今すぐ作れるクレジットカードあります!

プロミスの電話番号とは?どんな電話でも同じところにかけていいの?

プロミスにこちらから電話をしないとならないこともありますよね。たとえば申し込み方法が良くわからない時もそうですし、たとえば利用中にカードを紛失したり盗難被害にあったりした場合にもこちらから連絡をしないとなりません。そんなときにはどんな電話番号にかければいいでしょうか?
プロミスでは、どんな要件でかける時にも電話番号は同じなのでしょうか?
いざという時にも困らないためにも、ここでプロミスの電話番号についてチェックしていきましょう。

プロミスの電話番号とは?基本的にはこちらへ!

プロミスの電話番号は、基本的にはプロミスコールといわれる以下のものになります。

プロミスコール
0120-24-0365
たとえば新規の申し込みをしたいとか、あるいはちょっと気になることがあるとか、基本的にプロミスに電話をする際にはこちらのプロミスコールに連絡をすることになります。
フリーダイヤルになっているので、当然通話料で通話可能。だからちょっとした気になる点でも電話して確認してみることをおすすめします。

プロミスの電話番号には女性専用のものもある

基本的には「0120-24-0365」というのがプロミスの電話番号になっていますが、実はプロミスには、女性のみが利用できるレディースコールの電話番号もあります。

レディースコール
0120-86-2634
というこちらの電話番号に電話をすると、多くの場合で女性のスタッフさんが対応してくれます。だから、男性相手に融資の相談をするのはちょっと抵抗があるという女性の方でも、比較的に利用しやすくなっているのです。
もちろん女性だからといってこちらのレディースコールしか利用してはいけないということはないので、別に男性のスタッフに対応してもらうのでも問題ない、あるいは同性に対応される方が嫌だという場合には、一般的なプロミスコールに連絡するのもアリです。

プロミスの電話番号がつながる時間とは?

プロミスの上記の二つの電話番号につながる時間は、9時から22時までとなっています。これは平日でも土日祝日でも変わりはなく、いつでも朝の9時から22時までつながります。それだけの時間つながれば、だいたいの場合で対応出来るでしょう。
ただ、もしカードを紛失してしまったという場合には、深夜や明け方に対応してもらえないと困ることもありますよね。もしプロミスのカードを紛失してしまったら、朝の9時まで何もできないのでしょうか?

緊急時のプロミスの電話番号は?

実は、プロミスコールでは、紛失や盗難時に限って24時間対応してもらえます。なのでもし深夜であっても明け方であっても「0120-24-0365」に連絡をすれば、すぐにカードの利用停止をしてもらうことが可能となっています。
一般的な対応が始まる朝の9時まで待っていると、その間に使われてしまう可能性もありますから、もしカードを紛失したり盗難されたことに気が付いたりしたら、すぐにプロミスコールに連絡を入れるようにしてください。

プロミスの電話番号!解約したい時には?

もしプロミスを解約したいと思ったら、解約専用の電話番号にしないといけないのではないか?と思う方もいるかもしれません。でもプロミスには、解約専用の電話番号というものはありません。だからプロミスコールやレディースコールに普通に連絡をして、そこで解約したい旨を伝えれば、そこから解約の手続きを進めていくことが出来るようになります。
プロミスを解約する際には、こうして電話をするか、あるいは窓口に足を運ぶしかなく、インターネットから解約するということはできないので、その点には注意が必要です。

プロミスの電話番号は増額したいときも同じ?

プロミスの電話番号は、解約時にも変わらないわけですから、そのほかの連絡でも基本的には変わりません。だから当然増額時にも電話番号は同じ。プロミスコールやレディースコールに連絡をして、そこから「増額できませんか?」と交渉していくことになります。
増額の相談自体はいつでもすることが可能ですが、実際に増額を受け入れてもらうためには、ある程度の実績が必要になります。少なくとも半年間から1年くらいは滞りない返済と利用を続けて、自分が優良な顧客であることを認めてもらわないといけません。
ただこのように相談自体はフリーダイヤルで無料で出来るので、いつであっても相談してみる価値はあるでしょう。

プロミスの電話番号は在籍確認の時には変わる?

在籍確認の際には、プロミスコールやレディースコールから電話がかかってくるわけではありません。こちらからかける場合には変わらないプロミスの電話番号ですが、向こうサイドからかかってくる場合には電話番号は変わるのです。
ではどういう番号からかかってくるのかというと、在籍確認の際には通知なしでかかってくることが多いです。通知が必要な場合でも、フリーダイヤルからかけてくるということはありません。
在籍確認は個人名でかけてくるものなので、フリーダイヤルだとおかしいですし、当然プロミスコールやレディースコールの電話番号から電話が来たら、それでプロミスだと感づかれてしまうこともあります。それでは借りる側は困るので、そうはしないのです。

プロミスの電話番号は催促の時にも変わる!

プロミスの電話番号が自分たちが利用する際と違うのは、在籍確認の時だけではありません。たとえば催促の電話の際にも、電話番号は違っていることが多いです。催促の電話は、プロミスコールやレディースコールとは違うフリーダイヤルの電話番号からかかってくることもありますし、市外局番から始まる固定電話からかかってくることもあります。人やタイミング、そして住んでいるところによってそれらは違ってくるのです。
ただ見覚えのない電話番号から電話がくることは確かなので、見おぼえないのない番号でもしっかりと対応しないとなりません。

プロミスじゃない電話番号だからと対応しないでいたら…

知らない電話番号には出ないという方も多いでしょう。でもこうした催促の電話に対応しないでいたら、借りている分の一括請求になってしまう可能性もありますし、当然カードの利用停止になる可能性も高くなります。そうなったら困る人も多いでしょう。
催促の電話に対応しても、たとえばドラマで見るように怒鳴られたりすることはまずなく、紳士的に対応してもらえるので、手遅れになる前にしっかりと対応することをおすすめします。たとえ知らない電話番号から着信があっても、プロミスを利用している間に電話がかかってきたら、とりあえずそれには対応した方が良いでしょう。

かかってくるプロミスの電話番号は覚えておく必要はない

かかってくるプロミスの電話番号は、こちらから電話をする際のプロミスコールやレディースコールの電話番号とは違いますが、それはいちいち覚えておく必要はありません。そもそもこちらからその電話番号にかけることもありませんし、いろいろな電話番号があるわけですから、いちいち覚えておくというのも無理な話です。
覚えておくべきは、かかってくるべき電話番号ではなく、こちらからかける際の電話番号です。プロミスコールなら「0120-24-0365」、レディースコールなら「0120-86-2634」というこの番号だけ覚えておけば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください