今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

Origami Payとkyashとは?還元率最強の会計方法を紹介!

最近は便利な決済システムが導入されていることをご存知でしょうか。
昔は現金決済しかなかったのですが、今では、クレジットカードをはじめ電子マネーなど、会計時に現金を出さなくてもよい仕組みが導入されています。

まだ日本ではそこまで普及率は高くないですが、便利な機能なのでこれからどんどん広がっていくと思います。

そんな中で登場したのがOrigami Payです。
Origami Payは便利なQRコードスマホ決済システムです。

最近、Origami Payとkyashが熱いと話題になっています。
Origami Payの仕組みとkyashを組み合わせることで、だれても5%還元が実現可能になります。

そこで今回はOrigami Payとkyashの仕組みについて詳しく紹介します。

Origami Payとkyashとは

まずはOrigami Payとkyashそれぞれの特徴を紹介していきたいと思います。

それぞれの特徴を理解したうえで、Origami Payとkyashの関係性を見ていくと、どれだけお得なものか分かってもらえると思います。

Origami Payの関係性 Origami Pay の特徴

Origami Payとは全国2万店以上で使えるQRコード決済システムのことです。
主要な加盟店をあげていくと、ローソン、ロフト、パルコ、和民、坐・和民、ケンタッキーなど、皆さんが知っているお店ばかりだと思います。

スマホのアプリを使ってできる決済の仕組みとなり、今までのクレジットカード決済よりも利便性が高くなります。

事前にアプリにクレジットカードを登録しておき、利用店のiPadなどに表示されているQRコードを読み取ることで支払いが完了します。

今までのようにクレジットカードであれば、会計をするときにサインや暗証番号の入力が必要になっていましたよね。
手間になっているといえば、そうなりますよね。

また、クレジットカードや現金で支払おうと思ったときは、サイフを出さなければいけませんでした。
Origami Payであればスマホ決済なので、わざわざサイフを出す必要もありません。

利用する側は初期登録費も年会費も必要ないため、デメリットに感じることはないと思います。

Origami Payとkyashの関係性 Origami Pay のメリット

Origami Payでは会計先としてクレジットカードや銀行口座を登録する必要があります。

Origami Payで支払いをしたものは、クレジットカード会社の規定に基づき締め日と支払日で計算されて処理されます。

あくまでOrigami Payを通しているだけであって、決済の規定は変わりません。

登録できるクレジットカードは複数できます。
複数できることによるメリットは、利用先によって支払いカードの切り替えができることです。

会計時にOrigami Payで支払うことを伝えて、利用するカードを選択してQRコードを読み取りましょう。

Origami Payの最大のメリットは独自の割引です。
2%や10%といった店舗独自の割引が用意されており、ポイントではなく割引還元といったシステムです。

2%オフは最低限の割引です。
とりあえずOrigami Payを通して会計をするだけで2%割引が受けられます。

その他にも店舗独自のキャンペーンなどが発信されており、中には初回50%オフといった高額な割引クーポンがあるときもあります。

Origami Payとkyashの関係性 Origami Pay のデメリット

Origami Payのメリットを紹介しましたが、中にはデメリットも存在します。

そのデメリットが、使える加盟店が少ないことです。
どうしてもOrigami Payは遅咲きの決済システムになっています。
ただ、先ほど紹介した特徴やメリットのように利便性というのは非常に高いです。

今の世の中の普及率というのはかなり急速です。
人々が便利だと思ったら、どんどん広がっていきます。

その広がりに応じて、利用できる店舗もこれからどんどん拡大していくと思います。
同じような決済システムはありますが、できるだけお得に使えるものを選択したほうが、長い目で見たときにかなりの割引になっていると思います。

Origami Pay とkyashの関係性 kyashの特徴

次にkyashの特徴を見ていきましょう。

kyashとはバーチャルVisaカードを即時に発行できるアプリのことです。
簡単にいえば、実体のないカードということでした。

でしたというのは過去形であって、実はリアルカードが発行されることになりました。

kyashのリアルカードの特徴としては、

  • アプリのインストールと簡単な情報登録
  • コンビニや銀行、クレジットカードからチャージが可能
  • バーチャルのVISAカードから買い物することができる
  • SNSを通して知り合いに送金することができる
  • VISAであればリアルカードが発行できる

です。

SNS経由で知り合いに送金機能があるのは、大きな特徴だと思います。
お店の会計をみんなでバーチャル割り勘できるのもメリットです。

Origami Pay とkyashの関係性 kyashのメリット

kyashのメリットは支払い金額のキャッシュバックが受けられることです。

支払い金額の2%がキャッシュバックされる仕組みとなっています。
リアルカードを申請するのは誰でも審査なしでできます。
申請することでVISAカードの取得が可能です。

リアルカードであれば、街中にあるVISA加盟店で利用することも可能です。
クレジットカードでkyashにチャージすると、クレジットカードのポイントも取得することができます。

支払いするだけで2%割引、クレジットカードからチャージでポイント付与、まさに一石二鳥とったサービスかなと思います。

例えばですが、楽天カードを利用してkyashにチャージした場合、kyashの2%キャッシュバックと、楽天カードの1%還元で、合計3%の還元を受けられたということになります。
これはなかなかない還元率ですよ。

Origami Payとkyashを使うとどうなるのか

ここからはOrigami Payとkyashの関係性について紹介していきたいと思います。

Origami Payのクレジットカード情報に、kyashを登録するといった関係性です。

そうすることによって5%還元という、まさに最強の還元会計方法となります。
どうやって5%還元されるのでしょうか。

この5%還元の前提条件としては、kyashに登録するクレジットカードは還元率1%のクレジットカードを登録することです。

まずクレジットカードからkyashへのチャージで1%ポイント還元されます。
そしてkyashをOrigami Payに紐付けて支払うことで、2%キャッシュバックされます。
最後にOrigami Payで支払うことでその場で2%オフ割引が受けられます。

これを全て合わせると5%還元といった夢のような会計還元が受けられます。
少し手間と思われるかもしれませんが、上手くそれぞれのアプリの仕組みを利用することで、大きな還元を受けられます。

ちょっとした金額であればそこまで還元の恩恵を受けられないかもしれませんが、それが積み重なっていくと大きなものになります。

それぞれを単体で使ったとしても最大3%還元だけです。
できれば、うまく組み合わせて5%還元を狙いましょう。

Origami Payとkyashを利用する仕組み

5%還元ということは分かったけれど、どういう仕組みになっているのかイマイチ分からないって人もいますよね。
実は裏側ではややこしい仕組みになっています。

分かりやすくいうと、Origami Payの支払い方法でkyashを紐付けして支払うと、Origami Payはkyashからの支払い分の金額を関連づけます。

会計をするときに、kyash側も紐付けしているクレジットカードからチャージするようになります。
1つのアプリを間に挟むだけでこれだけの恩恵が受けられます。

ただ、この仕組みはずっと使える訳ではありません。
今は使えるかもしれませんが、将来ずっとあるといった補償はどこにもありません。

そのため、使えるときに使ってしまうというのが正解だと思います。
特に使わないデメリットはないので、上手く活用してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください