6月末の住民税納付に間に合う最短発行カード💨

PASMOのオートチャージ、チャージ可能なクレジットカードと申込方法を解説!

電車やバスだけでなく、買い物にも使えるPASMO。カード一つで買い物できて便利な反面、面倒なのが券売機で行うチャージですよね。PASMOのオートチャージサービスを利用すれば、自動改札機にタッチするだけで設定した金額を自動でチャージしてくれるので、残金不足に悩まされる心配がありません。今回は、オートチャージ可能なクレジットカードや申し込み方法などを紹介します。

PASMOのオートチャージとは

pasmo

引用元:PASMOの種類

電車やバスなどの交通機関の他、コンビニや自動販売機などの支払いにも使えるPASMO。

どこでも使えて便利な反面、券売機に並んでチャージするなど手間を感じる人も多いと思います。

PASMOのオートチャージサービスを使えば、改札機にタッチするだけで自動的にチャージすることが可能となり、現金を用意して自分でチャージする必要がありません。

PASMOのオートチャージサービスは、PASMOの残高が2,000以下になった場合、自動的に3,000円チャージされる仕組みになっています。

オートチャージの設定金額は1,000円単位で10,000円まで券売機で設定することができ、利用限度額も1日10,000円、月50,000円までとなっているので使い過ぎも防止できます。

残高を気にせず買い物にも利用できるので、普段からPASMOを使う人にはおすすめのサービスとなっています。

PASMOのオートチャージならポイントが貯まる

Suicaは提携店舗で電子マネーとして利用するとポイントが付与されますが、残念ながらPASMOにはそのサービスがありません。

しかし、PASMOのオートチャージサービスを利用した場合と、一部の路線にある駅構内の売店などで電子マネーとして利用した場合はポイントを貯めることができます。

通常のお買い物でクレジットカードを利用した場合に貯まるポイントも、PASMOへのチャージに使うことができるので、PASMOをよく利用する方にはオートチャージサービスがおすすめです。

PASMOのオートチャージが可能なクレジットカードは?

オートチャージでPASMOを使うには、クレジットカードの登録が必要になります。

オートチャージに対応したクレジットカードは限られており、以下のカードが対象となります。

  • パスタウンカード
  • 小田急OPクレジットカード(JALカードOPクレジット)
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイントゴールド/シルバー
  • 京成カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン/SEIBUプリンスカード
  • 相鉄カード
  • 東急カード
  • 東武カード
  • Tokyo Metro to Me CARD(ソラチカカード)
  • 横浜交通hama-dco card

オートチャージサービスはクレジットカードを利用しているので、チャージする度にクレジットカードにポイントが付与されます。

ここで紹介したオートチャージに対応しているクレジットカードは基本的なポイント付与率は0.5%となっていますが、どの沿線に住んでいるか・どの店舗を多く利用するかでクレジットカードのポイント還元率は大きく変ってきます。

普段よく利用するお店や貯めたいポイントがある場合は、そのポイントを貯められるクレジットカードを使うことをおすすめします。

PASMOのオートチャージに利用できるクレジットカードを比較してみた

上記で紹介した10種類のクレジットカードを元に、年会費と還元率を比較しました。

クレジットカードを選ぶ際の参考にしてみてください。

パスタウンカード

現在、パスタウンカードの新規入会は受け付けておりません。

パスタウンカードを使いたい方は、PASMOとクレジットカードが一枚になった「パスタウンPASMO」に申し込む必要があります。

年会費は1,250円ですが、入会時に「マイ・ペイすリボ」を指定することで無料になります。

基本的な還元率は0.5%で、PASMOチャージによる還元率も0.5%になります。

小田急OPクレジットカード(JALカードOPクレジット)

初年度の年会費は無料。次年度以降は500円ですが、年間1度の利用で翌年も無料になります。

PASMOチャージによる還元率は0.5%。

小田急ポイント加盟店で利用した場合は最大で5%の還元率となります。

JALマイルを貯めることもでき、マイルを貯めたい方にはおすすめのカードです。

京王パスポートカード

初年度の年会費は無料。次年度以降は239円ですが、年間1度の利用で翌年も無料になります。

基本的な還元率は0.5%ですが、PASMOオートチャージによるポイントは残念ながら付与されません。

京急プレミアポイントゴールド/シルバー

年会費は永年無料。

PASMOチャージによる還元率は0.5%。

基本的な還元率も0.5%ですが、京急プレミアムポイント加盟店では1.0%になります。

京成カード

年会費は500円。

基本的な還元率は0.5%で、PASMOチャージによる還元率も0.5%になります。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン/SEIBUプリンスカード

年会費は永年無料。

PASMOチャージによる還元率は0.5%ですが、永久不滅ポイントとして貯まるので有効期限を気にせず使えます。

JALマイルを貯めることもでき、マイルを貯めたい方にはおすすめのカードです。

相鉄カード

年会費は永年無料。

基本的な還元率は0.5%で、PASMOチャージによる還元率も0.5%になります。

東急カード

初年度の年会費は無料。翌年からは1000円かかります。

PASMOチャージによる還元率は0.5%ですが、web明細サービスに申し込むことで1.0%になります。

東急グループで利用した場合、1~3%の還元率となります。

東武カード

年会費は永年無料。

PASMOチャージによる還元率は0.5%。

「東武スカイツリー東武カードPASMO」を利用した場合は、2年目以降1,000円の年会費がかかる代わりに還元率は1.5%になります。

Tokyo Metro to Me CARD(ソラチカカード)

初年度の年会費は無料。次年度以降は2,000円になります。

PASMOチャージによる還元率は0.5%。

ANAマイルを貯めることもでき、マイルを貯めたい方にはおすすめのカードです。

横浜交通hama-dco card

初年度の年会費は無料。次年度以降は1,250円ですが、横浜市営地下鉄やバスの定期券を購入することで無料になります。

基本的な還元率は0.5%で、PASMOチャージによる還元率も0.5%になります。

PASMOのオートチャージにおすすめのクレジットカードは?

PASMOオートチャージサービスの支払いのみで見るなら、web明細を申し込むことで0.5%から1%に還元率がアップする東急カードがおすすめです。

しかし、クレジットカードのポイント還元率は、加盟店を利用するなど支払う場所によってどの会社も大きく変わってきます。

オートチャージサービスだけに限定せず、日常的にクレジットカードを使うなら、よく利用する沿線や加盟店に対応したクレジットカードを使うことがおすすめです。

PASMOのオートチャージを申し込む方法

PASMOのオートチャージサービスを利用するには、事前の申し込みが必要になります。

申し込みに必要なものは、上記で紹介したいずれかのクレジットカードとオートチャージサービスに対応しているPASMOです。

申込書はPASMO鉄道事業者の駅かカード会社でもらうことができるので、窓口に申し出てください。

まずは、記名PASMOも対象となるクレジットカードも持っていない場合の申込方法を説明します。

  1. オートチャージサービスに対応しているクレジットカードを選ぶ
    オートチャージサービスに対応しているクレジットカードを持っていない方は、まずはクレジットカードの新規申し込みが必要になります。パスタウンカードは現在新規で入会することができませんので、パスタウンカード以外のクレジットカードを選ぶか、PASMOとクレジットカードが一枚になった「パスタウンPASMO」に申し込む必要があります。

    クレジットカードの入会金や年会費は会社によって異なりますので、その点だけ注意が必要です。
    自分に合ったクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

  2. 申込書の受け取り・記入・送付
    PASMO鉄道事業者の駅かカード会社でPASMOオートチャージサービス申込書を受け取り、必要事項を記入します。申し込みにはPASMOのデポジット(預り金)として500円が必要になり、登録に使ったクレジットカードから支払われる仕組みとなっています。

    オートチャージサービス付PASMOは、登録された本人以外は使えないサービスとなっており、クレジットカードの名義人に限ります。

    本人ではなく、家族用のオートチャージサービス付PASMOを申し込みたい場合は、クレジットカード会社にお問い合わせください。

  3. PASMOの受け取り・記名
    申し込みから4週間ほどで、クレジットカード会社に登録した住所へとPASMOが届きます。PASMOが届いたら、必ず裏面に記名をするようにしてください。

    PASMOが届いた時点では、まだチャージはされていません。

    駅の改札機でタッチした際、チャージされるシステムになっています。

    申込後に変更があった場合や、申込から4週間以上経っても届かない場合は、PASMOオートチャージサービスセンターへと問い合わせてください。

次に、既に記名PASMOと対象となるクレジットカードを持っている場合の申込方法を説明します。

  1. 手持ちのクレジットカードがオートチャージサービスに対応しているか確認する
    お手持ちのクレジットカードがオートチャージサービスに対応しているか、一度ご確認ください。
  2. 申込書の受け取り・記入・送付
    PASMO鉄道事業者の駅かカード会社でPASMOオートチャージサービス申込書を受け取り、必要事項を記入します。必要事項を記入した後は、申込書に記載されている宛先へと送付します。

    オートチャージサービス付PASMOは、登録された本人以外は使えないサービスとなっており、クレジットカードの名義人に限ります。

    本人ではなく、家族用のオートチャージサービス付PASMOを申し込みたい場合は、クレジットカード会社にお問い合わせください。

  3. ご案内ハガキの受け取り
    申込から3週間ほどで「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ」が申請書に記入した住所に届きます。申込から3週間を過ぎてもハガキが届かない場合は、PASMOオートチャージサービスセンターに問い合わせてください。
  4. 駅で手続きをする
    記名PASMOとハガキを持って、PASMO取扱事業者の駅にて利用設定の手続きをします。
    設定完了後、オートチャージサービスが利用可能となります。

最後に、クレジットカードとオートチャージ機能付きPASMOが一緒になった「一体型PASMO」の申込方法を説明します。

  1. 支払いに使うクレジットカードを選ぶ
    一体型PASMOに対応しているクレジットカードは、パスタウンカード・京王パスポートカード・東急カード・東武カード・Tokyo Metro to Me CARD(ソラチカカード)の5種類になります。パスもタウンカードを含む一部の一体型PASMOは、定期券には対応していません。

    一体型PASMOに購入できる定期券の種類や区間に関してはPASMOの取扱事業者にお問い合わせください。

  2. 申込書の受け取り・記入・送付
    駅で受け取ることができますが、見当たらない場合は各交通事業者かクレジットカード会社に請求してください。一体型PASMOの場合は、通常のPASMOと違いデポジット(預り金)500円はかかりません。
    必要事項を記入した後は、申込書に記載されている宛先へと送付します。

    他の記名PASMO同様、一体型PASMOも登録・記名した本人以外は使えないシステムとなっています。

    登録した本人以外の使用が確認された場合、該当するPASMOを回収される恐れがあるので注意が必要です。

  3. 一体型PASMOの受け取り・記名
    申し込みから4週間ほどで、クレジットカード会社に登録した住所へと一体型PASMOが届きます。一体型PASMOが届いたら、必ず裏面に記名をするようにしてください。

    PASMOが届いた時点では、まだチャージはされていません。

    駅の改札機でタッチした際、チャージされるシステムになっています。

    申込後に変更があった場合や、申込から4週間以上経っても届かない場合は、申込をしたクレジットカード会社に問い合わせてください。

PASMOの定期もオートチャージがおすすめ

PASMOには、定期券として利用できるPASMO定期券があります。

PASMO定期券は定期券として利用できるだけでなく、チャージしておくことで定期券区間外で利用した際の運賃の支払いにも利用できます。

定期券を利用する場合も、オートチャージサービス機能付きのPASMOをおすすめします。

定期券を購入する際は、ご利用になるPASMO取扱事業者の定期券販売所にて購入手続きをしてください。

PASMOのオートチャージを停止するには

PASMOのオートチャージサービスを停止には、駅の券売機から停止手続きを取る必要があります。

券売機の画面から「PASMO」を選択した後、「オートチャージのご利用設定」を選択します。

次の画面に出てくる「ご利用停止」を選択すると、注意事項が表示されます。

「停止する」を選択した後「確認」をタッチすることで、オートチャージサービスを停止することができます。

再度オートチャージサービスを利用するには、クレジットカード会社からの申し込みが必要になります。

PASMOのオートチャージ、支払いに使うクレジットカードを変更するには

PASMOオートチャージの支払いに利用しているクレジットカードは、他のクレジットカードに変更することが可能です。

クレジットカードを変更したい場合は、
本人確認が可能な公的証明書を用意して、PASMO取扱事業者の駅にて一度解約手続きをする必要があります。

解約手続き終了後、PASMOオートチャージサービス申込書に必要事項を記入し、もう一度申込手続きをしてください。

公的証明書とは

  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 知的障害者療育手帳
  • 精神障害者手帳(写真付)
  • 健康保険証
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 学生証(写真付)
  • 社員証(写真付)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(写真付)
  • 運転経歴証明書 など

PASMOのオートチャージはマイルも貯まる

PASMOのオートチャージサービスに対応しているクレジットカードの中には、マイルを貯めることができるカードもあります。

JALマイルを貯めることができるのは、小田急OPクレジットカード(JALカードOPクレジット)とSEIBU PRINCE CLUBカードセゾンとなっています。

小田急OPクレジットカード(JALカードOPクレジット)はカード利用額200円に対して1マイル貯まる仕組みとなっており、ショッピングプレミアム(年間登録料3,000円)に登録することで、100円に対して1マイル貯めることができます。

もちろん、PASMOへのチャージでもJALマイルを貯めることができます。

小田急ポイントは2,000ポイント=1,000マイルとしての交換も可能なので、JALマイルを貯めたい人にはおすすめのカードです。

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン(以下、セゾンカード)は、永久不滅ポイントが貯まることで人気があります。

セゾンカードの永久不滅ポイントは、1ポイント=2.5マイルでの交換が可能となっています。

ポイントの有効期限を気にせずに貯めたい方にはおすすめのカードです。

ANAマイルを貯めることができるのは、ソラチカカード(正式名称はANA To Me CARD PASMO JCB)となっています。

ソラチカカードは貯まったメトロポイントを100ポイント=90マイルとして交換することが可能です。

ソラチカカードは入会・継続の際にボーナスでマイルがプレゼントされるなど、嬉しい特典も。

ANAマイルを貯めたい方には、特におすすめのカードです。

まとめ

今回は、PASMOのオートチャージサービスについて紹介しました。

オートチャージサービスを利用すれば、電車やバスを利用する時はもちろん、買い物の時に残金不足に悩まされる心配がなくなります。

クレジットカードで支払うことでポイントを貯めることもできるので、定期的にPASMOを使う方にはオートチャージがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください