五輪チケット購入に間に合うVISAカード🏊

プロミスの営業時間とは?窓口やATM、振込対応の時間を把握しておこう!

プロミスには、ATMや窓口、さらにコールセンターなど、いろいろなサービスがあります。ではそうしたプロミスのもろもろのサービスの営業時間はいつまでになるのでしょうか?それを知っておかないと、必要な時に必要なお金が手に入らない可能性も出てきます。そうなったらその時にすごく困るでしょう。
そこでここではそうならないように、プロミスの営業時間をまとめて紹介しておきます。

プロミスの窓口の営業時間とは?

プロミスの窓口の営業時間は、平日10時から18時までとなっています。なので、平日の夜間帯や土日に窓口で対応してもらおうと思っても、それはできません。
プロミスの窓口では借入や返済、さらには解約に申し込み等様々なことが可能ですが、窓口のみでしかできないということはそうありません。一般的なことはすべて他の方法で代用可能です。
たとえば申し込みならば電話やWEBで可能ですし、借入や返済ならばATMから行った方がよほど早いですよね。なので、もし土日や平日の夜に窓口に用があるという場合には、他の方法ではできないか考えてみてください。大体のことは他の方法でもできますから。

プロミス自動契約機の営業時間とは?朝は何時から?

プロミスの自動契約機は、9時から22時となっています。窓口は土日祝日には営業していませんが、自動契約機の場合には土日祝日であっても対応しています。なので9時から22時までの間に自動契約機を訪れば、そこで手続きを進めていくことが可能です。
土日にプロミスに申し込みをしたいし、即日でカードを受け取りたいと思ったら、自動契約機を利用すると良いでしょう。ただそれは、自動契約機であれば確実に土日でも即日でカードを受け取ることが出来るというわけではありません。

プロミスATMの営業時間とは?何時まで利用可能?

プロミスのATMの営業時間は、朝の7時から24時までとなっています。深夜0時から翌朝の7時までは利用することはできませんが、深夜帯の時間でなければ基本的に利用することができるので、かなり営業時間は長いと言えます。
また、プロミスのATMであれば、たとえ23時の利用であっても朝の8時の利用であっても手数料はかかりません。だからもし近くにプロミスのATMがあるのであれば、できる限りそこでお金を借り入れることをおすすめします。
1回1回の手数料は大したことはありませんが、それも積み重なると意外と大きな金額になったりします。年間で見るとATM利用手数料が1万円を超えていることも多々あるので、少しでもそれがかからないように工夫するべきなのです。

プロミスの営業時間はコンビニATMなら24時間

たとえば深夜の3時ごろにどうしてもプロミスでお金を借りないとならなくなった時、コンビニのATMであれば対応可能です。コンビニのATMであれば、プロミスの営業時間も24時間となるのです。だから、いつでもお金を借りることが出来ますし、返済することも可能になっています。
ただしコンビニのATMを利用する場合には、確実に手数料がかかります。プロミスATMとは逆で、いつ利用したとしても、1万円以下の利用で108円、1万円超の利用で216円という手数料がかかるようになっているんです。だから、コンビニのATMを頻繁に利用しなくても良いように、プロミスATMを計画的に利用したり、ネット振り込みを利用して事前に銀行から引き出しておくのが一番良いでしょう。

プロミスコールの営業時間とは?

プロミスのコールセンターの営業時間は、9時から22時となっています。コールセンターは、土日祝日であっても平日であっても営業していて、営業時間にも変わりはありません。またこの9時から22時という営業時間は、他の消費者金融のコールセンターの営業時間と比べても比較的に長くなっています。

  • SMBCモビット「9時から21時」
  • アコム(会員問い合わせ先)「平日9時から18時」
  • アイフル(会員問い合わせ先)「平日9時から18時」
このように、他の消費者金融大手と比べて、プロミスコールの営業時間は長いので、平日の帰りは仕事で遅くなるという方であっても早めの問い合わせが出来るような環境だと言えます。だから、平日は忙しく働いているという人にもおすすめできます。

プロミスコールの営業時間も紛失対応では異なる

基本的に長いと言えるプロミスコールの営業時間ですが、盗難や紛失の対応窓口では、さらに営業時間が長くなります。盗難や紛失の窓口であれば、24時間対応しているのです。
なのでもしプロミスのカードをなくしてしまったということが分かったら、その段階ですぐにプロミスコールに連絡するようにしてください。そしてすぐにカードを止めてもらうのです。そうでないと、不正にカードを利用されてしまって、無駄に自分が借金を背負ってしまうことになる可能性が出てきてしまいます。

プロミスの審査の営業時間とは?24時間対応してる?

プロミスでは、審査に24時間対応しているというわけではありません。WEBからの申し込みであれば、24時間いつでも好きなタイミングに申し込みをすることが出来ますし、電話からの申し込みでもプロミスコールの営業時間内であればいつでも申し込みをすることが出来ます。でも、24時間審査に対応しているわけではないので、深夜のWEBからの申し込みや、あるいは電話であっても申し込み時間帯21時以降等と遅かったりしたら、審査への回答は翌日になってしまうことも出てくるのです。
もし急ぎで審査をしてほしいということであれば、なるべく早い時間帯に申し込みをすることをおすすめします。そうすればその日のうちには回答をもらえる可能性が極めて高くなります。

プロミスは審査営業時間内なら即日融資出来る?

プロミスは、最短30分で審査が完了しますし、振込キャッシングやカードレスでの借入、さらには自動契約機にカードを受け取りに行くことも出来ますから、基本的には即日融資も出来ます。でも、審査営業時間内であれば確実に即日で融資が出来るのか?というと、やはりそれは違います。そもそも審査自体、営業時間内であっても終わらずに、回答が翌日になってしまうこともあるのですから、当然融資が翌日になってしまうこともあります。
審査を急いでている人同様に、もし融資を急いでいるのであれば、なるべく早い時間帯に申し込みをするようにしておきましょう。またその際、勤務先への在籍確認がスムーズに出来るように、職場の人に「人から自分宛てに電話が来るから対応してほしい」と伝えておくなど、根回しもしておくことをおすすめします。

プロミスの瞬フリ営業時間とは?振込はいつまで可能?

プロミスの振込キャッシング「瞬フリ」の営業時間は、基本的には24時間ですが、実は振込を希望する金融機関によって違ってきます。「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」「三菱UFJ銀行」の場合には、金融機関が24時間振込に対応しているので、土日祝日を問わず24時間振込可能。しかしもし「みずほ銀行」を希望している場合には、以下のように平日の0時から14時50分までの依頼分しか、即日で振込がされません。

  • 平日0時から9時までの依頼分「同日9時半ごろ振込」
  • 平日9時から14時50分までの依頼分「受付から10秒程度で振込」
  • 平日14時以降、土日祝日「翌営業日9時半ごろ振込」
みずぼ銀行を利用しているという場合には、三井住友銀行などに口座を作り、24時間瞬フリ対応できるようにしておくのがおすすめです。そう出来れば、いざという時にも焦らないで済むでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください