今すぐ作れるクレジットカードあります!

オリコカードでApplepayが使える!認証方法など詳しい使い方を紹介!

オリコカード

クレジットカードに始まり、便利なキャッシュレス支払が増えてきました。

もともとは現金が必要なところがクレジットカードに変わり、その次はクレジットカードを出すのが面倒くさいと考え、誰もが持っているスマホで決済できる仕組みが出てきました。

これが「○○ペイ」という仕組みです。

iphoneを携帯電話やスマホで決済してきた「おサイフケータイ」のように使えるサービスとして、Appleが「Apple Pay」サービスを開始しました。

オリコカードでは、Apple Payに対応することができます。
そこで今回は、オリコカードとApple Payの関連性、どのようにして使うのか詳しく紹介します。

オリコカードとApple Payとは

概要を簡単に使えると、スマホの機能の中にクレジットカード経由払いを追加させることができる仕組みです。

分かりやすくいえば、スマホがクレジットカードになったと思ってください。
サイフからいちいちクレジットカードを出さなくてよくなりました。

その仕組みがオリコカードでも適用できます。

Apple Payに登録できるクレジットカードは現在、オリコ、イオン、KDDI(au WALLETクレジットカード)、NTTドコモ(dカード)、ソフトバンク(ソフトバンクカード)、三井住友カード、クレディセゾン、JCB、トヨタファイナンス、ビューカード、三菱 UFJ ニコスカード、楽天カードなどです。

この中にオリコカードが追加されています。

オリコカードとApple Pay利用でポイントが貯まる

Apple Payが使えるオリコカードをこれから持とうと思っている人に、オリコカードの特徴を紹介します。

オリコカードとはどんなカードなのでしょうか。

1番のメリットは年会費無料なところです。
しかも初年度だけでなく永年無料なので、もっていて損はないクレジットカードです。

年会費無料なカードでありながら、ポイント還元率が高いのため人気があります。
ポイント還元率はクレジットカードの中でも最高水準の1%。

1%というのは、5万円のクレジットカード払いがあれば、500円分のポイントがつくことになります。
500円と思われる人もいますが、これが年間となれば6000円分になります。

現金払いでは1つも還元されなかったものがクレジットカードになるだけで、これだけのポイントが貯まります。

他のクレジットカードの場合は0.5%です。

入会後6ヶ月はポイント還元が倍となり2%です。
この期間に使えば、かなりポイントが貯まります。

さらに、ポイントサイトのオリコモール経由でAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、Apple公式サイトなどでお買い物すると、0.5%のボーナスポイントが加算され、さらにポイントが貯まります。

オリコカードのApple PayはiD店舗では使えない

オリコカードのApple Payで気をつけてほしいのが、QUICPay対応店舗でしか使えないことです。

もともと、Apple Payでクレジットカードを使う場合は電子マネーiDか、電子マネーQUICPayを経由して決済される仕組みです。

このどちらで決済ができるかは、カード会社によって変わります。

Apple Payとオリコカードの場合は、クイックペイで対応している店舗しか使えません。

今はほとんどの店舗がiDとクイックペイ、両方対応しているところが多いです。

コンビニではセブン-イレブンやファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルK・サンクス、デイリーヤマザキなどがクイックペイに対応しています。

その他、イトーヨーカドー、イオン、阪急百貨店、阪神百貨店、近鉄百貨店など、けっこう使える店舗が多いです。

オリコカードのApple Payが登録できない

オリコカードのApple Payが登録できない場合は、スマホ機能がApple Payに対応していない可能性があります。

古いスマホの場合、おサイフケータイ機能がついていないかもしれないため、使えない可能性あります。

オリコカードのApple Pay認証

オリコカードをApple Payで利用するためには、認証が必要になります。

Apple Pay上で追加したオリコカードの認証方法の選択画面が表示されるので、選択して「次へ」をタップします。SMSで認証番号がくるため、入力したら完了です。

オリコカードのApple Pay利用時の注意点

Apple Payを利用するときには少し注意点があります。
1回の支払は2万円に設定されています。

大きな買い物をするときは、Apple Payは利用できないと覚えておいてください。

これApple Payに限らず電子マネー機能共通です。
大きな買い物をするときは、今まで通りクレジットカードでサインが必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください