今すぐ作れるクレジットカードあります!

おすすめのお金を使う方法5つを紹介!大事なポイントや注意点についても解説

「お金を上手に使えば自己成長や収入アップにつながる」
毎日「なんとなく」でお金を使っていませんか。しっかりとした目的を持ち、上手くお金を使うことで、自己成長や収入アップの実現が可能です。

とはいえ、
・どんなことにお金を使ったらいいの?
・何を考えて使い方を決めたらいい?
・お金を使うときに気をつけることは?
など、疑問がたくさんある方も多いことでしょう。

そこで今回は、お金を使う際の大事なポイントやおすすめの使い方、注意点などについて紹介しています。

お金の使い方を見直したい方や、「なんとなく」で使うことが多い方に役立つ内容だと思いますので、ぜひご一読いただけると幸いです。

お金を使う際の大事なポイント3つ

お金を使う際は、ここで紹介する3つのポイントを意識しましょう。これらをないがしろにしてしまうと、無駄遣いしたり、使ったあとに後悔してしまう可能性があります。

「予算計画を立てる」「費用対効果を考える」「自己投資に使う」の3つについて、それぞれ紹介します。

お金を使う際に大事なこと:「予算計画を立てる」

お金を使う際には、しっかりと予算計画を立てることが大事です。しっかりとした予算計画を立てるためにも、まずは、日々の収入・支出を管理しましょう。収支管理には家計簿アプリが便利です。「マネーフォワード」や「Zaim」など、他にも多くの家計簿アプリがあり、レシート撮影やクレジットカード連携などで簡単に収支状況を記録し、いつでも確認ができます。

収支状況をしっかりと把握したうえで、「◯◯に▲円まで使う」と予算を決めるようにしましょう。収支状況を把握して予算計画を立てることで、使いすぎを防ぐことが可能です。

お金を使う際に大事なこと:「費用対効果を考える」

お金を使う際は、費用対効果を意識するようにしましょう。「安いから」という理由だけで商品やサービスを購入すると、「安いだけに内容(品質)も悪かった」となりかねません。広く長期的な視点で物事を考え、価格が「高い」か「安いか」だけでなく、費用対効果がどれだけ高いかを考えることで、効率の良いお金の使い方ができます。

お金を使う際に大事なこと:「自己投資に使う」

お金を使う際は、極力自己投資に使いましょう。これまでにない経験を積めることや、仕事の効率が高まること、ストレスがなくなること、生活の幸福度が高まること、収入が増えることなど、自分の時間やお金、経験や技術、幸福度などにプラスになることに使うことで、後悔せず、成長もできます。何らかの形で自分の成長につながることにお金を使うことはとても大事です。

自分にメリットがあるものにお金を使う

お金は自分にプラスになるもの、メリットがあるものに使うようにしましょう。人によってメリットは異なりますが、以下の5つの使い方はおすすめです。ぜひ、ここで紹介する5つの使い方も参考にして、お金の使い方を決めてください。

おすすめの使い方:①旅行

お金のおすすめの使い方の1つが、旅行です。旅行に行き、知らない土地や人と触れ合い、いろいろな場所を見学することで、さまざまな体験ができます。

恋人や家族など大切な人と旅行に行けば楽しく幸せなな気持ちになれますし、普段とは違う時間の使い方と環境によってストレスも発散できます。海外旅行や国内旅行などにお金を使うことで、経験値を積むことができ、より深みのある人間を目指すことが可能です。旅行の話は一生できますし、初めての人と仲良くなるための話題としても有効です。

おすすめの使い方:②食べ物

おすすめのお金の使い方には食べ物もあります。高級寿司店やステーキ店、創作料理や焼肉、フレンチ、中華料理など、普段食べないような豪華な外食を楽しんだり、高級食材を購入して自分で調理したり、大好きなケーキやお菓子などをたくさん食べたり、、、など、食べ物にお金を使うことで幸せな気持ちになれます

また、普段行かないような高級店に行くことで、食べ方などのマナーや振る舞い方が身につきますし、いろいろな高級食材を通して経験を積むことができます。もしかすると、人脈ができる可能性もあります。おいしいものにお金を費やすことで、人生を豊かにすることが可能です。

おすすめの使い方:③プレゼント

人へのプレゼントにお金を使うのもおすすめです。親や兄弟姉妹、奥さんや子ども、彼女など、普段からお世話になっている人にプレゼントを贈りましょう。プレゼントを贈ると相手が喜んでくれますし、喜んでいる相手を見てこちらもうれしくなります。プレゼントを贈ることで、それまで以上に仲が良くなることもあります。

プレゼントといっても、何万円もお金をかける必要はありません。1,000円〜2,000円のハンカチやハンドクリームでもいいですし、2,000円〜3,000円の花やグルメ品、日用品などでもいいでしょう。プレゼントは気持ちなので、相手のことを思って決めたものであれば、きっと喜んでくれるはずです。

プレゼントを贈ると、とても明るい気持ちになるため、仕事や遊び、人間関係や人生へのモチベーションが高くなります。

おすすめの使い方:④仕事関連

仕事関連のことにお金を使えば仕事効率が高まり、生産性を向上させることができます。

たとえば、新しいパソコンやタブレット、ビジネスバッグ、手帳、革靴、スーツ、時計、セミナー、本、勉強会など、他にもたくさんあります。仕事関連のことにお金を使うことで、自身のスキルアップにもつながりますし、「デキる人」として取引先からの見られ方も変わるかもしれません。

おすすめの使い方:⑤投資

投資にお金を使うのも、有効なお金の使い方の1つです。株式投資や投資信託、ETF、不動産投資、FX、、、など、さまざまな投資がありますが、毎月少しずつ積立投資をしていきましょう。

利回り3%で運用できれば、100万円の資産で年3万円程度、1,000万円の資産で年30万円程度の運用益を得ることが可能です(税引前)。資産が多くなるほど、運用益は増加傾向にあり、本業の収入とは別にお金を増やす手段を手に入れることができます。NISAやiDeCoを活用すれば、節税効果も期待できます。将来のため、また、収入源を増やすためにも投資はおすすめです。ある程度の資産が構築できれば、気持ちに余裕を持って仕事に臨むこともできます。

お金を使う際に気をつけること

自己投資やプレゼントなど、お金を使う際にはここで紹介する2つの注意点に気をつけましょう。これらの注意点に気をつけるだけで、より適切な使い方ができるようになります。

お金を使う際の注意点:「後悔しそうなものに使う」

お金を使う際は、「あとで後悔しなさそうなもの」に使うようにしましょう。使う前から「あとで後悔しそうだな」と感じるものにお金を使っても良いことはほとんどないでしょう。自由に使えるお金に関しては、自分がワクワクするもの、そして後悔しなさそうなものに使うことが大切です。

後悔する使い方をしてしまうと、そのことがストレスになるため、使う人にとってマイナスでしかありません。自由に使えるお金を使う前に、「本当に◯◯にお金を使っても後悔しないか」自問自答するようにしてください。

お金を使う際の注意点:「予算を度外視した使い方」

「自己投資のため」「高級食材を食べて新たな経験値を得るため」「海外旅行に行くため」など、目的を優先させ、予算計画を無視したお金の使い方は避けましょう。

現在の収支状況をこまかく把握し、毎月自由に使えるお金を決めたら、その金額の範囲内で自己投資や外食などにお金を使うのです。決めた予算以上に使ってしまうと毎月の家計が赤字になりますし、借金を背負う原因にもなってしまいます。そうなると、自由に使えるお金がどんどん減ってしまいますので、予算を度外視した使い方はやめましょう。

まとめ

今回は、お金を使う際の大事なポイントやおすすめの使い方、注意点などについて紹介いたしました。最後にもう1度大事なポイントをまとめると次の3点が挙げられます。

・お金を使う際は予算計画・費用対効果・自己投資がポイント
・経験値が高くなること、幸せを感じられることに使うのがおすすめ
・ただし、予算を度外視した使い方は避けること

ぜひ、ここで紹介した内容を、お金の使い方を見直す際に役立ててください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください