mufgカードは海外キャッシングに向いてる?徹底解説!

カテゴリー:キャッシング 

MUFGカード スマート

mufgカードは、三菱UFJ銀行VISAのカードと違い発行元は三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードで三菱UFJニコスはMUFGの系列の信販会社です。mufgカードの海外での海外キャッシングサービスの利用法や利息の金利や使い方についてまとめてみました。

mufgカードで海外キャッシングは可能?

mufgカードでは海外キャッシングサービスが可能で、クレジットカードがあれば、両替所の窓口が閉まっている時間帯や曜日でも提携金融機関のATMを利用して現地通貨を入手できることができて便利です。選べるカードの国際ブランドはマスターカード、VISA、JCBを選ぶことができて、国内国外での利用頻度に合わせて選ぶことができます。

たくさんの現金を持ち歩くことで生じる現地でのカバンのひったくりや財布のスリなどのリスクを回避できるというメリットがあります。海外ではチップをレストランなどで払う地域も多く、日本円しかもっていない場合、払うことができません。ですから、提携ATMがあれば現地通貨の入手できる海外キャッシングサービスは旅行者に便利なサービスであると言えます。

mufgカードの海外キャッシングは繰り上げ返済可能?

mufgカードの海外キャッシングサービスは繰り上げ返済が可能で、カードの契約者である本人が、mufgカードのコールセンターへ連絡して申し出ることで、繰り上げ返済が可能になります。コールセンターで振込金額や振り込み先の指定口座を案内されます。

振込手数料は振込側のカードの保有者の負担となりますのでご了承ください。また、銀行など金融機関等のATMからはご返済いただけません。また、繰り上げ返済の場合、返済は明細ごとの一括返済となり、返済総額の中から一部を指定して返済するということはできません。

ですので海外キャッシングサービスの繰り上げ返済のコールセンターへの連絡の前にはあらかじめ海外キャッシングサービスの利用総額について確認すると良いです。

国内でのキャッシングについて

MUFGカード・イニシャル学生カードの国内キャッシング利用についての記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。
参考記事MUFGカード・イニシャル学生カードの国内キャッシングについて

mufgカードの海外キャッシングの返済方法は?

mufgカードは原則として、海外での利用は海外キャッシングサービスも海外でのショッピングも1回払いの一括払いとなっています。ただし、帰国前「楽Pay(らくペイ)・帰国後(あとdeリボ)に申請することでリボ払いにして、月々の返済を平準化することができますし、帰国後に「あとde分割」という分割払いへの変更も可能で、mufgカードは返済の自由度が高いクレジットカードとなっています。

ちなみに、円と両替した現地通貨とのレートはVisa Worldwide、Mastercard、JCBのそれぞれの決済センターでATMからの利用データを処理する際に各々が指定したレートを使用するルールになっています。そして為替の適用レートに日本国外での利用に伴う事務処理コストとしてmufgカードが定めた2.00%(税別)を加算したレートで円貨に換算します。またJCBについては、JCBが定めた1.60%とmufgカードが定めた0.40%(税別)を加算したレートで円貨に換算します。

mufgカードの海外キャッシングができない場合の対処法は?

mufgカードで海外キャッシングサービスを利用できない場合には、VISA、マスターカード、JCBそれぞれの提携金融機関の窓口で海外キャッシングサービスができます。窓口での海外キャッシングサービスは本人確認書類であるパスポートと、mufgカードを窓口で提示して、希望する金額と場合によってはサインか暗証番号を入力して、現地通貨と受け取り票を受け取ります。

また、クレジットカードの国際ブランドの提携のマークが有るか確認してから利用すると良いです。VISAカードはVISAマークとPLUSマーク、MasterCardはMasterCardのマークとCirrusというマーク、JCBはJCBのマークとCirrusというマークがあれば提携しているATMであることがわかります。

mufgカードの海外キャッシングのやり方は?手順を丁寧に解説

mufgカードの海外キャッシングサービスの利用方法ですが、海外ATMでの海外キャッシングの利用方法は日本国内のキャッシングと同じく、カードを設置してあるATMに挿入し画面表示に従い暗証番号、引き出したい金額を入力するというものです。海外での注意点は海外のATMは暗証番号を数回間違えるとセキュリティ上の理由でカードが飲み込まれてしまうことがあるので注意が必要です暗証番号は4桁で事前の申込時のものですから注意が必要です。

日本語対応がしているATMもあるのですが日本語対応していないATMの場合は英語を選択し「ENTER PIN(暗証番号入力)」の画面で暗証番号を入力しその後「CREDIT CARD WITHDRAWAL(クレジットカードでの引き出しWITHDRAWNだけの場合も)」を選びその後金額を入力します。
ちなみに海外キャッシングサービスと海外キャッシュサービスの違いは、海外キャッシングサービスは海外で借り入れをすることで、海外キャッシュサービスは海外で日本の預金を引き出すという違いです。

mufgカードの海外キャッシングでは利息はどのくらい?

mufgカードの海外キャッシングサービスの利息は実質年利18.00%となっています。計算方法は1年を365日とし日割り計算で借入金にたいして金利が加算されていきます。mufgカードでは海外キャッシングサービスの利用代金の利息は日割り計算のため1日毎に利息がかかる為、素早い返済が利息分の節約につながるため、日本に帰国してすぐ返済することで節約できます。

また、繰り上げ返済しない場合は締め日は15日締めで支払日は翌月10日払いの為、仮に14日に海外キャッシングサービスを利用すると、約3週間の日割り計算の利息がかかることになります。ちなみにmufgカードの遅延損害金の金利は未払債務の元金全額に対し年19.92%を乗じた額となっているので、送れずに払えるように利用しましょう。

mufgカードの海外キャッシングの金利を下げる方法は?atmで繰り上げ返済?

mufgカードの海外キャッシングサービスの金利を下げるには、繰り上げ返済が有効です。mufgカードでは、事前にコールセンターにカードの契約者本人が連絡を入れることで銀行振込による繰り上げ返済が可能です。

ただし繰り上げ返済は未払いの残金を一括返済することになりますから海外キャッシングサービスで一括返済する場合は利用金額は常に返せる範囲に抑えておかないといけません。また、海外キャッシングサービスは利息は日割り計算でかかりますが、海外ショッピングは日本国内での利用と同じ扱いになる為、なるべくキャッシングは利用せず、海外ショッピングを利用すれば海外キャッシングサービスの手数料と利息の負担を抑えることができます。

mufgカードの海外キャッシングは設定が必要?

mufgカードの利用には事前の海外キャッシングサービスの利用枠の審査が必要で、前もっての申請が必要です。そのためには本人確認書類を送り三菱UFJニコスでの審査を通る必要があります。

海外キャッシュサービスの暗証番号はmufgカードから自宅宛で簡易書留で「暗証番号通知書」を送ってもらう必要があり、出発のすぐ直前に依頼しても、暗証番号通知書の郵送が間に合わないことがありますから、旅行に前もって早めの連絡が安心です、自分の保有するクレジットカードの暗証番号の確認方法はインターネットでのログイン、電話でのコールセンターでの申込みの2つの方法がありインターネットでは即座に確認できます。また、以前作った海外キャッシングサービスの枠の確認はインターネット上で確認できます。

mufgカードの海外キャッシングまとめ

mufgカードでの海外キャッシングサービスは一般的なクレジットカードの金利水準と同じ水準であり、また、信販会社らしく高い還元率があり、Tポイントや楽天ポイント、dポイントなどに交換できる為、ポイントがとてもお得に利用できます。

mufgカードは、初めて持つクレジットカードとしておすすめのクレジットカードの一つです。また、mufgカードはクレジットカードの付帯保険が手厚く海外旅行に持っていくのにピッタリです。

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

皆さんのコメント

COMMENT

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本日の注目キャンペーン

PAGE TOP ↑