今すぐ作れるクレジットカードあります!

Origami Payの仕組みとは?メリットからデメリットまで詳しく紹介!

以前までは現金決済が主流だったのですが、それがクレジットカードに変わり、そして今ではおサイフケータイといった便利な機能が出ています。
スマート決済することがどこでも主流な世の中になってきています。

Origami Payに先駆けて、Apple Payが登場して、Android、iPhone、ガラケーで便利にモバイル決済が可能になったのですが、独自のサービスや割引には対応しておりません。

スマート決済が可能なだけの仕組みでした。
そこで登場したのがOrigami Payです。

Origami Payは独自の割引や優待が用意されており、スマホであればどの機種でも利用可能といったメリットがあります。

そこで今回は、Origami Payの仕組みについて詳しく紹介していきます。

Origami Payの仕組みとは

Origami Payは、ローソン、ロフト、パルコ、和民、坐・和民、ケンタッキー(一部店舗)、白遊空間、無印良品、フランフラン、AOKIなどの大型チェーン店から、個人商店まで全国で2万店以上利用できるスマホ決済サービスです。

他のスマホ決済サービスに比べると、大型チェーン店の利用は少なめなのですが、どちらかというと、個人商店の利用は多いイメージです。

利用する側は、初期登録費用、年会費などは無料になっています。
アプリをダウンロードするだけなので、特にデメリットはない仕組みです。

Origami Payのアプリ内にクレジットカード情報を登録して、ショップに用意されているQRコードを読み取るだけで決済が完了します。

QRコード決済により、今までのようにクレジットカードなどでの暗証番号入力、サインをする必要がなくなるため、迅速な会計をすることができます。
お店側も利用者側もwin-winなサービスです。

Origami Payの仕組みはクレジットカード情報を複数登録できる

Origami Payのアプリでは、クレジットカード情報が複数登録できます。
それによって利用店舗などに応じて、使うカードを替えたりできるので便利です。

特に個人事情主で、私用とお店用を分けたいというときに、クレジットカードだけ切り替えてしまえば、決済が可能になります。

利用するときはOrigami Payの支払いでと伝えるだけなので、簡単です。

Origami Payの仕組み メリット

Origami Payにはいろいろなメリットが存在します。

あくまでこれは一例ですが、2%オフや10%オフといった独自の割引があります。
Origami Payは、他の決済システムとは異なり、決済額に応じてポイントが貯まるといった仕組みはありません

Origami Payのポイントが貯まらないだけで、クレジットカードのポイントは貯まるので安心してください。

ポイントは貯まらないのですが、2%オフや10%オフといった割引サービスが充実しています。
また、場合によっては、初回利用時50%オフといったサービスもあります。

Origami Payの割引も存在しますが、店舗独自のサービスもあるため、自分の好きな割引サービスから選ぶことができます。

例えばロフトではOrigami Payで支払うことによっていつでも2%オフになります。
また、10%オフも定期的開催しているため、Origami Payを使うだけでお得になります。

Origami Payの仕組みではサイフを出す機会が減る

Origami Payの仕組みを利用することで、今までサイフを出して会計していたものが、必要なくなります。
普段利用しているスマホ1つで決済することができるため、サイフを出す機会が減ります。

レジ待ちしているとき、多くの方はスマホを持ちながら待っていますよね。
その後でサイフを出すのではなく、スマホを持ったまま手続きできるため、かなり楽ですよ。

Origami Payの仕組みではクレジットカードの情報保護

お店でクレジットカード利用をするとき、お店側にもクレジットカード情報が伝わってしまいます。
何もないかもしれませんが、万が一ということを考えると、ちょっと不安ですよね。

Origami Payの仕組みを使えば、クレジットカード情報がお店に渡ることはありません。
Origami Payの中で厳重に管理されているため、安心してください。

Origami Payの仕組みではいろいろなスマホに対応

Origami Payと他の決済システムと違う点は、スマホ対応数の多さです。

例えばアップルペイの場合は、アップル製品でなければ利用することができませんでした。
Origami Payはアプリのダウンロードができれば、どのスマホでも利用することができます。

つまり格安スマホであっても利用することができます。
またお財布携帯機能がついていない機種でも対応できるので、今までよりも幅が広がりました。

Origami Payの仕組みでは現金が不要

お財布いらずというところに繋がってきますが、Origami Payを使うことで、小銭や紙幣の管理も不要になってきます。

店舗を利用したときに、消費税を含めると円単位まで細かくなることが多いです。
その都度、小銭を出す、紙幣を出していくと、どんどんサイフの中身が膨れ上がってきてしまいます。

千円札を使って支払うと小銭が山のようになってしまい、サイフが重くなります。
小銭を上手く使い合わせてお釣がでないように調整すると思います。
その時間もけっこう手間だと思います。

小銭を探している時に、スタッフから無言のプレッシャーも感じますしね。
そういった意味も含めると、Origami Pay利用で支払うことのメリットを感じますよね。

また現金の場合は、ATMでお金を下ろすことも多いですよね。
時間帯によっては長蛇の列になっていることもあるため、そういった待ち時間も無くすことができます。

Origami Payの仕組み デメリット

Origami Payの仕組みのメリットを多く紹介しましたが、ここからはデメリットを紹介します。

Origami Payのデメリット、それは加盟店が少ないことです。
とはいってもここ1年でかなり増加しているため、これから月、年を過ごすことにどんどん増えてきます。

現時点では他の決済システムに劣ってしまうかもしれませんが、これからのことを考えると、デメリットは払拭できるのではないかなと思います。

どうしても電子マネー機能が先行してしまっていたため、その普及率が高くなっているのですが、Origami Payはそれに加えてさまざまなメリットが用意されており、さらに普及はしていくでしょう。

Origami Payの仕組みは少し手間がかかる

他のスマホ決済システムに比べると、ちょっとだけ手間がかかります。

おサイフケータイの場合は、決済端末に携帯をかざすだけで支払いが完了します。
アップルペイの場合も認証するだけで決済が完了します。

Origami Payの場合は、自分でOrigami Payのアプリを起動して、QRコードを読み取る作業というのが必要なので、どうしても手間がかかってしまいます。
このQRコードを読み取る作業という、ひと手間がかかることを覚えておいてください。

Origami Payの仕組みは、ポイントカードは別途提示が必要

Origami Payの仕組みでは、各種ポイントカードの提示は別途必要になってきます。
あくまでOrigami Payは決済をするだけの仕組みなので、ポイントカードの登録はできません。

そのため、Tポイントカード、dポイントカードなどは別で提示が必要です。
Origami Payの加盟店の中にはこれらのポイント利用ができるお店が多いです。

現金で支払うときと同じイメージになるかもしれませんが、ポイントカードを出す必要があります。
ポイントカードがサイフに入っている人からすると、結局はサイフを出すことになってしまうので、メリットがそこなわれてしまうかもしれませんね。

スマホのカバーに普段使うポイントカードを入れられるタイプが用意していればいいですが、ちょっとポイントカードの管理に手間がかかりますね。

今はまだ無理かもしれませんが、いずれポイントカードも登録できる仕組みができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください