【1/28まで】今なら楽天カード入会で7,000ポイント🚀🌟

保育士の自己PRとは?保育士転職を成功させる自己PR作成のコツ教えます!

保育士はかわいい盛りの子供たちと触れ合える一方、重い責任、ハードな労働環境が課せられる仕事です。
そんな保育士の転職を目指すうえで、こだわりたいことのひとつが「自己PR」。

自己PRというと自分のスキルや経験を伝えるものなのはわかると思いますが、保育士の転職をするうえで自己PRを作成する際は「保育士として魅力的な自己PR」を作成しなければなりません。

それでは魅力的な保育士に思われるために、いったいどのようなことを踏まえて自己PRを作成すればよいのでしょうか?こ今回は「自己PRの基本」「自己PRの作成手順」「自己PR作成における注意点」そして「保育士の自己PR例文」を紹介していきます。

保育士の転職を目指す方は是非参考にしてくださいね。

保育士の自己PRとは?作成前に覚えておきたいこと

まずは転職の基本である自己PRの役割から考えていきましょう。

転職をするうえで自己PRとは何か明確に理解していなければ、志望動機と混同して似通った文章をつくってしまったり、保育士としての魅力を十分に伝えられない可能性があります。

そもそも自己PRとは?

自己PRとは転職活動において自分を売り込む機会です。
これまで経験してきたことを転職を希望する施設でどのように活かすつもりか、などを伝えて採用者の目に止まるようにしましょう。

混同しがち!志望動機との違いとは?

自己PRは志望動機と混同しがちですが、それぞれの役割をしっかり理解していれば内容が重複することはありません。
志望動機は転職を希望する施設への志望の「目的」
自己PRは転職希望先に保育士としての経験やスキル、人間性などを「アピール」するものです。
焦点が違うのでしっかりと内容を整理して記入してくださいね。

自己PRに盛り込むべき内容とは?

保育士としての自己PRには、保育の場で役立つ内容を盛り込まなければなりません。
保護者や小さな子供と接するので「人柄」は高い優先度で重視されるでしょう。
その他、体力、ピアノや絵などのスキルなど保育士に求められる能力をできるだけ見出して盛り込んでください。

保育士の自己PR作成における具体的STEPとは?

保育士の転職における自己PRの役割が何かわかったところで、次は具体的な作成手順を見ていきましょう。
自己PRは転職で避けて通れないものですが、順序を追って作成していけば難しいことはないので安心してくださいね。

自己分析で自分の特性や考え方を知る

転職を決めたら、まずは自分のことを理解するところから始めます。
どのような環境で育ち、どのような価値観が形成されたのか、グラフなどにしても整理しやすいでしょう。
就職・転職サイトで提供されているような無料テンプレートを使ってもいいかもしれませんね。
転職を機に改めて自分と向き合うことで、失敗のない職場選びにつなけることができるはずですよ。

キャリアの棚卸でスキルや経験を整理

自己分析の際、合わせて見直したいのがこれまでの経験、スキルです。
保育士としての経験があればもちろん、未経験の場合は保育に活かせそうなスキルの棚卸を行いましょう。
転職をする業界が違っても、活かせるスキルはいくらでも見つけることができますよ。
特に保育士は対人スキルが重視されるので、コミュニケーション能力などをアピールできる経験があればチェックしておいてくださいね。

保育で活かせる資格や特技はないかを探す

保育士は手先が器用だったり、運動能力に長けていたり、幅広い能力を活かすことができる職業です。
仕事上におけるスキル以外にも、音楽や絵など芸術、運動が得意で体力には自信があることなど、自分の特技を洗い直しておくことで転職活動が円滑に進められるでしょう。

応募先の研究からニーズを探る

転職活動の基本に、自己分析と合わせて企業研究が挙げられます。
保育士の場合は施設が該当しますが、転職を希望する施設がどのような保育士を求めているかを知ることを忘れてはいけません。
どんなに豊富な経験、スキルを備えている保育士でも、求められている保育士像と異なれば当然採用にはつながりにくいですよね。
自分のことを理解したら、次に応募先のことを知り、方向性が一致するかどうか確認して効率よく転職活動を進めていきましょう。

保育士の自己PRはここに注意!

手順の通りに自己PRを作成すればいいかと言えば、それだけではありません。
次は自己PR作成における注意点についてです。
転職活動を長引かせないためにも最後までぬかりなく内容をつめていきましょう。

応募先企業のニーズと合致した点をアピールすること

せっかく自己分析、応募先のニーズを調べたのであれば、それを最大限に活かした自己アピールを作成しなくてはもったいないですよね。
自分の保育士としてのアピールポイントは把握しているはずですから、応募先のニーズにあったものをチョイスして、強調して記載してみてください。

転職先でどんな保育をおこないたいかが伝わるように

転職を希望する施設にどのようなポイントで貢献できるかを伝えたら、次は具体的な保育のイメージです。
スキルや経験、価値観で一致するところがあっても、保育士としてどのように働いていきたいかが伝わらなければ、一緒に働いていくイメージをなかなか持ってもらえません。
さらに言えば、転職は採用がゴールなわけではありませんよね。
長く働く環境を見つけるためにも、転職先での理想の保育は考えておいてくださいね。

具体的なエピソードを交えてオリジナリティを

最後の注意点として、具体性を意識することを挙げておきます。
自己PRだけでなく面接でもやってしまいがちですが、転職活動の過程で抽象的な表現をしていることに自分ではなかなか気づくことはできません。
そこで、具体的なエピソードを盛り込むことであいまいな表現を避けることができ、さらには印象に残りやすいオリジナリティあふれる自己PRを作成することができるのです。

保育士の自己PRをケース別に例文でご紹介

以上のポイントをふまえて、ケース別に保育士の転職を仮定した自己PRを作成してみました。
なかなか形にならない場合は最も自分に近いものを参考にして、自己PR作成のヒントにしてみてくださいね。

未経験から保育士に転職するケースとは?

「私は子供が好きで短大で保育を学んでいましたが、最終的に子供服を扱うアパレルに就職しました。
しかし接客をする中で、改めて子供とより近い立場で働くことのできる保育士になりたいと思い、応募させていただいております。

店舗販売をするなかで、親だけではなく親戚、様々な関係の人から大切に思われている子供の姿を見てきましたので、子供一人ひとりを大事にした保育をしたいと考えています。

アパレルで培った体力、言葉遣いをはじめとしたコミュニケーション能力を活かしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

ブランクがある保育士が再就職するケースとは?

「私は5年間保育士として勤務をしていましたが、結婚、出産を機に退職し、4年間育児に専念しておりました。
子供が幼稚園に入園したことをきっかけにまた保育士としての仕事を始めようと思い、応募いたしました。

母親になったことで子供に対する見方も変わり、保護者の立場に立った考えができると思います。
ピアノが得意で年に一回コンサートにも出場していますので、子供たちとの信頼づくりのきっかけにしていきたいです。」

経験豊富な保育士が転職するケースとは?

「私は10年間保育士として勤務し、うち3年は10人の保育士をまとめる主任として業務の中枢を担ってまいりました。
今回転職を決意したのは、グローバルな保育を行っている保育園でのスキルアップをしたい思いがあったからです。

こちらの保育園では英語を取り入れた保育を行っており、時代に合った保育ができるよう日々英語の勉強をしていた私にとって非常に魅力的でした。
より子供たちの可能性を伸ばしていける保育をしたい所存でおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

保育士の転職で自己PRは重要!

転職において自己PRは経験、スキル、人となりなど多くの情報を盛り込んでアピールする絶好の場です。
特に保育士は人間性が問われる職業ですので、自己PRでは経験、スキルと共にアピールしていきましょう。
自己PRがどれだけ練られているかで保育士の転職が成功するか大きく左右されますよ。
採用者にいい印象を与えるだけではなく、保育士としての自分とじっくり向き合うこともできますので、ひとつひとつ丁寧に作成してくださいね。

転職を本当の意味で成功させるために、手順、注意点を念頭に置いて保育士として魅力的な自己PRを作成しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください