自動車税納付に間に合う🚙💨即日発行カード

Olympic(8289)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

Olympicグループは、スーパーや専門店など幅広く事業展開している企業で、首都圏中心に85店舗も展開してます。
そんなOlimpicグループ(8289)の株を買おうか検討している方や、普段Olympicを利用している方にとっては、株主優待があるのか気になりますよね。

この記事ではOlimpicグループ(8289)の株主優待についてまとめました。

Olimpicグループ(8289)の株主優待の内容について

Olimpicグループ(8289)の株主優待券は、残念ながらありませんでした。

Oliympicは1962年に東京の立川で創業、1977年には国内初のハイパーマーケットを展開。2001年に東証1部に上場しています。

店舗は、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に集中させるドミナント政策を堅持しており、スーパーマケット、ディスカウウトストア、エンターテイメントの施設を備えた大型ショッピングセンターの他に、自転車、ホームセンター、靴、ゴルフ、ペットグッズ、動物病院などの専門店などを展開。時代のニーズに合わせた独自の店舗スタイル展開をしている企業です。

Olimpicグループ(8289)の株主優待券の買い方:一般編

Olimpicグループ(8289)の株主優待はありませんが、一般的な株主優待券の買い方としては、まず、証券口座を開設して株を100株以上取得します。優待を取得する権利が認められると株主優待券をもらうことができます。

株主優待券を購入する流れ
  1. 証券口座を開設する
  2. 株式を100株以上購入する
  3. 権利確定日(翌日)まで株を保有する

例えば、Olimpicグループ(8289)の株主優待が100株以上の保有だったとすると、

  • Olympicグループ(8289)の優待の最低取得額68,500円の資金が必要となります。
    ※株主優待100株以上(単元数100株) 株価685円 (2019年1月30日現在)

一般的には株を購入して権利確定の日に株主としての権利があれば優待をもらうことができます。つまり年間でたった1日だけの株主でも株主優待を受けることができます。

株主優待の権利確定日は各企業で決まっていますので、事前に各企業のサイトや証券会社などでも発表されていますので調べておきましょう。

おすすめのネット証券会社

おすすめの証券会社
初めて株を始める方におすすめのネット証券会社には、①SBI証券 ②楽天証券 ③松井証券などがあります。こちらは、以下の表のように、少額の取引なら手数料が無料となります。証券会社は多くありますが、初心者の方はあまり規模が小さな証券会社は避けた方が無難でしょう。

証券会社名売買手数料特徴
SBI証券0円(1日10万円以下の取引)・口座開設数430万突破のネット証券最大手
・いつもの銀行から即時入金ができる
・夜間取引ができる
楽天証券0円(1日10万円以下の取引)・取引で楽天ポイントが貰えたり、楽天ポイントで投資信託が買えたりできる
・楽天のSPU(スーパーポイントアップ)の対象に
・日経新聞も無料で講読可
松井証券0円(1日10万円以下の取引・投資デビューに最適
・投資情報ツール&取引アプリがパソコンもスマートフォンも無料・夜間取引ができる

Olimpicグループ(8289)の株主優待の権利確定月は何月?

Olimpicグループ(8289)は残念ながら株主優待はないですが、ここでは一般的な株主優待の権利確定月について説明します。

権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。

権利確定日に株主として名簿に記載されることにより、「株主優待」や「配当」、「株式分割」などの権利を得られる日のことです。 一般的には3月・9月が多いですが、企業により異なります。

権利付最終日

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

Olimpicグループ(8289)の株主優待の優待回数は何回?

Olimpicグループ(8289)の株主優待は残念ながらありませんが、一般的に株主優待を実施している企業の場合が、1回または2回です。

また、株主優待券は有効期限があるものがほとんどです。優待券をもらった場は利用するうえで注意しましょう。

Olimpicグループ(8289)の株主優待の優待券の種類は?

Olimpicグループ(8289)には株主優待制度はありませんが、優待制度を実施する企業によって様々な優待を行なっています。

例えば、アパレルの業種である「洋服の青山」に場合は、「株主優待割引券」です。お買い物金額から15%割引される商品券です。
また、マクドナルドやモスバーガーなどは、お食事券であったりします。食品関係ではないAUなどは、激選された47都道府県の産地の旬の食材が選べるカタログギフトだったりします。

株主優待の中でも商品割引券などは、利用上の注意することがあります。それは有効期限があるものが多いということです。有効期限は企業によって様々ですが、半年間とか1年間といったケースが多いようです。また、現金との引き換え、お釣りが出ないものがほとんどなので注意しましょう。

Olimpicグループ(8289)(8306)の株主優待の優待利回りと配当利回り

利回りとは投資金額に対してどのくらいお得なのか、株主優待(収益)の割合を示す指標となります。

Olimpicグループ(8289)は、残念ながら株主優待はありませんのでしたが、株主のもう一つのメリットとして配当金がもらえます。

2019年の配当予想は15.00円なので(2019円1月30日現在)、予想配当利回りは2.18%となります。

優待利回り配当利回り
– %2.18%

 

Olympicを運営する株式会社Olympicグループの会社概要

本社所在地 / 〒185-0012 東京都国分寺市本町4−12−1
電話番号 / 042-300-7200
業種分類 / 小売業
英文社名 / Olympic Group Corporation
代表者名 / 木住野 福寿
設立年月日 / 1973年2月22日
市場名 / 東証1部
上場年月日 / 1988年10月5日
決算 / 2月末日
単元株数 / 100株
従業員数(単独)57人(連結)1,322人

Olympicを運営する株式会社Olympicグループの証券コード

株式会社Olympicグループの証券コードは「8289」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。
会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索する時に、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

Olympicを運営する株式会社Olympicグループの証券コードは、8289です。

Olympicの株主優待についてのまとめ

Olympicの株主優待券は残念がら実施されていませんでした。

Olympicは、専門に特化した店舗なども展開しており、利用できる株主優待があれば便利に活用できそうな気がしてしまいますね。今後、手厚い株主優待の実施をしていただきたい銘柄だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください