今すぐ作れるクレジットカードあります!

Origami Payのメリットとは?デメリットも含めて詳しく紹介!

Origami Payとは会計するのが便利になる決済システムです。

今まで現金決済だったものから、クレジットカードや電子マネーといったものに変わり、かなり便利になったと思います。

さらに、おサイフケータイといったものが登場し、スマホで会計ができてしまう仕組みが登場しました。

今回紹介するのは、最近キーワードとして出てくるOrigami Payです。
Origami Payも先ほど紹介したものと同じような会計システムです。

そこで今回はOrigami Payは他のシステムとどう違うのか。
どういうところにメリットがあるのかなど、詳しく紹介していきます。

Origami Payのメリットとは

Origami Payには他の決済システム、QRコード決済にはない仕組み、メリットがあります。

今までクレジットカードを使っていた人は、支払いの都度、暗証番号の入力、もしくはサインをしていたと思います。
Origami Payはそれが必要なくなります。

Origami PayはQRコード決済システムを導入しており、スマホのカメラ機能を使ってバーコードを読み取るだけで決済ができてしまいます。

今までクレジットカードでしていたちょっとした手間がなくなります。
そしてもう1つ会計に繋がることとしては、スマホ対応になるため、サイフを出さなくてよくなります。

多くの方はレジで並んでいるときにスマホを触りながら待っていますよね。
そしてレジにくるとサイフを出してという流れだったと思います。

Origami Payを使うことでそれがなくなるため、利便性が高くなります。

Origami Payのメリット①店舗独自の割引

Origami Payのメリットは店舗独自の割引が用意されていることです。
2%や10%などの店舗独自のキャンペーンを打ち出しているところもメリットです。

今までのアプリでは、アプリとしての割引やキャンペーンなどはあったのですが、それ以外のものは存在していませんでした。

Origami Payには他のアプリのようにアプリ内にポイントが貯まるというものはありません。
ポイントが貯まるのはないけれど、割引が大きいです。

ポイントって皆さんどれくらいの還元率かご存知ですか。
多いところで2%とかありますが、基本的には0.5%から1%といったところが平均的です。

Origami Payはアプリ独自の割引として常に2%割引が適用されます。
ポイントを貯めるよりお得だと思いませんか。

Origami Payのメリット②キャンペーンが豊富

Origami Payのメリットは、キャンペーンが豊富なところです。

過去にやっていたキャンペーンの中では、期間中にOrigami Payを使って支払いをしてエントリーすると、Origami Payで使える22%オフクーポンというのが2,222名に当たるというものです。

さらには、1,000円オフキャンペーンというのも開催されていました。
とにかくお得になるキャンペーンが定期的に開催されているのがOrigami Payのメリットです。

Origami Payのメリット③スマート決済が可能

Origami Payのメリットは、スマート決済ができるところです。

先ほども紹介しましたが、サイフを出さなくていい、提示されたQRコードを読み取るだけで会計ができてしまいます。

それに加えて割引もある、デメリットがないアプリシステムだと思います。

支払い先に選択するのはクレジットカードか銀行口座です。
クレジットカードの場合、複数のカードを登録することもできるため、利用先によっては支払いを分けるといったことも可能です。

セキュリティ向上にも繋がります。
今までは利用先ごとにクレジットカード情報が伝わっていたため、万が一不正に使われてしまうということも考えられたと思います。

しかし、Origami Payの場合は、Origami Pay内でしか情報は持っていません。
利用先の店舗へはクレジットカード情報が伝わることがないため、不正ということを狭くすることができます。

Origami Payのメリット④どんなスマホでも使える

これもOrigami Payのメリットです。

今までおサイフケーターといった機能や、アップルペイといったものは、対応できる機種が限られていました。

しかしOrigami Payはどのスマホでも対応可能です。
アプリのダウンロードさえできれば、古いものでも利用できるのはメリットです。

今は格安スマホが出ていますよね。
あのほとんどは海外製のため、おサイフケータイ機能が搭載されていないため、使いたくても使えないといったことが多かったと思います。

Origami Payのデメリット

Origami Payはメリットばかりではありません。
やはりデメリットも中には存在します。

それは加盟店が少ないことです。
電子マネーのIDやクイックペイと比べてしまうと、まだまだ使えるところは少ないです。

ただ、加盟店は増え続けています。
大手チェーン店でいうと、コンビニのローソン、牛丼の吉野家といったところが、加盟店として名乗りをあげているため、これからどんどん増えていくと思います。

今では普及率が高くなっていますが、電子マネーも最初は少なかったです。
人々が便利だと感じてくると、急速に広がっていくと思います。

使える店舗はOrigami Payのアプリ内で、地図検索できます。
自分の今いる場所付近のOrigami Payが使えるお店を表示してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください