今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

リクルートカードは海外キャッシングに向いてる?徹底解説!

今回ご紹介するのは、人気の高いクレジットカード「リクルートカード」についてです。今回リクルートカードをつかって使用できるサービスの中の、特に海外キャッシングサービスに注目して調べました。海外で便利なサービス海外キャッシングについてぜひチェックしてみてください。

リクルートカードで海外キャッシングは可能?

海外へ旅行や出張に行く機会の多い方に、ぜひおすすめしたいのが、クレジットカードによる「海外キャッシュサービス(インターナショナルキャッシュサービス)」です。クレジットカードは、海外に行くなら必須と言われるほどのアイテムです。現地通貨を、両替所よりも手軽に安く手にすることができるサービスで、持ち物もクレジットカードだけでもいい非常にセキュリティも強力なサービスなのです。では、今回ご紹介の「リクルートカードでは、海外キャッシングサービスは利用できるのでしょうか?

ご安心ください、「リクルートカード」は海外キャッシングサービスが利用可能なクレジットカードになっています。空港や町中のコンビニなどさまざまな場所にあるATM・CDでキャッシングが行えます。

リクルートカードの海外キャッシングは繰り上げ返済可能?

海外キャッシングサービスとセットでおすすめしたいのが、海外キャッシングサービスで利用した金額を、できるだけ安い金利で返済する「繰り上げ返済サービス」の利用です。

海外キャッシングサービスで借りたお金は、必ず返済が必要です。その返済の手段のひとつとして、一括で出来るだけ早く返済することをおすすめします。海外キャッシングの利用データが、海外の銀行からクレジットカード「リクルートカード」まで届いたあとで、利用できるサービスです。データが確認できるまでに4日程度かかることがほとんどのようです。「リクルートカード」では、の海外キャッシングの繰り上げ返済も利用が可能です。リクルートカードの海外キャッシング分一括返済方法は、MUFGカードファイナンスデスクに連絡後に支払う方法になります。

リクルートカードの海外キャッシングの返済方法は?

「リクルートカード」の海外キャッシングサービスを利用した金額を返済する方法は、なんの手続きもおこなわなければ、毎月15日の締め切り日までに届いたデータを、翌月10日の引き落とし日までに指定の金融機関口座へ入金しておきましょう。そうすると自動的に引き落としがかかります。海外キャッシングを利用した利用日翌日から支払い日までの期間に日割りで利息が発生します。

その利息と、海外のATM利用手数料、そして海外キャッシング利用分を合計した金額が「リクルートカード」に支払う金額です。利用明細や、利用可能枠の詳細な確認方法は、各カード会社会員専用ページで確認が可能となっています。リクルートカードでは、Mastercard(R) / Visaをお持ちの方は三菱UFJニコスの会員サービスで、JCBをお持ちの方は、MyJCBという会員サービスで確認が可能です。ぜひ、チェックして金額が不足してしまうなどの事態を避けましょう。無用な遅延損害金が発生してはもったいないですよ!

リクルートカードの海外キャッシングができない場合の対処法は?

いざ海外で利用しようと思っても、突然利用する際に「リクルートカード」で海外キャッシングが使えないとわかったらパニックになってしまいますよね。そんな時のために覚えておきたいのが、どんなときに海外キャッシングサービスが利用できなくなってしまうのか、という内容です。もしもの時の場合の原因と対処法を知っておきましょう。

キャッシング利用枠がなくなってしまっていないか、これは事前に確認しておきましょう。利用枠がなければ利用することができません。もちろん、きちんと支払い日にキャッシング利用分の返済を行っているかも念のため確認しましょう。また、海外での利用の際には、セキュリティがかかってしまう可能性もあります。その場合には、セキュリティのロックがかかる可能性もあります。その際は、リクルートカードの窓口に連絡して確認が必要です。

リクルートカードの海外キャッシングのやり方は?手順を丁寧に解説

では、実際にリクルートカードをつかって、海外キャッシングのやり方をご紹介します。海外にあるATMは、国内のものと違うため、注意してください。しかし、操作自体は、あまり日本の操作を変わりありません。

1.リクルートカードをATMに挿入します。
2.この時、言語の選択が出てくることがありますが、言語は「English」を選択しておくのがもっともおすすめです。
3.出てきた入力画面の中にリクルートカードの4ケタ暗証番号を入力します。
4.メニューの中で「THEN PRESS THIS KEY」のボタンを押します。
5.「CASH WITHDRAWAL」を選択します。
6.「CREDIT CARD」を選択します。
7.ここまで来たら、あとは希望の金額を入力しましょう。
8.ここまでの操作で問題がなければ現金とカードを現地通貨で受け取ることができるので、完了です。

一緒に利用明細が出てくるので、これも以降のトラブルを避けるためにも、一緒に持って帰りましょう。

リクルートカードの海外キャッシング では利息はどのくらい?

「リクルートカード」の海外キャッシングサービスを利用した利率は、リクルートカードと暗証番号があれば利用が可能なサービスです。リクルートカードのブランドは、2種類あります。1つが、三菱UFJニコス株式会社(Mastercard(R) / Visaブランドをお持ちの方)です。こちらは、融資利率(実質年率)が14.95%~17.95%です。もう1種類は株式会社ジェーシービーです。こちらは、15.00%~18.00%です。

たとえば、海外現地通貨を手に入れる場合の手段として、両替がありますが、両替を利用するとかなりの手数料が取られます。両替よりも海外キャッシングを利用する方が、圧倒的に手数料が安いためおすすめのサービスになっています。海外キャッシングサービスを利用すると無駄な手数料を払わずに済むというメリットが高いサービスなので、是非ご使用ください。

リクルートカードの海外キャッシングの金利を下げる方法は?atmで繰り上げ返済?

では、実際に海外キャッシングサービスを「リクルートカード」で利用した場合には、金利が発生します。この海外キャッシングサービスの金利を少しでも安くおさえることができる方法があります。それが、繰り上げ返済です。

海外キャッシングサービスを利用したあとに、一括で返済することで利息の発生を減らす手順になっています。利用後なるべく早めに一括返済することが、手数料と利息を安く抑える手段ですが、ATMからの繰り上げ返済は利用可能なのでしょうか。海外キャッシングサービスの場合には、利用伝票が4日程度でセンターに届きます。それ移行であれば、繰り上げ返済が可能です。しかし、残念ながらATMでの利用はできません。リクルートカードの場合には、窓口に電話をしてから指定の振込金額を振込先に振込んで繰り上げ返済となります。

リクルートカードの海外キャッシングは設定が必要?

では、「リクルートカード」で実際に海外キャッシングを利用するとしたら、何か設定が必要なのでしょうか?リクルートカードは、キャッシングサービスの利用可能枠が設定されている状態であれば、特別な設定は必要ないクレジットカードになっています。キャッシングサービスを利用することができないクレジットカードであれば、利用の登録、申し込み、場合によってはキャッシングの増枠が申し込みが必要になります。

これから作るという方は、キャッシングサービスには申し込んでおくのがおすすめです。自分のキャッシングサービスの枠がどれくらいあるのか、ぜひ、海外に行く前にチェックしておきましょう。もしもの時、キャッシングが利用できないとなると審査もあるため、時間がかかります。

リクルートカードの海外キャッシングまとめ

リクルートカードの海外キャッシングについてご紹介しましたが、いかがでしょうか。リクルートカードは、海外のキャッシングサービス以外でも、ポイントやさまざまなメリットが多いといわれるクレジットカードです。もし、まだクレジットカードをどれにしようか悩んでいるという方は、リクルートカードも検討してみてはいかがでしょうか。

特に、今回ご紹介した海外キャッシングは、両替よりもお得だといわれることも多いので、チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください