今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

お金を貸すなら気をつけたい!お金を貸す際の6つの注意点

「お金を貸す場合は細心の注意を払うこと」
友人や知人、親族からお金を貸してほしいと相談を受けた場合、あなたならどうしますか。関係性によってはどうしても断れない場合もあるのではないでしょうか。もし、お金を貸す場合は、多くのことに気をつけないとトラブルに発展してしまいます。

しかし、なんとなくはわかっていても、
・どんなことに気をつけたらいい?
・お金を貸す場合はどんな決めごとが必要?
など、疑問を持っている方は多いことでしょう。

そこで、この記事ではお金を貸す際の6つの注意点や貸す際に気をつけたい相手について紹介しています。

お金を貸してほしいと相談を受けたことがない方も、万が一のときに役立つ内容だと思いますので、ぜひご一読いただけると幸いです。

1.基本は貸さない。貸す場合は信頼できる人だけ

まず、基本的には「お金は貸さない」ことに尽きます。なぜなら、お金を貸して良いことはそうないからです。お金を貸した人は「お金戻ってくるかな?」という不安を抱いておかなければなりませんし、貸した相手へのイメージや人間関係も貸す前とは変わってくる可能性があります。そのため、どんなに親しい人でも基本は貸さないことをおすすめします

しかし、どうしてもお金を貸す必要がある場合は、信頼できる人だけにしましょう。「この人だったら信頼できるからお金を貸しても構わない」という気持ちを持てる相手であれば、いいでしょう。ただ、「この人に貸すのはどうだろう。。」と少しでも葛藤を感じる人には絶対に貸してはいけません。

ただでさえ、お金を貸して良いことはほとんどないため、本気でお金を貸してもいいと思える相手にだけ貸すようにしてください。

2.お金を貸す際は返ってこなくても困らない金額にする

どうしてもお金を貸す場合は、返ってこなくても困らない金額にしましょう。なぜなら、「親しい人にお金を貸したけど、お金が返ってこない!」というトラブルがたくさん発生しているためです。仮に貯金の大半を貸してしまい、お金が返ってこないと大変なことになってしまいます。

貸し倒れリスクがあることを理解し、万が一、お金が返ってこなくても傷が浅い金額に抑えるようにしましょう。金額に個人差はありますが、自分の資産の5〜10%以内程度に抑えたいところです。

3.借用書を必ず作る

お金を貸す場合は、必ず借用書を作るようにしましょう。口約束だけでお金を貸すのは危険です。後々、言った言わないなどのトラブルに発展するリスクもあります。そのため、しっかりと借用書を作成することで、第三者に対する証明力も高まり、行き違いも防ぐことができます。借用書には、最低でも以下の項目について記載をしましょう。

  • お金を貸した日時
  • 貸した金額
  • 返済方法
  • 利息
  • 担保、連帯保証人

お金を貸す相手がどんなに親しい人であっても、必ず借用書を作るようにしてください。借用書のフォーマットなどはインターネット上で手に入れることもできます。

4.返済期限を決め、期限は動かさないこと

お金を貸す際は、返済期限を具体的に決めましょう。「来年中には返すから」「お金が入ったら返す」など、抽象的な相手の言い分を鵜呑みしてはいけません。必ず、「◯年の◯月◯日まで」というように明確な返済期限を決めてください

また、返済期限近くになって相手から「返済が難しい、期限を延ばしてほしい」と相談を受けても、期限を動かさないことが大事です。1度期限を延ばしてしまうと、相手は「何かあったら期限を延ばせばいい」と考え、どんどん返済が先延ばしになります。

こういった相談をしてくる相手は、大抵の場合、お金を返すつもりがないので危険です。借用書を作成する際に返済期限を決め、その期限は如何なる理由があっても動かさないようにしてください。

5.返済方法を具体的に確認する

お金を貸す際は、必ず返済方法を具体的に確認するようにしてください。どうやってお金を捻出し、どんな方法で返済するのか、この点を曖昧にしていてはいけません

「毎月の給料20万円のうち3万円を給料日翌日までに銀行振込みで支払う」など、はっきりとさせておきましょう。これらが決まっていないと、だんだんルーズになり、返済ストップの原因になります。そして、これらのお金の捻出や返済方法についても借用書に記載をしておいてください。

6.金額によっては第三者を保証人にする

数十万円や数百万円など、貸した金額が高額な場合は、第三者を保証人にするようにしましょう。連帯保証人が付いていれば、仮に貸した相手が返さなくなった場合に、連帯保証人から返済を受けることができます。

自分の貸したお金を守る意味でも連帯保証人は必ず付けることをおすすめします。お金を借りた相手も、保証人がいるかいないかで、返済に対する責任感も違ってきます。

「お金を借りたあとに連帯保証人を探すから」といった相手の言葉に乗らず、お金を貸す前に連帯保証人を見つけてきてもらってください。

お金を貸す際に気をつけたい相手:金遣いが荒い

普段の生活を見ていて、金遣いが荒いと感じる人には注意が必要です。

金遣いの荒さはそう簡単に治るものではありません。借りたお金をパチンコや競馬などギャンブル、飲み代などに使ってしまう可能性もあります。金遣いが荒い人は、借金があっても浪費が止まらない傾向があるため、できればお金を貸さない方がいいです。「お酒を飲むと金遣いが荒くなる」「自分の見栄のために普段からブランド品ばかり買っている」など、お金を散財する人には注意してください。

お金を貸す際に気をつけたい相手:普段から約束を守らない

普段から約束を守らない人も、お金を貸す際に気をつけたい相手です。「借りたものを返さない」「約束していたことを平気で破る」「いつも予定をドタキャンする」など、約束を守らない人にお金を貸しても、良いことはないでしょう

こういった人は、約束を守らないことに対して罪悪感がありません。したがって、お金を返す約束も平気で破る可能性があります。「この人約束を守らないからな」と思う人にはお金は貸さない方が身のためです。

お金を貸す際に気をつけたい相手:悪い噂しか聞かない

自分は相手に対して悪い印象を持っていなかったとしても、周りからは悪い噂しか聞かない場合は、お金を貸す際に気をつけた方がいいでしょう。もしかすると、自分に見せている姿は仮のもので、他の人に見せている姿が真実かもしれません。周りから悪い噂しか聞かない人には十分に注意してください。

まとめ

この記事ではお金を貸す際の6つの注意点や貸す際に気をつけたい相手について紹介いたしました。あらためて、ここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の4点が挙げられます。

  • お金を貸す際は信頼できる相手のみ。そして、借用者は必ず作ること
  • 返済期限や返済方法を具体的に決め、途中でこれらを変更しないこと
  • 金遣いが荒い人や約束を守らない人など信頼できない人にお金を貸してはダメ
  • 基本的にはお金は貸さない方向で考えることが大事。貸すことはトラブルのもと

お金を貸してほしいと相談を受けている方だけでなく、相談を受けたことがない方も、ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください