以前42日から出産の翌日以後56日までの範囲に会社を休んだ保険加入者が対象で、標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支給されます。

勤務先もしくは社会保険事務所へ申請書や給与・勤務実態が確認できる書類を提出して手続きができます。産休中の女性の出産や生活を支える制度です。

お金をもらう方法:12.傷病手当金

病気やケガで会社を休んだ際は、傷病手当金をもらえる可能性があります。傷病手当金とは、社会保険加入者が、業務外の病気やケガで仕事ができなくなって会社を休んだときに、保険組合から支給される手当金のことです。標準報酬日額の3分の2の額が支給されますので、休んだ期間の収入がなく困ることを防げます。

3日間の待機期間後の4日目以降に支給されるなど、いくつか条件はありますが、非常にありがたい制度です。

⑤介護・高齢者の再就職関連のお金をもらう方法(給付金が支給される)

介護で会社を休む方や、高齢者で再就職をする方は、ここで紹介する給付金がもらえる可能性があります。これらをもらえることができれば、だいぶ生活面がラクになりますので、把握をしておきましょう。

お金をもらう方法:13.介護休業給付金

介護休業給付金とは、職場復帰することを前提として家族を介護するため介護休業を取得した場合に支給される給付金のことです。介護休業給付金を受けるには、雇用保険の被保険者で、一定の条件を満たす必要があります。

介護の対象者は、配偶者や父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫で、最長3ヶ月間、過去6ヶ月の平均給与月額の67%の給付金を受け取ることができます。

介護休業給付金を受けるには、「雇用保険受給資格者であること」「過去2年間で1年以上雇用保険に加入していること」「介護休業開始において1年以上同事業主のもとで勤務していること」これら3つの条件をクリアしている必要があります。

お金をもらう方法:14.高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金とは、60歳以降に再就職が決まった場合にもらえる給付金のことです。再就職をして給与が75%未満になった方で、以下の条件をクリアする方が対象になります。

  • 雇用保険加入期間が5年以上
  • 60歳〜65歳未満での再就職
  • 1年以上雇用されることが確実
  • 再就職する前に失業手当を受給して、受給期間内に再就職、そして失業手当支給残日数が100日以上ある
  • 再就職する前に再就職手当を受給していない

高年齢再就職給付金の支給期間は失業保険の残日数が100日以上の場合は1年間、200日以上の場合は2年間です。

まとめ

今回は、お金をもらう14の方法について紹介いたしました。あらためて最後にここで紹介した大事なポイントをまとめると、以下3点が挙げられます。

  • 「稼ぐ」「給付金」「税金が戻る」「手当金」など、さまざまな方法でお金をもらえる
  • すぐに使えるかどうかは別にしてたくさんの情報を持っていることが大事
  • 情報を持っていないと知らないところで損をする

ぜひ、ここで紹介したことを参考にして、たくさんのお金をもらう方法について情報収集をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください