今すぐ作れるクレジットカードあります!

何に対してお金を払っているのか?お金を払う目的や意味

「お金を払うことに意味や目的がある」
洋服や旅行、スマホ、映画、外食、税金、家賃など、日常生活の中でお金を払う場面はたくさんあります。そして、どのお金を払う行為にも、いろいろな目的や意味があるものです。

とはいえ、毎日のことなので目的や意味が薄くなってしまうもの。
・どのような意味・目的が多いのか?
・なんのためにお金を払っているのか?
など、よく考えれば疑問に思うことも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではお金を払う目的や意味について紹介しています。

普段のお金遣いを見直すきっかけにもなりますので、ぜひご一読いただけると幸いです。

人はさまざまな欲求に対してお金を払う

「かっこよくなりたい」「高級車に乗りたい」「おいしいものを食べたい」「異性からモテたい」など、人はさまざまな欲求を満たすためにお金を払います。わかりやすいものでは、マズローの欲求があります。マズローの欲求とは、以下5段階の欲求を理論化したものです。

  1. 生理的欲求
  2. 安全欲求
  3. 親和欲求
  4. 自我欲求
  5. 自己実現欲求

生理的欲求とは「生きるため」、安全欲求は「安全を守るため」、親和欲求は「誰かと一緒にしたいため」、自我欲求は「注目されたいため」、自己実現欲求は「やりたいことをやりたいため」です。お金を払う場合は、ほとんどのケースがこれらの欲求を満たすためです。「●●を買いたい」「▲▲を支払う」など、お金を払うときには、これらの欲求が本質的にあり、その欲求を満たすためにお金を払っていることを理解しておきましょう。

お金を払う主な目的や意味

普段の生活のなかで、どのようなことにお金を払っているのか、その目的や意味について見ていきましょう。ここでは、お金を払う7つのケースについて紹介しています。普段お金を払っていることを思い浮かべ、どういった目的・意味で払っているか考えなら見ていってください。

①サービスの対価としてお金を払う

お金を払う理由の1つに、サービスを受け、その対価として払うというものがあります。

「●●旅館で1泊2日宿泊し、その代金として3万5,000円払う」「有名テーマパークで1万円払う」「マッサージ代金として7,000円払う」など、さまざまなサービスの対価として価格が設定してあり、その金額を払うことで、サービスを受けることができます。サービスを受けた満足度が対価より低いと感じると「コスパが悪い」などの評価が付き、場合によってはクレームに発展することもあります。

逆に、満足度が対価よりも高いと感じると「コスパが良い」と評価が付き、「また行きたい」とリピートへつながります。「新幹線で東京から大阪まで」など、日々の生活の中でサービスの対価としてお金を払う場面は非常に多くあります。

②物の価値にお金を払う

サービスの対価としてお金を払うだけでなく、物の価値に対してお金を払うことも多いです。「ニンテンドースイッチを買う」「ダイソンの掃除機を買う」「新しいiPhoneを買う」「新作のコートを買う」など、普段している買い物の大半が物の価値に対してお金を払う行為です。

品質や機能が優れている物ほど高額ですし、品質や機能がそれほど付いていない物はリーズナブルな価格で販売されています。そして、買い物をするときは「本当にこの商品は自分にとって●●円の価値があるのか」自然と判断をしているものです。

③義務だからお金を払う

お金は、自分の欲しいサービスや物にだけ払っているわけではありません。住民税や所得税、固定資産税、消費税、酒税、たばこ税、登録免許税、印紙税、自動車税、自動車重量税、、、など、さまざまな税金を義務だからお金を払っています。

これらの税金は、たとえ払いたくなくても、払わなければいけないものです。これらの税金は、国・地域のさまざまな事業や福祉サービスなどの財源となります。「税金なんて払いたくない」という人もいるかもしれませんが、義務なので我慢しましょう。

④寄付としてお金を払う

災害救援や国際協力、保健・医療・福祉、子ども支援、環境保全、社会教育、学術・文化・芸術・スポーツ振興、まちづくり、、、など、さまざまな団地や地域への寄付を目的としてお金を払うこともあります。寄付にお金を払うことで、人助けにもなりますし、節税効果も期待ができます。

現在は、いろいろなサイトから簡単に寄付先を探して、寄付することができますし、ふるさと納税などで希望地域へ寄付して返礼品をもらうことも可能です。

⑤資産運用のためにお金を払う

「自分の資産を増やすため」「老後資金のため」「本業以外で収入を得るため」など、資産運用を目的としてお金を払うこともあります。

現在は、NISAやiDeCoを活用することで、節税しながら効率よく運用することが可能です。株式投資や投資信託、ETF、不動産投資、FXなど、さまざまな投資商品があり、上手く運用できれば資産を増やしていくことができますが、損失を負うリスクもあります。資産運用のためにお金を払っている人もたくさんいます。

⑥安全・安心のためにお金を払う

お金を払う目的・理由の1つに、安全・安心のためというものもあります。

代表的なものが保険です。保険料を支払うことで、病気やケガ、火災、地震、盗難、事故など、万が一のことが起きても補償を受けることができます。また、防犯カメラや防犯サッシ、防犯ベル、盗難防止装置など、犯罪を防ぐセキュリティのために使う費用も安全・安心のために払うお金です。他にも、さまざまな場面で、安全・安心を目的にお金を払っています。

⑦生きるためにお金を払う

「生きるためにお金を払う」と聞くと重く感じるかもしれませんが、毎日・毎週のように買う飲み物や野菜、お肉などの食料品は、まさに生きるために使っているお金です。

最低限の食料品がないと生きていくことはできません。また、家賃も本質的には生きるために払っているお金と考えることができます。食費や住居費など、これらのお金を払うことで、毎日生活をしていくことができます。

お金を払うときには意味を考えよう

生活をしていると、さまざまな目的・意味でお金を払う機会がたくさんあります。なんとなくで払うのではなく、「なぜこのお金を払うのか」「本当にこのお金を払う必要があるのか」、しっかりと考えたうえで判断するようにしましょう。意味を考えることで、お金の無駄遣いを防ぐことができます。自分にとって最大限意味があることにお金を使えば、有意義な使い方ができるはずです。

まとめ

この記事ではお金を払う目的や意味について紹介いたしました。最後にもう1度、ここで紹介した内容をまとめると、以下3点が挙げられます。

  • 「サービスへの対価」や「物の価値」、「欲求を満たす」ためにお金を払う
  • マズローの欲求5段階説がお金を払う目的・意味につながる
  • お金を払うときに目的や意味を考えることで無駄遣いを防げる

ぜひ、ここで紹介したことを参考にして、普段お金を使っていることの目的や意味を整理してみましょう。そうすることで、自分が何を欲しているのか、そしてどんなことにお金を使っているのか理解することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください