五輪チケット購入に間に合うVISAカード🏊

Origami Payをローソンで使うときの方法!特徴から使い方まで詳しく紹介!

Origami Payをご存知でしょうか。

最近、ソフトバンクやアマゾンなど、大手企業が次々に参入している、キャッシュレス決済機能は知っているでしょう。
キャッシュレス決済、つまり簡単、便利なお金のやりとりシステムってことです。

Origami Payとは、スマホ決済サービスです。

Origami Payは、新規事業参入でありながら、決済システムとして地位を確立しています。

そんなOrigami Payの仕組みが、ローソンでも導入されることになりました。

そこで今回は、Origami Payの仕組みから、ローソンでの使い方まで詳しく紹介します。

Origami Payとは?

Origami Payは日本のキャッシュレス化の先駆けと言われています。
今ですらよく聞くフレーズになってきましたが、Origami Payは、2012年に創業された比較的新しい会社です。

そんな中で、スマホ決済システムとしてキャッシュレス機能を取り入れました。
最初はOrigami Payは通販の決済システムを開発していたのですが、最終的には実店舗決済システムまで導入しました。

どうしてここまで知れ渡ったシステムになったのか。
それは2015年にソフトバンクと提携したからです。

Origami Payのアプリを使って、ソフトバンクのキャンペーン告知や割引券クーポンなど、Origami Payを利用してスマホをかざすと、それが適用されるといった仕組みです。

何かがあると思うと、多くの方は利用するってことですね。

これは例えですが、最初はラインもあまり流行されていなかったシステムです。

みんなが少しずつ使いだしてから、こんなに便利なものがあったということで、今や皆さんの生活に欠かせないシステムになっています。

Origami Payの決済システムも同じように皆さんの生活に欠かせないものになりつつあります。
現金で決済する仕組み、カードで決済する仕組み、それよりも便利にスマホで決済する仕組み。
このように時代は変化していっています。

ローソンでも使えるOrigami Payの特徴

Origami Payの特徴を紹介していきます。

Origami Payは2018年になってから、みずほ銀行や三井住友銀行など、大手銀行と提携を始めました。
大手銀行と業務提携したことにより、世界にもその名は広がっていきました。

今では世界の750万店を越えるお店でOrigami Payが使えるくらいになっています。
日本だけでなく、世界でも使えるシステムへと成長しています。

Origami Pay以外にもスマホ決済システムはあります。
それが、AmazonPay、PayPay、LINEPayなどです。

このあたりの大手が動き出しているのもあり、Origami Payの知名度も上がっています。

Origami Payの使い方

Origami Payの使い方を紹介していきます。

  • Origami Payはまずはアプリのダウンロードが必要です。
    スマホ決済する仕組みではアプリが必要ということを覚えておいてください。

App StoreまたはGoogle Playからダウンロードすることができるため、それぞれの端末でのダウンロード方法を確認してください。
Origami Payで検索すると出てくるはずです。

  • Origami Payのアプリをダウンロードしたら、メールアドレス、電話番号などを入力してOrigami Payのアカウントを作成していきましょう。

その次に支払情報などの、銀行口座情報を入力、もしくはクレジットカード番号を入力していきましょう。
Origami Payのアプリを使うときに連携させる支払情報の入力です。

  • Origami Payのアプリが使えるようになったら、あとはバーコード読取によりOrigami Pay決済を行うことができます。

バーコードの読取には2種類あり、ユーザースキャンとストアスキャンです。
簡単にいえば、使う利用者側が読み取りするのか、使うお店側が読み取りするのかです。

  • ユーザースキャンの場合は、Origami Payのアプリ画面から支払をタップしてカメラを起動しましょう。
    そして次にお店がが提示してくるQRコードを読み取ることで決済が完了します。

反対にストアスキャン方法としては、同じくOrigami Payのアプリから支払いをタップしてQRコードを提示しましょう。
それをお店側が読み取ることで決済完了です。

多くの店舗がストアスキャン方式を導入しており、お店側が利用者のバーコードをスキャンするようになっています。

Origami Payにはいろいろな機能がある

Origami Payにはいろいろな機能が備わっています。

とくに重要な点としてOrigami Payのポイントクーポンが取得できます。
Origami Payの大きな特徴として、店舗で利用できる割引サービスがあることです。
それを利用するためには、まずはクーポンを取得しなければいけません。

クーポンを取得するためには、Origami Payのアプリにメッセージが届きます。
届いたクーポンをタップすることで支払するときなどに使用可能となります。

そしてもう1つのクーポン取得方法が、店頭でバーコードスキャンすることです。
店舗にはOrigami Payで割引されるクーポン画面などが用意されています。
それを使う場合は、アプリでバーコードで読み取る必要があります。

Origami Payはローソンで使える?使えない?

さて、ここからはOrigami Payが具体的にローソンで使えるかどうかです。

どうしてOrigami Payとローソンというフレーズが上がってきているのか。

この2つのフレーズが上がっているということは、Origami Payをローソンで使えるということだからです。
しかし、それだけではありません。

どうしてOrigami Payにローソンがくっついてきているのか。
実はOrigami Payのキャンペーンとして「ローソンで毎日、コーヒー無料」というサービスを導入してきたからです。

Origami Payのアプリに登録をした人は、ローソンで販売されているマチカフェでコーヒーが無料でもらえます。
しかも毎日もらえるようになっています。

今はセブンイレブンもそうですが、コンビニで簡易的なコーヒーサービスを行っていますよね。

その中でもローソンのマチカフェはかなりレベルが高いと言われています。
コスパ的にも、かなりいい商品だといわれています。

そんなマチカフェのコーヒーが毎日無料で飲めるということで、世間に広がっていったのでしょう。

Origami Payのアプリ内に表示されているクーポンを提示することで、全国のローソンで適用することができます。

Origami Payがどうしてこんなに人気になっているのか。
簡単決済という点もあるのですが、それだけでなく、クーポンや割引などキャンペーンを頻繁に行っているからです。

アプリ決済するだけで、割引が受けられるのであれば、誰もが挑戦してみようって思いますよね。

Origami Payはローソンでの使い方

Origami Payをローソンでどうやって使うのか。

これは先ほど説明したとおりです。

ローソンの決済する仕組みは、ストアスキャン式です。
Origami Payで決済するときは、お店にOrigami Pay決済と伝えて、スマホでQRコードを見せていきましょう。

それを読み取るだけでローソンで決済が完了します。

ローソンに限ったことではなく、バーコードを読み取るだけで、カード決済が完了するというのは非常に嬉しいことだと思います。
それが簡単にできてしまいます。

Origami Payはローソンでヨーグルトがもらえる?

先ほど伝えたマチカフェのコーヒーと同じように、ローソンではヨーグルトを無料で配布するといったキャンペーンもやっています。

そのため、Origami Payとヨーグルトが関連してキーワードとして上がってきているのだと思います。

Origami Payのアプリで利用登録することで、ローソンで「NL ドリンクヨーグルト」220g(140円)が先着90万名にもらえるようになっています。

残念ながら、コーヒーとは違い、こちらは先着順になっています。
マチカフェコーヒーの場合は、1日1杯、毎日という提供だったのですが、こちらとは違うので注意してください。

このようにOrigami Payではローソンで定期的にキャンペーンを行っています。
ローソンは全国にあるコンビニなのでちょっとしたときでも寄ることができますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください