海外旅行や海外留学に!学生に人気のマルチカレンシーキャッシュパスポート

カテゴリー:学生向け  タグ:

マルチカレンシーキャッシュパスポート

まねぷれ
マルチカレンシーキャッシュパスポートって何?

ひげ
キャッシュだからお金?

魚肉ソーセージ
パスポートか何か?

これから紹介するマルチカレンシーキャッシュパスポートは、海外旅行者や海外留学社にとって非常に便利なツールです。

マルチカレンシーキャッシュパスポートについて、今は何も知らなくても、最後まで読めばきっと1枚は持っておこうと決意するはずです。そんなマルチカレンシーキャッシュパスポートの仕組みや利便性について、徹底解説していきたいと思います!

 

好きなテーマから読む

マルチカレンシーキャッシュパスポートとは

マルチカレンシーキャッシュパスポートと、海外で利用できるプリペイドカードのことです。他のプリペイドカードとの違いはどこにあるのか、それは「マルチカレンシー」であるという点です。その「マルチカレンシー」とは何なのでしょうか?英語がお得意な人は単語から何となく推測できるかもしれませんね。

マルチカレンシーとは

マルチカレンシーキャッシュパスポートは、円・ドル・ユーロをはじめとした7つの通貨に対応していることから、「マルチ=複数の」「カレンシー=通過」のプリペイドカードとなります。各通貨専用口座に入金(振込)をしておけば、外貨両替をすることなく現地通貨でチャージすることが可能です。

例えば、円と米ドルとユーロで利用する機会がある場合は、あらかじめ円に1万円、米ドルに100ドル、ユーロに100ユーロと各専用口座に入金することになります。

このように7つの通貨ごとにチャージ用の専用口座が存在しておりますので、それぞれに利用分のお金を入金することになります。

通貨には優先順位がある

ただし、チャージされる通貨には、状況に合わせて優先順位が設定されています。
その優先順位が下記になります。

  1. 米ドル
  2. ユーロ
  3. ポンド
  4. オーストラリアドル
  5. ニュージーランドドル
  6. カナダドル

これらの通貨が使われていない国、例えばタイ(通貨はバーツ)で利用する際は、上記の優先順位通りに為替計算されて利用することになります。(下図参照)

通貨の残高不足が発生した場合、例えばカナダドルの残高不足が発生した場合も、上記の優先順位通りに補填して利用することになります。(下図参照)

Tポイントも貯まるマルチカレンシーキャッシュパスポート

海外利用に限定されますが、200円毎にTポイントが1ポイント貯まるのもマルチカレンシーキャッシュパスポートの特徴です。後述しますが、マルチカレンシーキャッシュパスポートもチャージ手数料やATM引き出し手数料など経費も発生しますので、ポイントで実質0.5%オフがあるのは嬉しいところです。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートの為替レート

マルチカレンシーキャッシュパスポートの為替レートは、原則として毎日朝9時に更新されます。(ただし、為替相場の変動に応じて、不定期に変更することもあり得ます)

現実世界では目まぐるしく為替レートが変動していきますが、マルチカレンシーキャッシュパスポートについては1日単位の固定レートによって為替計算がされると覚えておきましょう。

銀行やクレジットカードの為替レートと比較

海外では、他にも現金払いとクレジットカード払いという方法があります。これらとマルチカレンシーキャッシュパスポートの為替レートの扱いを比較してみましょう。(8月15日現在)

リアルタイムで為替レートの影響を受けるのは現金払いです。現地で両替をする際には、その時点での為替レートが適用されます。マルチカレンシーキャッシュパスポートの場合は、先ほど申し上げたように1日単位でレートが変更されていくので、リアルタイムの為替レートとは多少のズレが生じます。

クレジットカード払いは、カードの利用データがカード会社の決済センターに届いた日の為替レートが適用されるため、最もズレが大きくなります。このように支払い方法が違うと、為替レートの影響の受け方も異なってくるのです。

テキスト円→米ドル
マルチカレンシーキャッシュパスポート(9:02現在)103.40
三井住友銀行(13:35現在)101.82
三井住友カード利用日から2~4日後が目安

マルチカレンシーキャッシュパスポートにおける為替レートのメリット

マルチカレンシーキャッシュパスポートにおける為替レートのメリットとして2つ挙げられます。

  1. レートが分かった状態で入金ができる
  2. 利用時ではなく、チャージ時に為替レートが適用される

マルチカレンシーキャッシュパスポートの為替レートは、チャージ時に適用されます。そのため、円高水準の時だけチャージする外貨貯金なるものも可能です。そうやって貯めておけば、日程と円安水準が被ってしまう時期でも、お得に利用することが可能になります。

マルチカレンシーキャッシュパスポートにおける為替レートのデメリット

先ほどのメリットは、裏返せばデメリットにもなります。

すでに決まった為替レートでしか両替が出来ないため、さらに円高水準に触れたとしてもそのレートが適用されないなど、若干の弊害があることも事実です。その際は現金、クレジットカードなど他決済にも柔軟に対応できるようにしておくといいでしょう。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートの手数料

マルチカレンシーキャッシュパスポートでは、入金時の「入金金額の1%」、ATM引き出し時の「固定手数料(日本円なら200円、米ドルなら2米ドルなど)」が必要となります。

また、マルチカレンシーキャッシュパスポートのアカウント内で為替をする場合、支払いの際に現地通貨が不足していて、他の通貨から現地通貨に換金する際など、他にも手数料が必要になるケースがあります。

この中で手数料金額を極力減らせるのは、ATM引き出し時の手数料とマルチカレンシーキャッシュパスポート内の為替手続きです。最も使用する通貨を最大限チャージしたり、ATM引き出しを極力行わないようにしたりするなど、あらかじめ計画建てはしておくといいでしょう。

また、マルチカレンシーキャッシュパスポートにチャージしておける限度額は100万円もしくは100万円に相当する外貨と決められています。1年間でチャージすることのできる限度額も500万円もしくは500万円に相当する外貨という決まりがありますので、その限度額も意識してチャージ利用するといいでしょう。

手数料シミュレーション:アメリカに行く場合

それでは、実際にどれほどの手数料が必要になるのか、シミュレーションを行ってみたいと思います。

日本円で20万円を入金し、アメリカで10回ほどATM引き出しを行った場合

  • 入金手数料(入金金額の1%):2,000円
  • ATM引き出し手数料(米ドルは2ドル):20ドル
  • 合計:2,000円と20ドル(≒4,000〜4,500円ほど)

もし、日本円でチャージしておいた現金をマルチカレンシーキャッシュパスポートのアカウント内で米ドルに換金する場合は別途手数料が発生しますが、その算出方法はシステムレートによって変わるようです。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートに申し込む方法

マルチカレンシーキャッシュパスポートの申し込み方法は、インターネットと郵送・FAXの2種類が用意されています。

申し込み手続きを終えると、約1週間程度で通知書が届きますので、本人確認書類等を提示してカードを受け取ります。その後、スタートガイドに従って専用口座にチャージをすると、マルチカレンシーキャッシュパスポートを利用することが可能になります。

マルチカレンシーキャッシュパスポートとマイナンバー

マイナンバー制度が施行されたことにより、今までは運転免許証やパスポートで対応できていた本人確認に加えてマイナンバーも必要になりました。

専用口座にチャージをする前にマイナンバー申告書をカード会社に送付するのですが、併せてマイナンバー通知カードのコピー(両面)、マイナンバーカードのコピー(両面)、マイナンバー記載の住民票のコピーのいずれかが必要になりますので、忘れずに申告書と同封してください。

マルチカレンシーキャッシュパスポートの発行スピード

申し込みをしてから通知書が送付されてくるのはおよそ1週間かかります。マルチカレンシーキャッシュパスポートの受け取りは、通知書の開封後に郵便局に連絡をした後になります。そのため、出来るだけ早く受け取りたい場合は、郵便ポストに通知書がないか常にチェックするようにしましょう。

マルチカレンシーキャッシュパスポートの受取方法と注意点

マルチカレンシーキャッシュパスポートの受け取りには、本人確認書類(郵便局で提示)とマイナンバー(カード会社に送付)必要になります。それぞれ提出先も異なりますので、間違えないように気をつけましょう。
また、実際にマルチカレンシーキャッシュパスポートが手元に届いても、マイアカウントを登録しなければ利用することはできません。マイアカウントの登録前に専用口座にチャージをしておく必要がありますので、チャージをしたら、アカウント開設を忘れずに行ってください。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートの使い方

マルチカレンシーキャッシュパスポートには、主に「現金のATM引き出し」「加盟店決済」の役割があります。クレジットカードとキャッシュカードの性質を併せ持ったカードだということができるでしょう。

ATMで現金を引き出す

マルチカレンシーキャッシュパスポートは、後述にあるMasterCardの加盟店決済で利用することが出来るのですが、現金が必要な際は引き出さねばなりません。

その場合は、あらかじめチャージしておいたお金を現地通貨で引き出すことができます。現金引き出しに際しては、あらかじめ設定されている4ケタのPINコードが必要となりますので、PINコードは大事に管理しておきましょう。

加盟店で決済する

MasterCardの加盟店であれば、クレジットカードを利用するような感覚で、マルチカレンシーキャッシュパスポートで決済することが出来ます。お店によってはPINコードの入力を求められる場合もあるので、ATMでお金を引き出す場合と同様にPINコードは大事に管理・記憶しておきましょう。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートを海外留学で使うなら

マルチカレンシーキャッシュパスポート

海外留学を考えている人のほとんどは、学生だと思います。収入だったり、お金の管理だったり、不安な面が多いと思います。マルチカレンシーキャッシュパスポートならば、あらかじめ利用する金額を決めてチャージしておけば、必要以上の出費を防ぐことが出来ます。

また、あらかじめ委任状を準備しておく必要はありますが、家族の方もチャージをすることが可能です。お金の管理を両親に頼み、マルチカレンシーキャッシュパスポートを利用するという方法も取ることが出来ます。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートを海外出張で使うなら

マルチカレンシーキャッシュパスポート

海外出張に行く際は、決済手段が多いほうが何かと安心できます。マルチカレンシーキャッシュパスポートを持っていれば、クレジットカードのバックアップ的な使い方も可能になります。また、海外拠点がない地域に出張に行く場合でも、マルチカレンシーキャッシュパスポートを持っていれば現地での資金確保も容易に行えますので、決済方法に柔軟性を持たせることが出来ます。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートを海外旅行で使うなら

マルチカレンシーキャッシュパスポート

海外旅行、特に複数国をまたぐ場合は、クレジットカード(VISAブランド)とマルチカレンシーキャッシュパスポートの2枚使いがおすすめです。

また海外旅行では荷物の盗難トラブルなどもよく耳にしますが、24時間365日対応してくれているカードサービスデスクもあり、サポート体制が万全であることも嬉しい限りです。

セキュリティが万全のマルチカレンシーキャッシュパスポート

もしも海外旅行・出張先でマルチカレンシーキャッシュパスポートが紛失・盗難の被害にあった場合でも、下記のセキュリティ・サポート体制があるので、安心です。

現金を紛失したり盗難されたりすると基本的に諦めるしかありませんが、マルチカレンシーキャッシュパスポートなら被害を最小限、もしくは0に出来るという強みがあります。

  • ICチップ・暗証番号(PIN)
  • 24時間365日のカードサービス
  • スペアカード付帯

マルチカレンシーキャッシュパスポートの限度額に注意しよう

24時間でATMから引き出せる金額の限度額は15万円もしくは15万円に相当する外貨、24時間の間に加盟店で利用できる金額の限度額は85万円もしくは85万円に相当する外貨と決まっています。特に一度に大きい金額を動かす場合は、十分注意しておく必要があるでしょう。

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートの解約方法

マルチカレンシーキャッシュパスポートを使わない場合は、チャージしてある残高を一度全て引き出す「清算」と契約を終了する「退会」のどちらかの手続きを取ることができます。

  • 「清算」:一度残高が0になるが、カードの有効期限内であれば再度チャージを行うことで再利用が可能
  • 「退会」:有効期限がまだ残っていても、それ以降は一切使うことができなくなる

残高清算について

残高清算については、以下の点にも目を通しておきましょう。

  • 残高精算を行う際は「500円+税」の手数料が必要になる
  • 残高が500円以下の場合は清算が出来ない
  • 既に有効期限が切れてしまっているマルチカレンシーキャッシュパスポートでも、残高清算を行うことは可能

 

マルチカレンシーキャッシュパスポートのQ&A

マルチカレンシーキャッシュパスポートを利用する上できになる疑問を3つ挙げてみました。利用に関して、疑問に思われやすいポイントをいくつか解説しています。

ATMで残高照会をしたところ、マイアカウントの残高と異なる場合

ATMの残高とマイアカウントの残高は異なる可能性があるため、常にマイアカウントで正しい残高を確認する必要があります。

キャッシュパスポートが紛失・盗難にあった場合

24時間365日対応してくれているカードサービスデスクがあるので、そちらに電話をかけましょう。万が一の事態に備えて、カードサービスデスクの連絡先を携帯に登録しておくと安心です。

オンラインショッピングサイトでも利用可能かどうか

海外のオンラインショッピングサイトであれば、利用することができます。海外の航空会社のホームページで航空券を購入することも同様です。ただし、一部の航空会社は海外サイトでも利用できない場合がありますので注意しましょう。

 

期間限定のお申し込みキャンペーンを見逃すな

マルチカレンシーキャッシュパスポートは、期間限定でインターネット入会キャンペーンを展開しています。

今なら、申し込みをして1万円以上入金した人の中から抽選で、5万円または5万円相当の外貨のボーナスチャージが当たるようなキャンペーンもありますので、近々海外旅行や海外留学を計画している人は、円高水準でもある今のうちに申し込み、1万円でも入金しておくといいでしょう。

マルチカレンシーキャッシュパスポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでまねぷれをフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

学生専用クレジットカードを徹底網羅!そのメリットとおすすめのカード

ここで言う「学生」とは、高校生を除く18歳以上の大学生や専門学生を指します。(高校生はクレジ

記事を読む

大学生

18~25才限定で大学生向け!三井住友VISAデビュープラスカードの特典と賢い使い方

学生にオススメのクレジットカードを探している方にお届けしたいのが「三井住友VISAデビュープ

記事を読む

学生におすすめの海外旅行クレジットカード

海外旅行に行く学生さん必見!おすすめのクレジットカードは4選

「時間がたくさんとれる学生のうちに海外旅行に行ってみよう!」 海外が始めての方もそうでない

記事を読む

学生専用カード

年会費無料で20代・学生専用のおすすめクレジットカード6選と各カードの解説

クレジットカードは18歳(高校生を除く)と初めて発行資格が与えられます。それは、一時的にお金の貸し借

記事を読む

エポスカードの特典

エポスカードは大学生に大人気!カラオケ・飲み会・レジャーがお得になります

クレジットカードといっても、その特徴はいろいろです。あなたが普段からどこで買い物をし

記事を読む

申し込み前にあなたにおすすめのアメックスがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を徹底比較・解説!

ステータスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス・カード

2015.08.01 Sat

マイル
クレジットカードでマイルをたくさん貯めるノウハウとおすすめクレジットカード

By: Kentaro Ohno[/caption]皆さんは

2017.10.23 Mon

JCB一般カードはお得なキャンペーンが充実!利用してポイントやキャッシュバックを獲得しよう!

JCB一般カードはネットショッピングで最大20倍、海外で2倍など、便利

2017.10.20 Fri

オリコカード・ザ・ポイントのお得な新規入会キャンペーンと会員向けキャンペーン特集!

オリコカード・ザ・ポイントは年会費永年無料で、ポイントがザクザク貯まる

2017.10.20 Fri

エポスカードの特典
エポスカードのお得なキャンペーン特集!会員の方もこれから申し込む方も必見です!

エポスカードにはマルイで10%OFFになる「マルコとマルオの7日間

2017.10.20 Fri

dカードGOLDのお得な新規入会キャンペーンと会員向けキャンペーン特集!

dカードGOLDは、dポイントがザクザク貯まるだけでなく、国内空港ラウ

2017.10.20 Fri

もっと見る

PAGE TOP ↑