1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

支払可能見込額とは?覚えておきたいクレジットカード専門用語の意味と使い方

支払可能見込額とは

「支払可能見込額とはどういう意味なのだろう?」
クレジットカードの審査について説明された文中で見かける支払可能見込額ですが、意味や関連する内容についてあまり理解が進んでいない方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では支払可能見込額の意味と登場シーン(使用例)についてまとめました。

クレジットカードをはじめとした決済手段の仕組みについて少しでも理解が深まれば幸いです。

支払可能見込額の読み方

まず確認も兼ねて支払可能見込額の読み方を記載します。

支払可能見込額は「しはらいかのうみこみがく」と読みます。

読み方を間違えれば、コミュニケーション上で伝わる意味も異なりますので、この機会にしっかり覚えておきましょう。

英語にするなら?

もし支払可能見込額を英語で表現するなら「Purchase Amount Projected to Be Affordable」となるのではないでしょうか。

日本法令外国語訳データベースシステムの訳を見ると、個別支払可能見込額を「the Individual Purchase Amount Projected to Be Affordable」と訳していることから、”the Individual”を除いて支払可能見込額は「Purchase Amount Projected to Be Affordable」となります。

ネイティブの表現とは異なるかもしれませんので、もし正しい英語表現があれば記事下のコメント欄で教えていただければ幸いです。

参考 割賦販売法日本法令外国語訳データベースシステム

支払可能見込額の意味

支払可能見込額とは「利用者の年収から生活費や支出などを除き、クレジット代として無理なく支払いできる年間の想定金額」という意味の単語です。

具体的には、年収から年間請求予定額や法律で定められた生活維持費を差し引いて算出された金額のことです。

利用者が無理なく支払いできる想定金額を算出できるため、クレジットカードの審査に役立つ、業者の貸し倒れリスクの軽減・利用者の過剰与信の制限を目的とした審査指標のことです。

限度額は支払可能見込額の9割

クレジットカードの利用可能限度額は支払可能見込額の9割を超えないように設定されます。

支払可能見込額と利用限度額
・利用限度額 ≦ 支払可能見込額 × 0.9
・支払可能見込額=年収-年間請求予定額-法律で定められた生活維持費

法律で定められた生活維持費の一覧表

居住形態収入・生計を同一とする方の人数(ご本人・別居者も含む)
1人2人3人4人
持家かつ住宅ローン無
または
持家無かつ賃貸負担無
90万円136万円169万円200万円
持家かつ住宅ローン有
または
持家無かつ賃貸負担有
116万円177万円209万円240万円

支払可能見込額の関連語

支払可能見込額と並んでよく目にするのが「限度額」「入会審査」「世帯年収」です。

これらの用語は支払可能見込額とも関係が深い用語なので、それぞれの意味も理解しておくと良いでしょう。

限度額とは

限度額とは「クレジットカードで買い物・支払いができる上限額」という意味の単語です。

具体的には、保有するクレジットカードが使える上限金額のことで、信用度に応じて限度額を設定することで、利用者の過剰利用防止に役立ち、クレジットカード会社の貸し倒れリスクの軽減を目的として設定される制限です。

限度額と同じ文脈で使われる用語で「利用限度額」や「上限額」とも呼ばれます。

入会審査とは

入会審査とは「クレジットカードの申し込みにあたり実施する審査」という意味の単語です。

具体的には、申込者の返済能力を確認したり、性格や資産について審査することで、貸し倒れを未然に防ぐことに役立ち、申込者の信用度を判断することを目的として行われる審査のことです。

世帯年収とは

世帯年収とは「世帯の1年間の収入合計」という意味の単語です。

具体的には、配偶者や父母など住居・生計を共にしている全員の年収を合計した金額のことで、クレジットカードの審査に役立て、申込者の返済能力の有無や信用度を判断することを目的とした審査の参考指標の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください