今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

プロミスに在籍確認は必須?プロミスの在籍確認の内容やポイントをご紹介

プロミスに限らず、消費者金融に申し込みをする際にちょっと嫌だなと思うことの一つに、在籍確認がありますよね。何となく、そのせいで職場の人に消費者金融を利用しようとしていることがばれてしまうのではないか?と怖くなるものです。実際それは絶対避けたいですよね。
実際プロミスでは職場への在籍確認はあるんでしょうか?もしあるならばそれはどんな風に行われるのか、そしてスムーズに在籍確認するにはどうすればいいかなどを知っておいた方が良いです。
ここではそんな、プロミスの在籍確認についてまとめていきます。

プロミスでは在籍確認はある?

プロミスでは、在籍確認があります。稀に在籍確認がないと紹介しているところもありますが、基本的にプロミスでは在籍確認を実施しないといけません。だから、もしプロミスに申し込むのであれば、在籍確認はされると思っていたほうが良いです。
当然そのため、嘘をついて適当な勤務先を記入するということはできません。嘘をついて適当な勤務先を記入したところで在籍確認でばれてしまいますし、そこで嘘をついたことがばれてしまうと100%審査に落ちるようになってしまいます。
それならばむしろ、あまり有名な勤務先でなくとも、しっかりと自分が働いている勤務先を記入した方がはるかに審査に通る可能性は高くなるでしょう。

プロミスの在籍確認の内容とは?

プロミスでは在籍確認がまずあると聞くと、何となくおびえてしまいますよね。でも、実際にプロミスで行われている在籍確認の内容は、以下のようにすごくあっけないものです。

  • 個人名で会社に電話
  • 「◯◯さんはいらっしゃいますか?」と問い合わせ
  • 自分がいる場合には電話を繋がれて終了
  • 席を外している場合も、在籍していることが分かればそれで終了
つまり、ただ「そういう人物が在籍しているということに嘘はないか、会社の誰かに確認するために電話をする」だけなのです。それ以上のことはありません。だから、実際に在籍しているのであればおびえる必要はありませんし、そもそも個人名で電話をしてくるので、会社の誰かにプロミスから電話が来たとばれることもまずありません。

プロミスで在籍確認がなかったという声があるのはなぜ?

プロミスではまず確実に在籍確認が行われているのに、プロミスでは在籍確認がなかったという声があがることがあるのは、なぜなのでしょうか?その答えは単純で、上記のすごくシンプルな内容の電話になるので、誰も気が付かない間に電話が終わっていることがあるからです。自分が電話に出る場合には気が付きますが、自分が電話に出ない場合には、気が付かないまま終わることもあります。
たとえばこちらが席を外していると同僚が伝えた場合「では特に急ぎではないので後日こちらからかけなおさせていただきます」のように述べてそのまま在籍確認の電話は終わります。でも当然在籍確認はとれていてかかってこないので、そのまま気が付かないこともあるのです。
在籍確認がなかったという声をあげる方の多くは、こうしたパターンで在籍確認に気が付いていないだけです。

プロミスの在籍確認に必要な書類はある?

プロミスの在籍確認では、特に必要な書類はありません。というのもそもそも電話で行われるものなので、必要書類などは当然ないのです。ただ、用意しておいた方が良いものはあります。
たとえば、会社の電話番号や、自分に直通出来る番号が記載された書類は、事前に手元に用意しておいた方が良いです。番号を間違えていたら当然在籍確認はとれなくなりますから、そこは正確に伝えないとならないのです。
特に最近では仕事の連絡もLINEなどのアプリで行うという会社も多いですから、電話番号がすぐに出てこない人もいるのではないでしょうか?そういう方は是非手元に正確な番号がわかる書類を用意して、それを見ながら申し込みをするようにしてください。

プロミスの在籍確認はいつ行われる?

プロミスでの在籍確認が行われるのは、基本的には申し込み後30分から1時間以内になります。
プロミスでは最短で30分以内に審査結果が行くようになっています。多少時間がかかったとしても、1時間から1時間半程度審査結果の連絡が来ることが多いです。となるとやはり在籍確認もその時間内に行わないとなりません。だから申し込み後30分から1時間以内に在籍確認が行われることがほとんどになります。
会社にかかってくる在籍確認の電話に対して自分が出たいと思う人は、申し込み後1時間くらいはずっと電話をとれる状況にしておくことをおすすめします。

プロミスの在籍確認は派遣の人はどうすればいい?

プロミスの在籍確認は、派遣社員というステータスの人であっても確実に行われます。でも、派遣社員の人の場合はどこを勤務先として提出すればいいかということに困りますよね。
プロミスで派遣社員の人が勤務先を記載する際には、「派遣元」を勤務先として書くようにします。なので当然、在籍確認が行われるのも派遣元になるのです。ただ派遣元の場合には、やはり派遣している人数もかなり多くいますし、そもそも個人情報の関係で在籍確認をさせないというところもあります。だから、派遣社員の人がプロミスの在籍確認をスムーズに行うためには、ポイントがあるのです。

プロミスの在籍確認を派遣の人がスムーズにするコツ

もし派遣社員の人がプロミスの在籍確認をスムーズに行いたいと思ったら、事前に派遣元に対して、「こういう電話があるので、電話対応をしてほしい」ということを伝えておくようにしてください。そうすることによって、派遣元であっても電話でスムーズに在籍確認が出来るようになります。
この方法の場合、派遣元に対して自分からアクションを起こさないとなりませんし、何らかの在籍確認であることは勘づかれることもありますが、そもそも派遣元に行くこともほとんどないでしょうから、それは甘んじて受け入れるのがおすすめです。

プロミスの在籍確認はアルバイトやパートでもある?

プロミスの在籍確認は、アルバイトやパートであってももちろんされます。アルバイトやパートの場合は、派遣とは違って基本的には一つの職場にいることが多いでしょうし、派遣より在籍確認しやすいでしょう。
ただ自分で電話をとるということがないことも多いかもしれませんし、社員とは違いアルバイトやパートに電話がかかってくるということもそうそうないことなので、勘の良い人には気がつかれてしまう可能性も0ではありません。
どうしても気がつかれたくない場合には、「携帯を忘れたので申し訳ないけど知り合いからここに電話がくる」ということを伝えて根回しするなどの工夫が必要になります。

プロミスで即日在籍確認がとれないとどうなる?

プロミスで即日の在籍確認が取れない場合には、また後日に在籍確認をすることになります。そして当然即日で在籍確認が取れないようだと、即日の融資を受けることも出来なくなってしまいます。そういうことがあるので、プロミスで即日融資を受けたいと思ったら、即日で在籍確認が出来る環境を整えておくことをおすすめします。
たとえば土日の場合には在籍確認がその日のうちに取れないことも多々出てくるでしょうから、土日になる前に申し込みをするのが吉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください