【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

モスバーガーでキャッシュレス消費者還元は受けられる?ポイント還元率とおすすめ決済手段

キャッシュレス消費者還元事業
「モスバーガーではキャッシュレス消費者還元事業のポイント還元を受けられるの?」
2019年10月1日(火)から開始したキャッシュレス消費者還元事業

ですが、
・モスバーガーはキャッシュレスポイント還元の対象?
・キャッシュレスポイントのルールが良くわからない
・モスバーガーでおすすめの支払い方法はあるの?
など確認したいことも多いでしょう。

そこで、この記事ではモスバーガーのキャッシュレス消費者事業還元のポイント還元と付与ルールについてまとめました。

キャッシュレス還元のおすすめ記事

キャッシュレス消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業とは対象店舗でキャッシュレス決済制度を使って支払いを行うとポイント還元が受けられる制度です。

キャッシュレス決済はクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・電子マネー・QRコード決済などが対象になります。

期間は2020年6月30日(火)としておりますが、日本政府はキャッシュレス比率を大阪万博がある2025年までに40%、将来的には80%にする目標を掲げておりますので、形を変えて様々なキャッシュレス施策は行われていくことでしょう。

事業名キャッシュレス・消費者還元事業(消費者ポイント還元事業)
実施期間2019年10月1日(火)〜2020年6月30日(火)
対象決済「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する店舗で、クレジットカードや電子マネー・コード決済など「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する決済事業者の決済を用いてキャッシュレス手段でのお買物が対象。
ポイント還元率中小企業・小規模事業者が運営する店舗:5.0%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%

モスバーガーはキャッシュレス消費者還元事業に対応している店舗がある

モスバーガーはキャッシュレス消費者還元事業に加盟していないため、5%または2%の還元が受けられません。

モスバーガーで使えるキャッシュレス決済一覧表

モスバーガーでキャッシュレス還元は適用されませんが、さまざまなキャッシュレス決済サービスに対応しています。

モスバーガーで使えるキャッシュレス決済の対応表を一覧にまとめましたので参考にしてください。

決済手段決済種類導入状況
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
VISA使える
マスターカード使える
JCB使える
アメックス使える
ダイナース使える
QRコード決済PayPay使えない
楽天ペイ使えない
d払い使えない
au Pay使えない
メルペイ使えない
LINE Pay使えない
Origami Pay使えない
ゆうちょPay使えない
電子マネーnanaco使えない
楽天Edy使える
iD使えない
QUICPay使えない
WAON使えない
Suica使える
PASMO使える
ICOCA使える
TOICA使える
共通ポイントTポイント使えない
楽天ポイント使えない
dポイント使えない
Pontaポイント使えない

楽天ペイがおすすめ!いつでも5%還元でお得!

楽天ペイならずっと5%還元

キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗や還元率の確認をしなくても、楽天ペイならどこでも5.0%還元で利用できるキャンペーンを開催しています。

クレジットカードも登録して利用すればポイントの二重取りとなり、例えば楽天カードであれば6.0%(楽天ペイの5%+カード決済の1%)と非常にお得です。

キャッシュレス還元対象外の大手店舗でも5.0%の還元を受けられますので、モスバーガー以外のお店で利用するなら楽天ペイがおすすめです。

通常還元率0.5%
還元内容楽天ポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ楽天銀行のみ
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限1回あたり50万円
※楽天IDの会員ランクや利用店舗で異なる
キャンペーン中!!
今なら対象の優待店舗で最大10%還元キャンペーン実施中!!
対象店舗還元事業による還元※楽天ペイによる還元合計還元率
中小店舗5%なし5.0%
フランチャイズチェーン2%3.0%5.0%
対象外店舗なし5.0%5.0%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
楽天ペイの特徴
  • 楽天ペイなら毎日どこでも5.0%還元!
  • 楽天カード登録利用で常に6.0%還元
  • ラクマの売上金を楽天ペイで使える!
Google Play
App Store
注意
※JCB,アメックスは楽天カードのみが対象です。
キャンペーン名【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元
期間第一弾:2019年10月1日(火)0:00~2019年12月2日(月)9:59
第二弾:今後詳細発表
対象店舗楽天ペイの加盟店
参加条件エントリー後に楽天ペイで支払い
特典の詳細【消費者還元事業対象店舗】
①中小・小規模事業者が経営する対象店舗:5%還元
②中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン:2%還元+3%特典
【消費者還元事業対象外店舗】
③全店舗:5%還元
特典の上限①25,000ポイント/回
②通常2%:10,000ポイント/回、特典3%:3,000ポイント/期間
③3,000ポイント/期間
注目!!楽天ペイのキャンペーン【2019年11月最新】10%還元対象店舗が登場

三井住友VISAカードなら20%還元

三井住友VISAカードは、お買い物代金が20%キャッシュバックとなる「キャッシュレスプラン」を新規入会者限定で実施しています。モスバーガーで使っても、その他どこで使っても20%還元です。

他にも全額キャッシュバックが抽選であたるタダチャンも開催しておりますので、この機会にお得を満喫してください。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短翌営業日
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能iD
キャンペーン中!!
・今なら最大12,000円もらえる入会キャンペーン"を実施中
タダチャンなどお得なキャンペーン開催中
三井住友VISAクラシックカードの特徴
  • マクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンはポイント5倍
  • 対象店舗一覧からポイント2倍で両手できる適用店舗を3つ選べる
  • ETCカード年会費は実質無料(初年度無料、年1回以上の利用で翌年無料)
  • 最短翌営業日のスピード発行
  • 2枚持ち(デュアル発行)が可能
  • ICチップと選べる顔写真付きカード発行で不正利用をWブロック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険が利用付帯!+250円の年会費で国内旅行保険の追加付帯と海外旅行保険をグレードアップ可能
注意
※年会費は初年度無料(通常1,250円+税)。
①年間300万円以上利用すれば翌年会費無料、100万円以上の利用で半額
②カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で年会費500円割引
③マイ・ペイすリボの登録&利用で半額
※①と③の重複はなく、割引率の高い方が適用されます。
注目!!三井住友カードの入会キャンペーンを徹底攻略【2019年最新】特典内容と注意事項

キャッシュレス還元に関するよくある質問

モスバーガーではキャッシュレス還元を受けることはできませんが、他で活用される時のためにキャッシュレス還元に関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問や質問のある方は、記事下のコメント欄に投稿していただければ順に回答させていただきます。

電子マネーの不足分を現金で支払った場合も還元になる?

2%の還元はキャッシュレス決済手段で全額支払った場合にのみ適用されますので、電子マネーの残高不足分を現金で補った場合は還元を受けられませんので気をつけてください。


外国で発行されたクレジットカードも還元対象?

外国で発行されたクレジットカードはキャッシュレス消費者還元の対象になりません。例えばDiscover、銀聯(UnionPay)のクレジットカード、支付宝(ALIPAY)、WeChat Pay等のQRコード決済も同様です。


キャッシュレス還元の対象外になる商品はある?

キャッシュレス還元の対象店舗で販売している一部の商品やサービスはキャッシュレス還元の対象外になりますので気をつけましょう。例えば換金性の高いチケットや金券、代金収納や収納代行(公共料金の支払い)などが該当します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください