五輪チケット購入に間に合うVISAカード🏊

QRコード決済がコンビニでも利用できる?大手コンビニ別にサービスの違いをまとめてみた

世界でキャッシュレス化が進む中、日本では2018年が「キャッシュレス元年」とも呼ばれ、日本でもQRコード決済が徐々に広まりつつあります。

特に大手コンビニチェーンではQRコード決済を積極的に導入しています。しかし、QRコード決済サービスにはいくつか種類があり、コンビニによってもその対応サービスが異なります。

今回は、大手コンビニ別のQRコード決済サービスと、QRコードの支払い方法についてご紹介していきます。

コンビニでQRコード決済が対応!QRコード決済って何?

現金はもちろん電子マネーやクレジットカード、ICカードで決済できるなど、支払い方法が幅広いコンビニですが、最近ではQRコード決済に対応するようになりました。

QRコード決済とは、自分のスマホ画面にQRコードを表示させてレジで読み取ってもらったり、レジが提示するQRコードを自身のスマホで読み取るなどして支払いを行う決済手段です。QRコード決済サービスにはLINEが提供しているLINE Payや、楽天株式会社が提供している楽天ペイなどがあります。

銀行口座とQR決済アプリを紐付けし、アプリにお金を前もってチャージしておき、その残高を使用して支払う方法が一般的です。また、クレジットカードと連携させて、QRコードを介してクレジットカード決済を行うこともできます。

大手コンビニ3社別!対応しているQRコード決済

コンビニによって対応しているQRコード決済サービスは異なります。

ここではファミリーマート、ローソン、セブンイレブンの3社別で、それぞれのコンビニが対応しているQRコード決済サービスをご紹介していきます。

ファミリーマート

ファミリーマートが対応しているQRコード決済サービスは以下の4社です。

・LINE Pay
・楽天ペイ
・PayPay
・d払い

ファミリーマートではOrigami PayやPringなどのITベンチャー系のQRコード決済サービスの導入が行われていません。

しかし、d払いはドコモの電話料金に合算して支払うことができるため、クレジットカードを持たないドコモユーザーにとっては大きなメリットでしょう。

2019年1月下旬には、中国の大手QR決済サービスであるAlipayとWeChatPayのサービスが全店舗で対応予定で、中国人観光客がファミリーマートを利用しやすくなるでしょう。

合計6社のサービスが全店舗で対応するコンビニはファミリーマートが初めてとなります。
(参考:http://www.family.co.jp/company/news_releases/2018/20181018_01.html)

ローソン

ローソンが対応しているQRコード決済サービスは以下の5社です。

・Alipay
・LINE Pay
・楽天ペイ
・d払い
・Origami Pay

ローソンはその他コンビニの中でも特にQRコード決済の導入を積極的に行なっています。

コンビニで初めて導入されたOrigami Payは、QRコード決済アプリにチャージせずとも、紐付けした銀行口座から直接支払えるため、ユーザーにとってはローソンでの買い物が簡単になると考えられます。

さらに、Origami Payは頻繁にさまざまなクーポンを発行していることが特徴で、今後のローソンでの特典に期待されます。

セブンイレブン

セブンイレブンではまだQRコード決済が対応されていません

セブンイレブンを運営している会社の「株式会社セブン&アイ・ホールディングス」は2018年6月に「株式会社セブン・ペイ」という子会社を設立し、そのセブン・ペイがスマホを利用した決済サービスの導入を宣言しています。

決済サービスの名前は「7Pay(セブンペイ)」で、おそらく独自のQRコード決済サービスと予測され、セブン銀行との紐付けが主になってくると思われます。

なお、サービスの提供開始は2019年となります。

コンビニでQRコード決済をするなどれ?

ローソンとファミマで利用できるLINE Payか楽天ペイが、一番QRコード決済としてユーザビリティが高いでしょう。

LINE Payと楽天ペイはコンビニで利用できるほか、その他多くの飲食店やデパートなどで導入されており、日本で最も人気のQR決済サービスです。

特にLINE Payは個人間の送金や支払いの割り勘をすることができるなど、通常の支払い以外に使用用途があるため、QRコード決済を始めるならLINE Payをおすすめします。

また、楽天ペイはクレジットカードと紐付けして支払うことが一般的で、支払いの際にはクレジットカードのポイントと同時に楽天スーパーポイントが貯まります。

お得にQRコード決済を始めたいなら楽天ペイがいいでしょう。

コンビニでQRコード決済するには?

QRコードで支払いをするためには、あらかじめ専用口座にチャージしておくことが一般的です。

ここではLINE Payのチャージから支払いするまでの方法についてご紹介していきます。

LINE Payに登録

LINE Payは規約に同意するだけで簡単に始めることができます。

・LINEのウォレットタブ上部にある「LINE Payを始める」を選択

(引用:https://line.me/ja/pay/howto)

・規約に同意して6桁のパスワードを決めて登録完了

LINE Payをチャージする方法

LINE PayでQRコード決済を行うにはまず残高をチャージする必要があります。

LINE Payのチャージには4つのチャージ方法についてご紹介します。

・銀行口座

登録した銀行口座からいつでもLINE Payの口座にチャージすることができます。

・LINE Payカード レジチャージ

LINE Pay対応の店舗のレジにてチャージする方法で、別途LINE Payカードというものを用意が必要です。

(引用:http://official-blog.line.me/ja/archives/61724158.html)

お店のレジにてLINE Payカードとチャージしたい金額を渡すだけでチャージができます。

なお、一度にチャージできる金額は1,000円〜49,000円までで、24時間対応可能です。

・コンビニ

ファミリーマートでチャージする方法です。

以前まではローソンやミニストップなどの5つのコンビニでチャージ可能でしたが、現在はファミリーマートのみとなりました。

チャージしたい金額をスマホで入力すると、受付番号や予約番号などが発行されます。

全国のファミリーマートの店内に設置されてあるFamiポートで番号を入力して、支払い用のレシートを発行します。

発行されたレシートの金額をレジで支払うとチャージ完了です。

・オートチャージ

オートチャージは最低残高を設定し、その最低残高を下回った時に登録した銀行口座から自動的にチャージされます。

QRコードで決済する方法

コンビニでQRコード決済をする場合は、まずファミリーマートかローソンのレジにて、会計の際にLINE Payで支払うことを伝えます。

スマホでコード画面を表示させ、読み取ってもらえば決済完了です。

LINE PayはQRコード決済のほか、LINE Payカードを使用したプリペイド決済や、オンライン決済などができます。

コンビニでのQRコード決済まとめ</ h2>

ファミリーマートとローソンでは、すでにいくつかQRコード決済サービスが実装されており、そのサービスは徐々に増えています。

セブンイレブンではまだQR決済は実装されていませんが、2019年には独自のQRコード決済サービスの導入が予想されています。

QRコード決済はいつでもチャージすることができ、会計の際にお釣りを受け取る手間もないため支払いが現金よりもスムーズです。

まだQRコード決済を持っていない人はぜひ始めましょう。

コンビニでの利用も考えているのであれば、LINE Payか楽天ペイがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください