今すぐ作れるクレジットカードあります!

お金を借りる主な方法を紹介!9つの方法と注意点を把握しておこう!


「お金を借りる方法はたくさんある」
一言に「お金を借りる」といっても、その方法は非常に多く、それぞれで特徴が異なります。これらの方法や注意点を知っていることで、より効率良く借りることが可能です。

とはいえ、
・どういった借り方があるの?
・どんなことに注意したらいい?
と疑問を持っている人も多いことでしょう。

そこで、今回はお金を借りる9つの方法と注意点などについて紹介しています。

お金がなくて困ることが多い方にとても役立つ内容だと思いますので、ぜひご一読いただけると幸いです。

すぐにお金が必要!そんなときは「お金を借りる」

「イベントや買い物で急な出費が。。」普段からお金に余裕がある場合は、急な出費にも対応できますが、そうでない場合は、「お金を稼ぐ」か「お金を借りる」必要があります。

お金が必要な日までに時間的余裕がある場合は、お金を稼ぐことができますが、時間的余裕がない場合はお金を借りる選択肢が有効です。なぜなら、お金を借りる方法であれば、即日でも対応できる可能性があるためです。

お金を借りる際の注意点

お金を借りる場合は、返済のことも考えたうえで利用するようにしてください。

ほとんどの場合、お金を借りると利息がかかるため、借りた金額より多く返す必要があります。場合によっては毎月の返済額がとても多くなるため、計画的に利用することが大切です。

お金を借りる→毎月の返済額がきつくなる→またお金を借りる。。と負のスパイラルに陥る人もいますので、十分に注意してください。

お金を借りる方法:1.銀行のカードローン・キャッシング

お金を借りる代表的な方法の1つが、銀行のカードローン・キャッシングの利用です。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、イオン銀行など、ほとんどの銀行がカードローン・キャッシングに対応しています。

限度額と金利は銀行によって異なりますので、利用する銀行によって借りることができる金額や返済額に違いがあります。最短30分など、スピード審査に対応している金融機関もあり、インターネット上で申し込むことも可能です。

総量規制の対象外で、消費者金融のカードローン・キャッシングより、審査が厳しい分、金利は低めなのが特徴です。

お金を借りる方法:2.消費者金融のカードローン・キャッシング

銀行だけでなく、消費者金融のカードローン・キャッシングを利用してお金を借りる方法もあります。

アコムやプロミス、アイフルなど、多くの消費者金融がカードローン・キャッシングサービスを提供しています。銀行のカードローン・キャッシングとは異なり、無利息サービスがあり、審査・融資のスピードが早いのが特徴です。「初回30日間無利息サービス」があるため、30日以内に完済する場合は、利息なしで利用ができるため、大変お得です。また、最短30分審査や即日融資に対応しているので、スピーディーに利用できます。

ただし、金利が18%近いなど銀行よりも金利が高く、総量規制の対象になるため、年収の3分の1以上お金を借りることはできません。

お金を借りる方法:3.クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能を利用して、お金を借りることもできます。

キャッシング機能を搭載していれば、提携ATMやCDで現金の借入れが可能です。銀行や消費者金融のカードローン・キャッシングのように新たに申し込みをする必要がなく、手軽に利用ができます。金利手数料は年15〜18%程度と高めです。

ただし、キャッシング枠を使うとショッピング枠が減るため注意が必要です。また、ショッピング枠を限度ギリギリまで使っていると、キャッシング枠をほとんど利用できなくなります。消費者金融のカードローン・キャッシング同様、総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか借りることができません。

お金を借りる方法:4.国や自治体に借りる

用途や条件などありますが、以下のように国や自治体からお金を借りる方法もあります。

  • 国の教育ローン:日本政策金融公庫の教育一般貸付
  • 生活福祉資金貸付制度:低所得者層などを対象とした貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度:職業訓練を受けられる方向けの生活再建支援金
  • 母子福祉資金貸付(父子・寡婦):ひとり家庭の父母を対象とした制度
  • 年金担保貸付:福祉医療機構の年金を担保とした融資
  • 緊急小口資金貸付:一時的に生活費に困窮した方向けの支援制度
  • 事業者向けローン:個人事業主・経営者向けの融資

用途や条件が合うものがあれば、役所などに相談をしてみましょう。

お金を借りる方法:5.定期預金担保貸付

定期預金担保貸付を利用してお金を借りる方法もあります。

定期預金担保貸付とは、定期預金を担保にしてお金を借りることです。定期預金が担保となるため、低金利でお金を借りることができ、上限は定期預金残高の80〜90%程度、もしくは200万円〜300万円程度です。定期預金の満期日までが返済期限となるため、余裕のある返済ができます。

お金を借りる方法:6.生命保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付でお金を借りる方法もあります。生命保険の契約者貸付とは、解約返戻金の一部を借りることができる制度です。

制度の方法は保険会社によって異なりますが、店頭や電話、インターネットで申し込み、利用することができます。ただし、契約者貸付が利用できるのは、養老保険や終身保険など解約返戻金がある保険に加入している場合です。それ以外では利用することはできません。保険の解約にはなりませんが、利息が発生します。

お金を借りる方法:7.ゆうちょ銀行で借りる

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法もあります。

ゆうちょ銀行では、「財産形成貯金担保貸付け」や「国債等担保自動貸付け」「貯金担保自動貸付け」、さらに「したく」や「夢航路」などのカードローン・目的ローンがあります。

  • 財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金や財形年金定額貯金などを担保にお金を借りる
  • 国債等担保自動貸付け:国債を担保にお金を借りる
  • 貯金担保自動貸付け:担保定額貯金や担保定期貯金を担保にお金を借りる
  • したく:ゆうちょ銀行のカードローン、最高限度額500万円
  • 夢航路:全8種類の目的ローン

お金を借りる方法:8.勤務先から借りる

難しい可能性もありますが、勤務先からお金を借りる方法もあります。

給料の前借りができれば、カードローン・キャッシングなどを利用して利息を支払う必要もありません。給料の前借りについては、まず上司や経理担当の方に相談をしてみましょう。

お金を借りる方法:9.家族や友人から借りる

家族や友人からお金を借りることができれば、利息が発生しない可能性がありますし、金融機関の審査を受ける必要もありません。ただし、借りる金額や理由によっては、人間関係に溝ができてしまう可能性があるため注意が必要です。もし、家族や友人から借りる場合は、しっかりと借用書を作り、後にトラブルにならないようにしましょう。

そもそもお金を借りなくていいようにしよう

お金を借りる方法を知ることも大事ですが、そもそもお金を借りなくていいようにすることがもっと大事です。普段からお金に余裕がある状況を作っておけば、急な出費の際もお金を借りる必要がありません。普段から次のことを意識・行動し、お金に余裕があるようにしましょう。

お金を借りないために:収入を増やす

お金を借りなくていいようにするポイントの1つが、収入を増やすことです。収入が増えれば、今以上にお金を貯金できるようになります。収入を増やす主な方法は以下のとおりです。

  • クラウドソーシング
  • ポイントサイト
  • 日雇いバイト
  • フリマアプリ

など

クラウドソーシングであれば「クラウドワークス」や「ランサーズ」を利用して、いつでも好きなときにライティングやデータ入力など、自分の得意な仕事で収入を得ることができます。

ポイントサイトであれば「モッピー」や「げん玉」「ライフメディア」など多数のポイントサイトがあり、すきま時間を使ってコツコツとちょっとしたお小遣いを稼ぐことが可能です。

日雇いバイトもたくさんありますし、不用品が多い方は「メルカリ」や「ラクマ」で売って一時的に収入を得ることができます。

空いている時間を活用して、収入を増やすことを考えましょう。

お金を借りないために:支出を減らす

お金を借りないでいいように、収入を増やすことを考えるだけでなく、支出を減らすことも意識・行動をしましょう。支出を減らすことができれば、収入が一定額でも使えるお金が増えます。支出を減らす主な方法は以下のとおりです。

  • コンビニではなくスーパーで買い物する
  • クレジットカードやスマホ決済を利用する
  • 外食のペースを減らし自炊をする
  • 格安スマホを利用する
  • 生命保険・医療保険を見直す
  • ふるさと納税を利用する

など

コンビニとスーパーでは、同じ商品でも価格差が大きいです。食料品や日用品など、日々の買い物は極力スーパーを利用することで節約できます。

また、買い物や支払いの際は現金ではなく、クレジットカードやスマホ決済を利用しましょう。クレジットカードやスマホ決済を利用すれば、ポイントが貯まったり、特典や割引を受けられるためお得です。貯まったポイントは1ポイント=1円程度で買い物や支払いに使うことができます。

そして、現在、ドコモやau、ソフトバンクの携帯を利用している場合は、楽天モバイルやLINEモバイルなどの格安スマホにのりかえをすれば、毎月の携帯代を1,000円〜2,000円に抑えることが可能です。

ふるさと納税を利用すれば、節税できるだけでなく特産品などの返礼品を受け取ることもできます。仮に1万円を寄付すれば、8,000円が所得控除できるなど節税効果が高いです。節税をすることで、税金が戻ってくる可能性があります。

他にも、生命保険や医療保険の見直しや外食のペースを減らすなどで支出を減らすことが可能です。少しでも支出を削減できれば、家計がラクになります。

お金を借りないために:日々の収支状況を記録する

お金を借りないでいいようにするために、日々の収支状況を記録し、確認するようにしましょう。収支状況の記録に便利なのが家計簿アプリです。「マネーフォワード」や「Zaim」「レシーピ」「Money tree」「おカネレコ」など、たくさんの家計簿アプリがあります。いずれも、手入力やレシート撮影、クレジットカード連携などで簡単に日々の収入・支出を記録でき、スマホを使っていつでも確認することが可能です。

食費や交際費、雑費など、各項目の予算を決めれば、あとどれくらい予算が残っているか一目で状況を確認できるため、使いすぎを防げます。

まとめ

今回はお金を借りる9つの方法と注意点などについて紹介いたしました。

最後にもう1度大事なポイントをまとめると以下3点が挙げられます。

  • 目的に合ったものを利用する
  • 利息がかかることを理解し、無理のない利用をする
  • そもそもお金を借りなくていいような状態にすることが大事

ぜひ、この記事を参考にして、お金を借りる先を決めたり、日々の生活を改めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください