今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

確定申告で保険料控除を受けられる!保険料控除申告書に記入漏れがあっても確定申告すれば還付金が戻ってくる

会社員や公務員であれば確定申告とはあまり関係がないように思われがちで、記入漏れがあった事に気づいても、もう手遅れと考えたりしていませんか?まだ間に合います。確定申告にて保険料控除を受けることができます。その他にも確定申告にて保険料控除を申告する対象者などについても詳しく解説!

確定申告で保険料控除を受けられる?

会社員の方などはあまり馴染みのない確定申告ですが、確定申告とはそもそも、1月1日から12月31日までの一年間の所得を申告し、税額を確定する手続きのことを言います。通常の会社員の方は会社などで源泉徴収されていますので、特別な事情がない限りは自身で行う必要はありません。

そんな確定申告ですが、自営業の方や一定の収入を超える会社員の方などは確定申告をする必要がありますが、保険料控除を受けられます。

保険料控除は生命保険等に限らず国民健康保険や国民年金も控除の対象になりますので、必ず保険料控除を受けることをおすすめします。

確定申告で保険料控除を申告するのはどういうとき?

確定申告で保険料控除を申告する人は基本的に年末調整を行っていない人が該当します。

年末調整とは役員または使用人に対する給与から源泉徴収した所得税との差額を精算するものなので役員や使用人(年収が2,000万円を超える場合は確定申告)ではない人は基本的に年末調整の対象にはなりません。

そして年末調整を行う日までに給与所得者の扶養控除等申告書を提出している一定の人が年末調整の対象者になります。

会社員の方でも年収が2,000万円を超える方や、役員もしくは会社員、公務員ではない人、そして1月1日から12月31日の一年間の間に会社を退職し、その年に就職していない場合も年末調整の対象にはならず、自身で確定申告を行うことによって保険料控除を受けられます。

年末調整が終わった後に確定申告で保険料控除が受けられる?

何らかの理由で保険料控除が受けられなかった場合も、たとえ年末調整が終わってしまっていたとしても、確定申告によって保険料控除を受けることができます。

各保険会社から発行される保険料控除証明書が何かの手違いで届かなかったり、紛失してしまい再発行手続きをしたが間に合わなかった。

年末調整の書類を提出した後に生命保険などに加入したから。など様々な理由があると思いますが、これらは確定申告で保険料控除を行うことによって、年税額が再計算され、支払いすぎていた分は還付されます。

確定申告で保険料控除を受ける場合の必要書類やその方法

確定申告にて保険料控除を行う場合は特に特別な書類などは必要ありません。通常の確定申告に必要な書類や、印鑑、マイナンバー、差額がある場合はお金が振り込まれますので、申告される方の銀行口座も必要になります。

そして、特別な書類は必要ないと言いましたが、必ず源泉徴収票と保険料控除申告書(税務署にも置いてあります)、保険料控除証明書は忘れずに用意しておいてください。

確定申告の方法には所轄の税務署に行き確定申告をする方法、郵送にて確定申告をする方法、そしてインターネットにて電子申告する方法があります。

必要書類等は、国税庁のHPからダウンロードすることもできますし、郵送してもらうこともできます。そして税務署にも置いてありますので、自身のやりやすい方法で確定申告を行えます。

保険料控除を受けるための確定申告はいつからできる?

所得税の確定申告の時期は2月16日から3月15日になるので、年末調整の対象にならない方は基本的に、2月16日から3月15日の間で確定申告をするのと同時に行います。

ですが会社員の方などで、年末調整が終わった後に確定申告にて年税額の再計算、そして還付を受ける場合は還付申告といい、1月1日以降、税務署が開いていればいつでも確定申告を行うことが可能です。

保険料控除は確定申告することで5年前までさかのぼって還付される

年末調整で保険料控除を申請し忘れてしまった場合や、まあいいやと済ませてきたけどやっぱりもったいない。

といったような場合は控除漏れがあった翌年の1月1日から5年間までならさかのぼって還付申告をすることが可能です。

ですが、その際も保険料控除証明書や源泉徴収票が必要になりますので注意が必要です。基本的に、保険料控除証明書も源泉徴収票も再発行が可能ですが時間がかかりますので、いずれにせよ、捨てずに保管しておくようにしてください。

保険料控除の確定申告についてのまとめ

保険料控除は申告することによって年税額が再計算され、お金が返ってきたりします。そんな保険料控除ですが、うっかり忘れてしまっていた場合などには確定申告をするという方法があります。

会社員の方などは特に確定申告をする機会が少なく、忘れてしまったら仕方がないとそのままにしてしまったり、そもそも自分は確定申告する必要がないという考えから、忘れてしまったらどうすることもできない。と思う方も少なくありません。

ですが年末調整が終わった後でも確定申告を行うことで還付されます。そして5年前にさかのぼって還付申告することができますのでぜひ確定申告をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください