今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

Origami Payはアウトレットで使える?どこで使えるのか詳しく紹介!

Origami Payは最新のQRコード決済システムです。

もともとは現金決済からクレジットカード決済といった便利な仕組みがあったのですが、それをさらに便利にする仕組みとしてQRコード決済が導入されました。

その先がけというのが、Origami Payです。
Origami Payはスマホ内にあるアプリケーションのことです。
このアプリを利用することで、スマホで会計処理ができてしまいます。

そこで今回はOrigami Payで使えるところはどこなのか紹介します。
Origami Payはどこで利用することができるのでしょうか。
皆さんが気にしているアウトレットを中心に紹介していきたいと思います。

Origami Payとはアウトレットで使えるQRコード決済

Origami Payのことをイマイチ分かっていない人も多いです。

Origami PayとはQRコード決済の仕組みです。
お店で会計をするときに、スマホ内のアプリを立ち上げて、QRコードを読み取る、読み取らせることで決済をする仕組みです。

お店側でQRコードを生成して利用者側が読み取るのか、利用者側でQRコードを生成してお店側が読み取るのか、この違いになります。

これらはお店が入れている仕組みによって変わってきますが、どちらも対応可能になっています。
アプリで起動するだけなので特に影響はないです。

利用者は初期登録費用も無料なので、便利ですよ。
特にデメリットもないですね。

事前にアプリにクレジットカードを登録しておくことも可能です。
しかも複数のクレジットカードが登録できるため、とりあえず自分が使っているアクティブクレジットカードであれば、登録しておきましょう。

Origami Pay は手間が省ける

Origami Payがどうしてできたのか。
今までクレジットカード決済や電子マネー決済で事足りていた気がしますよね。

でも人は、どんどん便利なものを求めています。
Origami Payはその人の心理を動かした仕組みなのだと思います。

クレジットカードの場合、お店で支払いをするときに暗証番号の入力や、サインを記載する必要がありました。
その手間が面倒くさいと感じていた人も多いでしょう。

それとクレジットカードを持ち歩く、財布から出すといった手間がかかります。
Origami Payであれば、スマホ1つで決済ができます。
スマホ内の決済であれば、財布をいちいち出さなくていいですからね。

支払いをするときにOrigami Payの利用と伝えるだけで、専用端末に自分のスマホを近づけるだけです。
こんなに便利な世の中がやってくるとは思いませんでしたね。

複数のクレジットカードが登録されているため、使用するクレジットカードも変更することが可能です。

Origami Payが使えるアウトレットなどのお店一覧

Origami Payが使えるお店を見ていきましょう。

最近では、牛丼の吉野家でも使えるようになりました。
どんどん使えるお店が増えている傾向です。

  • ローソン
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 和民
  • Zoff
  • Right-on
  • LOFT
  • ロクシタン
  • 自遊空間
  • AOKI
  • パルコ

これらの店舗が現状は使えるようになっています。

他にもQRコード決済をするサプリはあるのですが、それと比べるとOrigami Payは個人商店で使える店舗が多い傾向です。
他のアプリの場合は、大手チェーンが使えるようになっており、そのあたりの差別化を図っているのかもしれません。

どちらがいいかは分かりませんが、大手だけでなく、ちょっと出かけたときに使える身近な店舗も大事かなと思います。

Origami Payが使えるアウトレットはあるのか

Origami Payが使えるアウトレットモール情報を紹介します。

アウトレットモールと聞くと、どこが思いつきますかね。
私が思いつくアウトレットモールといえば、「プレミアムアウトレット○○」「三井アウトレットパーク○○」という場所が思いつきますね。
この2つが日本では二大アウトレットモールとなります。

これら2つには実は特徴があります。
というより、それぞれのアウトレットモールが差別化を図っています。

Origami Payが使える?使えない?プレミアムアウトレット編

プレミアムアウトレットではOrigami Payが使えるお店と使えないお店があります。
これはアウトレットモールの違いではなく、店舗によって使えるかどうかになります。

入っているお店も変わってくるため、たびたび確認が必要ですね。

プレミアムアウトレットは、三菱地所が運営するアウトレットモールです。
実は開業当初はプレミアムアウトレットという名称ではなく、チェルシー・プレミアムアウトレットという名前でした。

親会社に海外のチェルシーがついていたのでしょう。
それから日本独自となり、今の形になっています。

初めて登場したアウトレットモールが「神戸三田」「りんくう」のアウトレットモールです。
今でこそ聞きなれた名前ですが、当時の認知度は低かったですね。

プレミアムアウトレットの特徴

プレミアムアウトレットの特徴は、車でこられる立地というのが条件になっています。
そのため、多くのところが郊外で駐車場の広い場所にあるのではないでしょうか。

買い物をして車で帰るといったことがスタンスになっているアウトレットモールです。

皆さんの近くのアウトレットモールを思い浮かべると分かると思います。
行くまでにけっこう遠かったということありませんか。

アウトレットはついつい安く手に入るため、普段は買わないようなものでも購入してしまうことがありますよね。
でも大きいものの場合、車がなかったら持って帰るのが大変になってしまいます。

そういう心理をつくために、プレミアムアウトレットは郊外で車で来ることを目的に作られています。

せっかくここまで来たからには、何か買って帰ろうという気にもなってしまいますからね。

施設内はモダンな古い町並みがイメージされています。
ところどころでレトロなデザインが使われており、高級品を通常よりも安く購入できるようなショップが多いです。

今でもどんどん拡大しており、モール数も増えております。

Origami Payが使える?使えない?三井アウトレット編

三井アウトレットでは、Origami Payが使えるお店と使えないお店両方があります。

こちらもアウトレットで統一している訳ではなく、店舗ごとにOrigami Payが使えるか使えないか判断が必要です。

最初に紹介した店舗のチェーン店が入っているのであれば、Origami Payが使えるところがあります。
それ以外にも個人店であってもOrigami Payが使えることができるため、最新の情報が必要ですね。

三井アウトレットの特徴

三井アウトレットは日常のアウトレットを意識しています。

ブランド品の中でも馴染みのあるブランドが多く、価格的にも購入しやすい値段設定がされています。

ザ・アウトレットといった感じでしょうか。

2大アウトレットの違い

アウトレットは紹介した2つが大きなジャンルとなります。
他にも小さなところはありますが、大きなジャンルはこの2つで問題ありません。

2つのアウトレットの特徴をまとめてみると、

 

プレミアムアウトレットの特徴三井アウトレットの特徴
・有名ブランドのB品(傷物)や型落ち品を安く販売

・1店舗当たりの店内が広くゆったり

・車で来ることが前提なので駐車場は広く無料がほとんど

・通常のショッピングモールにある店舗が多い

・店舗数が多いが狭い店舗も多い

・公共交通機関で来る事も視野のため場所によっては駐車場代が掛かる

多くの方は、アウトレット内にどんなブランドが入っているかで選んでいると思います。
自分の好みのブランドが多く入っているほうに行くスタイルかなと。

ただ、郊外で車でいくということを想定すると、プレミアムアウトレットがいいでしょう。

Origami Pay が使えるアウトレットなどは地図で探せる

Origami Payが使えるお店をどうやって探すことができるのか。

Origami Payのアプリを起動して、地図で検索をすると、自分の今いる付近の情報が見られます。
地図上でOrigami Payが使えるお店が出てくるため、アウトレットモールに行ってから、どこのお店で使えるのか情報を調べても問題ありません。

最初から調べていくというよりは、そのお店に入ってから使えるのか調べてもいいと思います。
使えるお店であれば、財布も出さなくていいし、クレジットカードのように暗証番号やサインを書く手間もなくなりますよ。

使える機能は使ってしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください