今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

保育士の転職理由とは?保育士の転職理由と上手に伝える方法

転職が多いと言われる保育士ですが、実際はどうなのでしょうか?

子供たちと触れ合う仕事で多くのやりがいを得られる一方、過酷な仕事内容であることも事実ですよね。

保育士の転職理由は、施設に問題がある場合、もしくは保育士の仕事自体に問題がある場合のふたつに大別できます。

どうしたら問題を解決できるのか、まずは自身の転職理由とじっくり向き合ってみましょう。

そして環境を変えるのが最もいい選択であると判断したのであれば、保育士として次のステージに進むための準備をする必要があります。

転職は決して、今の仕事からの逃げ道なわけではありません。

例え辛いことをきっかけに考え始めた転職でも、転職理由を前向きにとらえていくことで次の職場での取り組み方が変わるはずですよ。

それでは保育士の転職理由について、どのような転職理由があるのか、また転職すべきなのか、そして転職するために好印象を与える伝え方について、詳しく見ていきましょう。

【2月3日開催】マイナビ保育士が開催する職場発見フェアの事前予約の受付中

2019年2月3日(日)に新宿で、マイナビ保育士が職場発見フェアを開催することになりました。

職場発見フェアでは下記のようなプログラムが用意されておりますので、保育士の方はぜひ参加してみてくださいね!

  • スペシャルセミナー
  • キャリアアドバイザーの無料転職相談会
  • 上京希望者専用ブース
  • 企業専用ブース

なお、服装・入退場は自由、履歴書不要、そして来場は無料となります。

今なら事前予約でAmazonギフト券が1,000円、さらに友人を誘っていけば追加でAmazonギフト券1,000円がそれぞれにプレゼント(※)されます。

保育士の転職理由とは

そもそも保育士の転職理由は何なのでしょうか?

主に転職理由として挙げられるのは以下のようなものがあります。

保育方針に対する考え方の違い

保育と一口に言っても施設によって保育の方針は全く違います。

保育士として情熱を持って仕事に臨んだからこそ、現実とのギャップに幻滅してしまう保育士も少なくないでしょう。

歴史ある保育園では同族経営で現場の声が反映されにくかったり、子供のことよりも経営を優先する環境も少なからずあります。

そうした保育方針がどうしても受け入れられず転職理由になってしまうんです。

職場の人間関係

保育士は女性が多い職業なので、どうしても女社会になりがちです。

子供と接する仕事なので人当たりの悪い人はそう多くないでしょうが、どうしても同性ばかりの職場だと人間関係がこじれやすいですよね。

特に保育士は連携して仕事をすることが多いのでなおさらです。

人間関係は労働環境において大きなストレスとなりかねないので、転職理由となるのも珍しくないのです。

給与が低くて生活が苦しい

保育士の給与相場は仕事内容、時間に対して決して高いものとは言えません。

せっかく苦労して働いても給与が低いのでは仕事のモチベーションも下がってしまいますよね。

仕事も大変なのに生活も苦しくてはなかなか続けていくのは難しくなるでしょう。

給与の不満も大きな転職理由のひとつです。

残業や持ち帰り仕事が多い

保育園は季節ごとの行事、イベントも盛りだくさんです。

小道具や飾りつけなど、ほとんどの場合は保育士の手作りとなりますのでとても業務時間中には終わりませんよね。

どうしてもそうした地道な作業は、残業したり持ち帰ってすることになるので保育士にとって大きな負担となってしまうのです。

家に帰ってやりたいことをするどころか睡眠を削られるようになってしまっては、身体を壊すような状況にもなりかねません。

こうした特殊な環境が転職理由になることも多いようです。

体力的に辛い

子供の体力は計り知れないものがあります。

ひとりの相手でも大変なのに大人数をみることになるので、体力勝負の仕事と言っても過言ではありません。

元気に駆け回る子供を追いかけたり、抱き上げたり、かわいいだけでは済まないのが保育の現実です。

さらに勤務時間も上記したように長くなりがちなので、体力面で無理が生じ、転職理由とする人も少なくないのです。

家庭と仕事との両立が難しい

家庭がある人は仕事との両立に悩むかもしれません。

残業続きで家のことができなかったり、家族との時間をとることができる職場に転職したいと思うのも決して不思議なことではないでしょう。

子供がいる場合はなおさらです。

保育士をするくらい子供が好きであれば、自分の子供は一層大事に育てたいはずですよね。

仕事を優先して子供と接する時間をとれない状況が続けば、転職を意識するようにもなるでしょう。

保育士の転職理由は整理できた?本当に転職すべきか考えながら今できる努力をしよう

保育士が転職するに至る理由は多くあります。

しかし、もう一度じっくりと転職理由を考えてみてください。

何かしらの魅力、縁があって入った職場です。

もしかしたらその転職理由は視点を変えて考えてみることで、転職せずとも解決する悩みかもしれません。

人間関係は歩み寄りで改善できることも

転職をしたいと思うくらい人間関係で悩むこともありますよね。

しかし、職場の環境など、間関係以外にこれと言った不満がないのであれば少し思いとどまってもいいのかもしれませんよ。

問題となっている人間関係の修復にはどれだけ積極的になりましたか?

もしかしたら自分が変わることで何かしらの変化があるかもしれません。

人間関係が最大の転職理由であれば、一度接し方を変えてみても損はないはずですよ。

業務量は時間の効率化と工夫で減らせるかも

どうしても保育士は残業が多くなりがちですが、それも工夫一つで変えられる可能性がありますよ。

もともと無理な業務量であれば上司に相談したり、仕事仲間に相談して改善できます。

なるべく人に頼りたくないのであれば、手の抜けるところを見つけて、全て真面目にやりきろうとしないことで負担が軽くなるかもしれませんよ。

保育士をやめるくらいであれば、仕事を上手に手を抜いて取り組んでみてください。

家庭との両立は家族に協力依頼を!

家事に手が回らないことで保育士転職を考えているのなら、家の仕組みを改善する視点に立ってみましょう。

例えば残業で夕飯がつくれない日があるのであれば、夫に頼む、または外食OKの日にしてしまうのもひとつの工夫です。

仕事でなかなか家族の時間をつくれない夫婦も多いですから、お互いが協力して家庭を築けるよう話し合ってみてくださいね。

それでも転職したいと思ったら在籍しながら転職活動しよう

視点を変えても転職の決意が揺るがないのであれば、保育士を続けながら転職活動をすることがおすすめです。

仮にブランクができてしまえば面接の際に聞かれる可能性もありますし、経済面でも負担となりかねません。

転職を決意したら、現職になるべく迷惑をかけない時期なども考慮して計画的に進めていきましょう。

保育士として転職理由で好印象を与える面接での伝え方

保育士の転職は決して珍しいことではありませんから、転職理由の伝え方を工夫すれば好印象をあたえることができます。

実際、転職理由はマイナス要素のものであることの方が多いでしょう。

例え前向きな転職理由でなくとも視点を変えることはいくらでもできます。

保育士として新たな環境で好スタートを切るためにも、魅力的な転職理由を考えてくださいね。

転職理由は不満の裏にある希望を見つけるのが先決

保育士に限ったことではありませんが、転職理由は不満をそのまま伝えるのではなく、逆の視点にたって見ることが大切です。

不満をそのまま転職理由にしてしまうと、採用担当にはまたここでも同じように不満を持って辞められると思われてしまいますよ。

保育士の転職理由は前向きな気持ちを伝えよう!転職理由の回答例

それでは、印象をよくするだけでなく、自分自身の意識を変えるためにも、前向きな転職理由を作成していきましょう。

保育士における転職理由の解答例をいくつか紹介しますので、参考にされてくださいね。

保育方針や人間関係が転職理由の場合

私は園児ひとりひとりの個性を尊重する保育を目指して保育士になりました。

しかし、現職では個性よりも保育方針にそった保育を重んじる傾向があり、歴史ある環境下でなかなか制度が変わるものでもありません。

こちらの保育園では少人数制をとり、私の希望する保育ができると思い応募いたしました。

保育士としての経験も活かせると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

残業や体力的な負担を転職理由に挙げる場合

私は5年間、ずっと子供たちの記憶に残るような保育士になりたいという思いで仕事に取り組んでまいりました。

そうした思いから仕事に手を抜くことができずにいましたが、人手不足でもともとの業務量も多く、体力的な負担が大きくなってきたので転職を決意いたしました。

スタッフの数が充実しており、ひとつひとつの仕事を丁寧にこなすことができる環境を望んでおりますので、こちらの保育園に魅力を感じています。

一度面接の機会をよろしくお願いいたします。

経済的な理由を転職理由に挙げる場合

私は保育士として働きながら子供たちの成長を目の当たりにし、仕事に大きなやりがいを感じております。

チームワークもよく協力しあって仕事ができていたのですが、成果に見合った給与ではなく、今後の将来設計と照らし合わせても不安を感じて転職を決意いたしました。

努力が認められる環境で今以上にスキルアップしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

保育士の転職理由を整理して上手に伝えよう

保育士が転職を考える理由は様々です。

自分の中にある転職理由がはたして改善できるものなのか、また、改善できない場合はどうすることで問題が解決されるのかを考えてみましょう。

転職理由を考えることは決して転職を進めるだけに必要なことではありません。

自分自身が保育士として少しでも理想の環境で働くためにとても大切なことなんですよ。

転職理由を整理したら、自分の考えごと前向きに見直していって、それを面接官に伝えていきましょう。

前向きな転職理由を作成することで、転職を本当の意味で成功させることができるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください