【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

Origami Payは百貨店で利用できるのか?どの百貨店が利用できるのか紹介!

Origami Payのことをご存知でしょうか。

Origami PayはQRコード決済システムのことです。
QRコード決済とは、キャッシュレス決済システムの一種のことで、QRコードとお手元のスマホを使って会計ができるサービスのことです。

日本ではまだそこまで普及されていませんが、海外では普及率が高くなっています。
さまざまな場所でキャッシュレス化が進んでおり、現金を出す人が少なくなっています。

これから日本も増えていくため、その波に乗り遅れないように、Origami Payのことを知りましょう。

そこで今回はOrigami Payの特徴から、使える場所まで詳しく紹介します。
特にOrigami Payが百貨店で使えるのか、どの百貨店で使えるのかまで紹介するため、是非参考にしてください。

Origami Payとは百貨店などで使えるQRコード決済

Origami PayとはQRコード決済システムのことです。
さまざまな場所で利用できるようになっている、最新の決済システムです。

利用できる店舗はどんどん拡大しており、全国で2万店以上も利用できるところがあります。

利用者としては、初期登録費用は無料なので、使うことに損は一切ありません。
むしろメリットしかないといったところでしょうか。

ただ、まだ浸透していないこともあって、すべての方がOrigami Payのことを知っている訳ではありません。

事前にアプリ内に自分が使用しているクレジットカードを登録しておく必要があります。
決済方法は2パターンあり、お店側が用意したQRコードを読み取る方法と、自分でアプリ内で、QRコードを作成し、お店側に読み取ってもらう方法です。

これはどちらで合っても利用することができます。
アプリで読み取るか、アプリを読み取らせるかの違いです。
ラインの友達紹介・追加と同じ仕組みです。

Origami Pay は手間がかからない

今まではお店側で支払いをするときに、暗証番号の入力や、サインをするなど、ちょっとした手間がかかっていたと思います。
現金を出すよりはクレジットカードのほうが便利だったのですが、それよりも便利な機能がOrigami Payの機能です。

QRコードを読み取るだけで会計ができてしまう。
カードもいらない、財布もいらない世の中がやってきているということになります。

アプリの中にはクレジットカード情報を複数登録することができます。
クレジットカードの締め日や引き落とし日などを考慮して、カードを変更することも可能ってことになります。

登録されているカードであれば、選択可能なので、とりあえず持っているカードは登録しておいても問題ないかと思います。

使い方もすごく簡単です。

Origami Payが使えるお店に行き、レジで会計をするときにOrigami Pay利用と伝えるだけになります。
後はお店がどういう決済方法にするのか誘導してくれます。

お店側のQRコードを使うのか、利用者側のQRコードを使うのかということです。
Origami Payはどちらでも対応できます。

Origami Pay 百貨店など使えるお店

Origami Payが使えるお店を紹介していきます。

少しずつ増えていっているため、今紹介しているときでも、使える店舗が増加しているかもしれません。

ローソン

コンビニのローソンで利用ができます。
全国含めて多くの場所にある便利なコンビニなので、行くことがあれば利用してみてください。
ローソンでお茶を買うだけでもOrigami Payは使えますよ。

ケンタッキーフライドチキン

チキンで有名なケンタッキーフライドチキンです。
たまに食べたくなるチキンです。特にクリスマスのシーズンなどは利用者も増えていきます。
混んでいるときにOrigami Payでスマート決済は便利ですね。

和民

居酒屋チェーンの和民です。
駅前などいろいろなところで見かけるお店なので使う機会も多いかもしれませんね。
また和民グループ全部で使えるため、便利だと思いますよ。

その他にも「Zoff」「Right-on」「LOFT」「ロクシタン」「自遊空間」「AOKI」「パルコ」「その他個人経営のお店」など使えるお店が増えてきています。

どちらかというと、大手のお店などより個人店で利用できることが多いイメージです。
他の決済Payシステムは大手チェーンが多いのですが、個人店までは広がっていません。

ふとしたところで使えるというのが大事かなと思います。

Origami Pay が使える百貨店やお店はアプリで探せる

Origami Payが使えるお店は、個人商店が多いと伝えさせてもらいました。

ではそれをどうやって調べるのか。
Origami Payアプリでそれが可能になります。

Origami Payのアプリには自分の現在地周辺にOrigami Payが使えるのか調べてくれます。
どこのお店が使えるのか先に調べておくのも大事ですが、出かけたときにここは使えるのかなと調べることができます。

Origami Payのアプリを使えば、使えるお店がマップ上に表示されるため、見やすくて便利だと思います。

まずはOrigami Payアプリを起動しましょう。
アプリのトップ画面に地図からお店を探すという機能がついているため、それを上手く活用して探してみてください。

Origami Payが使える百貨店はあるのか

ここからが本題に入ります。
Origami Payはどこの百貨店で使えるのか。
百貨店業界も最近は厳しい時代に突入しています。

イオンのような、手軽で良い商品が手に入るという時代になり、百貨店に行く人も少なくなってきました。
昔は、百貨店に行き、ブランド物を身につけることがステータスみたいになっていたのですが、最近は良い品を、リーズナブルな料金で買うというのが主流です。

そんな傾向もあり、Origami Payなどを導入して、他の百貨店にはないサービスで差別化をしているところもあります。

どんなところで使えるのか見ていきましょう。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 三越編

三越百貨店では、Origami Payを使うことができません。

三越は関東を中心に老舗の百貨店です。
年齢層は30代から40代以降の方が多く、お店に入店しているブランドも、その年齢層をターゲットにしたものが多いです。

日本橋三越というのは、百貨店業界の中でも日本一の売上を誇っている一流百貨店です。
高級品の販売ではどこにも負けることはない百貨店です。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 高島屋編

高島屋では、Origami Payは使うことはできません。

高島屋を知らない人はいませんよね。
年齢層は若者から高齢者まで幅広く、ショップの数であれば、日本一といっていいほど、いろいろなお店が入っています。
特に日本橋高島屋は重要文化財に指定されているほど、貴重な建物であり、敷居が高いイメージがあります。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 松坂屋編

松坂屋では、Origami Payは使うことはできません。

松坂屋は、名古屋発祥の百貨店であり、呉服屋として生まれました。
名古屋にある松坂屋本店は、百貨店の中でも日本一を誇る売り場面積となります。

松坂屋は定番ブランドが多く、百貨店としては面白みに欠けるといわれています。最近は大丸と提携してから変わってきているのですが、それでも他に劣ってしまいます。

地域密着型という店舗も多いため、近くにお店がある方は便利です。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 大丸編

大丸では、Origami Payは利用することができません。

大丸は大阪発祥の百貨店です。
大丸心斎橋店の増床、梅田店、東京店のリニューアルを次々と計画しており、消費者を飽きさせない努力をしています。

高島屋と同じ感じで、若者から高齢者まで幅広い年齢層が利用しており、それにあったジャンルのお店が入っています。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 伊勢丹編

大丸百貨店でもOrigami Payは使うことができません。
伊勢丹は百貨店業界の先端を行っている百貨店です。

定番商品を嫌っており、常に流行にのった新しい商品を導入しています。
他の百貨店にはないところが伊勢丹のよいところです。

Origami Payが使える?使えない?百貨店 阪急阪神編

阪急阪神百貨店では、Origami Payが使えます。

百貨店で唯一Origami Payが使えるところです。
大阪を代表する鉄道系の百貨店なので、是非利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください