今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

プロミスから電話が来るのはなぜ?電話の理由や内容とは?

プロミスからは、いきなり電話がかかってくることがあります。でもいきなり電話がかかってくるとやっぱり怖いですよね。出来れば事前にどうして電話がかかってくるのか、そしてどんな内容の電話なのかというのは知っておきたいところです。それが分かれば安心して電話対応できて、無駄にドキドキしないで済みます。
実際プロミスから電話がくる際の理由や内容というのはだいたい決まっているものです。ここではそんなプロミスからの電話の理由や内容、そして出れない時の対処法などを紹介していきます。

プロミスから電話がくる理由とは?

プロミスから電話がくる理由は、大きく分けて5つあります。
「意思確認の電話」「在籍確認の職場への電話」「延滞した際にそれを指摘する電話」「増額依頼をすることが出来るというお知らせの電話」「何らかの新しいサービスや機能のお知らせの電話」。基本的にはこれらの5つ以外の理由でプロミスから電話がくるということはそうそうありません。
これらは内容も当然それぞれ違ってきて、重要な内容のものもあれば、特に自分にとっては関係ないものもあります。

プロミスからの意思確認電話の内容とは?

プロミスから一番最初に来る電話は、この「意思確認」という意味での電話になります。
まずHPなどから申し込みをしたら、それが本当に本人が申し込んだのかという確認の意味で、電話での連絡がはいるのです。そこで話す内容は、たとえば借りたい金額はこれで間違いないかとか、あるいは住所や勤務先は記載されたものであっているかとか、提出した情報のなぞり直し程度で、特に難しい内容の電話ではありません。
だから電話がかかってきたら、ただそれにでて、聞かれた内容に提出した情報通りにこたえていけば問題ありません。

プロミスから職場への電話の内容とは?

プロミスから職場に来る電話は、「在籍確認」という意味での電話になります。在籍確認をしないと、本当にそこで本人が働いているかがわかりません。職場からある程度の年収を認識できたりもするので、実は職場というのはすごく重要。それなのにそこで働いているという確証が持てないとなると、返済能力にも不安が出てきます。それではお金を貸すこともできなくなりますよね。だから、そうならないようにしっかりと職場に電話で連絡をして、申込者がそこにいるかどうかを確認するのです。
事前に誰かから電話がくることを、会社で電話に出ることが多い人に伝えておくとスムーズでしょう。

プロミスの在籍確認電話は個人名義

会社に電話が来るとなると、自分がプロミスを利用していることがばれてしまうのではないか?と思うものですが、プロミスの在籍確認の電話は個人名でかかってきます。
「Aというものなのですが、○○さんはいらっしゃいますか?」というだけなので、プロミスを利用していることがばれることはありません。なので、在籍確認電話を恐れる必要はないのです。

プロミスからの延滞指摘電話の内容とは?

プロミスからは、延滞を指摘する電話がくることもあります。支払日に引き落としが出来なかったら、その翌日あるいは翌々日には電話が来ます。そこで支払いが遅れていることを指摘されてしまうのです。
出来ればその電話が来た時点で、すぐに支払うのが一番ですが、それが出来ないこともありますよね。ただその電話で支払い日を多少相談できたりもするので、その場合にも電話には出てください。この場合は、電話にでないというのが一番よくありません。

プロミスで延滞しそうなら電話しよう

もし、最初から支払期日に間に合わず延滞しそうなことが分かっているのであれば、その返済期日に返済できないで向こうから電話がくるのを待っているだけではなく、返済期日を過ぎる前にこちらから電話をするのがおすすめです。
こちらから電話をするほうが誠意も伝わりますし、よりスムーズに返済期日を相談できますし、いつくるかわからない電話を待っていなくて済むので精神的に楽です。なので、どうしても期日を過ぎそうな場合は、コチラから電話するように意識してください。

プロミスからの増額電話の内容とは?

プロミスからは「増額することができますよ」という通知の電話がかかってくることがあります。このようにプラスの内容の電話がかかってくることもあるので、電話がかかってきたからと言って緊張することはありません。
ただ増額の電話は、増額審査を受けることが出来る対象の人にかけているだけで、その電話が来たからといって必ず増額審査に通るわけではないので注意が必要です。

プロミスの増額電話を受けても増額しなくても良い

もちろん増額電話を受けたからといって、必ずしも増額しないとならないわけではありません。別にその電話を受けても、増額審査を受けないという選択をすることもできるのです。増額電話を受けての審査でも、必ずしも審査に通るわけではないということに加えて、審査の結果むしろ減額になったり、あるいは利用停止になったりするというリスクもあります。だから、あえて増額審査を受けないという選択をするのもアリなのです。

プロミスの宣伝電話の内容とは?

プロミスからのもう一つの電話内容が、宣伝の電話。たとえば「こういう機能が出来た」とか、「今こんなキャンペーンをしている」とか、そういう電話がくることもまれにあります。この電話もどちらかといえばやはり良いほうの電話になるので、やはりプロミスから電話が来たからといって必ずしもおびえることはないのです。

プロミスの宣伝電話は来なくすることもできる

とはいえ、借金には多少の後ろめたさもありますから、やはり電話が鳴ると「何かしたかな?」と思ってしまうのが人間ですよね。頭では分かっていても一瞬身構えてしまいますから、こういう電話はしてこないでほしいという方もいるでしょう。だからプロミスでは、こういう電話をしてこないようにしてもらうことも可能です。電話に出た際に「こういう電話はしてこないでほしい」と伝えると、今後はこういう電話を避けてくれるようになります。

プロミスからの電話を無視した場合とは?

プロミスからの電話は、基本的には無視はしないほうが良いです。中には宣伝の電話や増額の電話等、無視してもたいして問題ない電話もありますが、たとえば延滞の電話などは、無視してしまうと、最悪の場合利用停止や、一括請求というリスクを伴います。一括で請求されてもまず払えない方が多いでしょう。だからそうならないように、きちんと電話には出るべきです。電話に出さえすれば少なくともその段階では最悪の自体は免れるわけですから、出ない理由はありません。

プロミスの電話は折り返すべき?

意図的ではなくとも、電話に出れないことは誰にでもあるものです。なのでプロミスからの電話は、1回しかかかって来ないということはそうそうありません。宣伝の電話などの場合は1回しか来ないこともありますが、基本的には電話は数回はかかってくると思って良いでしょう。ただし、それを期待して電話に出れない場合に折り返さないというのは良くありません。1回で見切られてしまう可能性も0ではないですし、電話の内容もわからないわけですから、もし電話に出れなかったとしても、なるべく早く折り返すことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください