今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

プロミスに関する用語の意味とは?意味を理解して正しく利用しよう

プロミスを初めて利用するという場合には、これまでに聞いたことがないような単語や言葉をたくさん目にすることになりますよね。より適切にプロミスを利用していくためにも、それらの言葉の意味は、やっぱりしっかりと知っておいた方が良いです。
そこでここでは、最終契約日や次回返済期日から、スマホATMやWEB完結というプロミス特有の言葉まで、プロミスで出てくる用語の意味を解決していきます。

プロミスの次回返済期日の意味とは?

プロミスの次回返済期日というのは、シンプルに「返済日」という意味だと思ってよいです。正確には文字通り、「次の返済はこの日までにしないとならない」というのが、次回返済期日になりますから、その日を返済日とせずに、その日よりも前に返済することも可能です。しかし最近ではほとんどの人が、返済方法を銀行引き落としでの返済としているでしょう。だから、待っていればその次回返済期日に自然と引き落としされます。なので、その日は返済日と思っていれば良いのです。

プロミスで返済期期日より前に返済する意味

あえてその次回返済期日よりも前に返済することには、どんな意味があるでしょうか?プロミスで次回返済期日よりも前に返済をすると、当然その月の返済を終えたことになります。余裕があるうちにそうしてその月の支払いを終えておけば、実際にその次回支払い期日が来たときにひぃひぃしないで済みます。給料日は月に1回しかない人が多いでしょうから、次回返済期日が給料日のしばらく後だと、手元にお金があまりなく、あとからひぃひぃすることもあるものです。そうならないように、次回返済期日よりも早く払うようにするのです。

プロミスの最終返済期日の意味とは?

プロミスには、最終返済期日と書かれた日付もあります。それは、「これ以上借り入れをしない場合」そして「繰り上げで返済をしない場合」に、「この日に全ての返済が完了する」という日付になります。それが分かっていれば、少なくとも見えないゴールに向かって走っているということはなくなります。その日を目指して返済していくというモチベーションになるでしょう。だから、この日付をチェックしておくことも大切です。
ただこの最終返済期日は、すぐに変動します。今後借り入れをすればそれによって変動しますし、繰り上げ返済をしても変動するので、借り入れや繰り上げ返済をする場合にはその都度チェックしておきましょう。

プロミスの最終契約日の意味とは?

プロミスには最終契約日という日付も存在します。この最終契約日は、プロミスで出てくる用語の中でも特に意味が分かりづらい用語になるのではないでしょうか?
なんとなく、プロミスでの最終契約日の意味は、「最後に借り入れをした日」だと思いがちですが、そうではありません。プロミスでの最終契約日の意味は、文字通り「最後に契約をした日」になるのです。つまり、ほとんどの場合が最初に契約をした日になります。
もし途中で増額の申請をして、増額した金額で契約をしていたら、その増額をした日が最終契約日になります。
最終契約日がいつかを知ってもあまりそれが活きてくる場面はありませんが、意味は知っておいた方が良いでしょう。

プロミスの最終借入日はどんな意味?

最終契約日の意味は最後に契約をした日付という意味で、最後に借り入れをした日ではありませんでした。最後に借り入れをした日は、文字通り「最終借入日」と表現されるのです。だから最終借入日と書かれていたら、それが自分が最後に借り入れをした日だということになります。
最後に借り入れをした日は、知っておくと今後無駄にお金を借りないための抑止力になります。たとえば最後に借りたのが「2017年1月」だったりしたら「もう2年借りていないんだから、この調子で頑張ろう」となりますよね。もし借りそうになっても「ここまでの努力がムダになる」と思って、抑止できます。もちろんどうしても必要な場合は仕方ないですが、そうでない無駄な借り入れを抑止するために、把握しておくことをおすすめします。

プロミスでの生計費の意味とは?

プロミスでは、利用用途が生計費となっています。ではその生計費の意味とは何なのでしょうか?生計費は、簡単に言えば生活費です。つまり家賃の支払いや食費、あるいは生活のために必要なものを買うために必要なお金という意味になります。
生活費のために利用できるのがプロミスなのですから、基本的にはかなり幅広い用途に使用できるということになりますね。
ただだからといって無駄遣いをすると自分で自分の首を絞めるだけになります。確かにATMから簡単に出金出来るので借金感は少ないですが、これはあくまでも借金で、利用すればするほどに自分が最終的に支払う金額は多くなるわけですから、必要性の高いことのみに利用するようにしないとなりません。

プロミスでのお勤めの確認の意味とは?

プロミスでは、審査の過程で「お勤めの確認」が入ります。お勤めの確認というのは、簡単に言えば、その勤務先として入力した会社に本当に自分が在籍しているのかという在籍確認になります。その在籍確認が取れないと、本当にそこで働いているのかわかりません。そこで働いていることが確認できないと、収入も怪しくなってきます。だから、お金を貸すのにおいて、勤務先への在籍確認というのはすごく大切なのです。そのためプロミスでもそれは欠かせません。
もしお勤めの確認が取れない場合、審査に落ちてしまうことも出てきます。

プロミスのスマホATMってどういう意味?

プロミスには、スマホATMというサービスがあります。ただスマホATMとだけ言われてもいまいち意味が分かりづらいですが、簡単に言えばカードを使わないで、スマホアプリを利用してATMから出金・返済ができるというサービスになります。
なのでアプリさえダウンロードすればカードを持ち歩かなくて済みますし、そもそもカードを発行しなくてもよくなるのです。
ただ、どこのATMでもスマホアプリで出金・返済出来るわけではなく、それが出来るのは現状ではセブン銀行のATMのみとなっているので、注意が必要です。

プロミスでカードを発行しない意味

あえてカードを発行せずスマホATMを利用することの一番のメリットは、プロミスを利用していることが把握されづらいこと。もし誰かに財布の中を見られて、そこにプロミスのカードがあれば、プロミスを利用していることは丸わかりになります。でもカードがなければそこから把握することはありません。アプリであればどこか目立たないところに隠しておくこともできますし、そもそもロックがあるので簡単には見られません。だから絶対にばれたくない人にはおすすめです。

プロミスのWEB完結の意味とは?

プロミスにはWEB完結という申し込み方法があります。WEB完結というのは、「郵送物なし」「カードレス」という特徴を持つ、すべてのやり取りがWEBだけで完結するという、どこかに足を運んだりする必要がない申し込み方法になります。
自宅でとにかく楽にプロミスの利用を始めたいという方や、スピーディーに利用できるようにしたいという方には、WEB完結はピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください