今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

アプリでお会計?QRコード決済の支払い方法と利用できる店舗をご紹介

QRcord-payment

「QRコード決済って何?アプリのこと?」

QRコード決済とはスマホのアプリを利用して支払いをする方法です。

すでに大手チェーン店を中心として導入が広がっており、2018年11月にはタクシー会社第一交通産業や江ノ島タクシーでQRコード決済の導入が開始されました。
(参考:QRコード決済 取扱い店舗

しかし、QRコードでの支払い方法がわからずに利用をためらっているという人も少なくないでしょう。

今回は、QRコード決済の仕組みからアプリを使った支払い方法、そしてQR決済が利用できる店舗についてご紹介していきます。

スマホアプリで買い物?QRコード決済の仕組み

QRコード決済はスマホアプリを使って買い物をする決済サービスです。

通常のアプリのように、iPhoneやAndroidに無料のQRコード決済アプリをインストールして、あとは買い物の支払いの時にそのアプリを開いてQRコードを読み取るだけで決済完了です

QRコードによる決済とは、アプリ内の口座にあらかじめお金をチャージして使ったり、クレジットカードと連携させてアプリを通してクレジットカードで支払うという仕組みです。

支払いはQRコードを読み取るだけで完了するため、現金よりも早く支払いができ、また小銭を数えたり、お釣りを受け取るという手間がありません。

さらに、QRコード決済を利用することでポイントが貯まるなど、お得に買い物ができる点も大きな魅力の一つです

QRコード決済アプリで支払う方法

QRコード決済アプリでの支払い方法は主に、QRコードをスキャンするか、QRコードを提示するかの2通りです。

主なQRコード決済アプリはLINE Pay、楽天ペイ、PayPay、Origami Payなど十数種類あり、支払い方法や機能がそれぞれ異なります

ここからは、厳選した4つのQRコード決済アプリの支払い方法について詳しく解説していきます。

LINE Payで支払う方法

LINE Pay(ラインペイ)で支払いをする方法は以下の手順で行います。

  1. LINEアプリを開く
  2. 「ウォレットタブ」上部の「コード支払い」をタップ
  3. 6桁の暗証番号を入力してQRコードを表示
  4. お会計の際にレジで提示して読み取ってもらう
  5. 決済完了

レジで読み取ってもらう他に、QRコードをこちらでスキャンし、金額を入力して支払う方法もあります

LINE Payは買い物の支払いの他に、個人間の送受金や割り勘支払い、オンラインショップでの支払いなどに対応するなど非常に便利です。

さらに、LINE Payはマイカラーという独自のポイント制度を採用しており、支払いをLINE Payで行えば行うほどどんどんポイントがたまりやすくなっていきます。

PayPayで支払う方法

PayPay(ペイペイ)の支払い方法は2通りあります

・コード支払い

  1. PayPayのアプリを開く
  2. 画面下部の「コード支払い」をタップ
  3. コードが表示されるのでそれを提示してスキャンしてもらう
  4. 決済完了

・スキャン支払い

  1. PayPayのアプリを開く
  2. 画面下部の「スキャン支払い」をタップ
  3. 店頭にあるPayPayのQRコードを読み取る
  4. 金額を入力して店員に確認してもらう
  5. 「支払う」をタップ
  6. 決済完了

この2つの支払い方法は店舗によって異なります。

また、PayPayは直接チャージして利用することはできず、Yahoo!マネーと連携させてYahoo!マネーの方でチャージするか、クレジットカードと連携させて支払うかのどちらかになります

Origami Payで支払う方法

Origami Pay(オリガミペイ)での支払いは以下の手順で行います。

1.Origami Payのアプリを開く
2.画面上部の「お支払い」をタップ
3.コードが表示されるのでそれを提示してスキャンしてもらう
4.決済完了

また、LINE Pay同様にこちら側がスキャンして支払う場合は、コード表示画面にて「スキャン」をタップすれば読み取り画面に切り替わります

Origami Payは銀行口座とクレジットカードと連携させることができ、どちらで支払うかを選択することができます。

さらに、Origami Payは直接銀行口座から支払いが行われるデビットカードのような特徴を持っています。

そのため、銀行からわざわざチャージする必要はなく、手間をかけることなく利用できる点が魅力の一つです。

Pringで支払う方法

Pring(プリン)は現在加盟店を募集している段階で、まだ明確な支払い方法を知ることはできません。

しかし、個人間の送金などはすでに利用することができます。

Pringのチャージ方法は銀行口座との連携のみで、クレジットカードでの支払いはできません

Pringで支払う際はあらかじめ銀行口座からあらかじめチャージしておくか、残高不足の時に自動的に不足分をチャージしてくれるオートチャージに設定しておく必要があります。

Pringは支払う機能に加え、個人間の送金、銀行口座への払い戻しを行うことができます。

さらに、それら全ての送金手数料が無料という点がPringの魅力の一つです。

QRコード決済アプリはどこで使えるの?

QRコード決済アプリはそのサービス提供会社の加盟店でのみ利用できます

各QRコード決済で支払いができる主な加盟店は以下の通りです。

QRコード決済サービス
加盟店
LINE Pay
ローソン、ファミリーマート、マックハウス、Right-on、魚民、白木屋、阪急阪神百貨店、など。
Origami Pay
ケンタッキー、吉野家、ローソン、ファミリーマート、ロフト、PARCO、和民、など。
PayPay
ヤマダ電機、ビックカメラ、ファミリーマート、和民、魚民、第一交通産業、H.I.S.、など。
Pring
詳細不明

Pringの加盟店は詳細不明ですが、現在大規模に加盟店募集を行なっているため、今後多くの加盟店発表が期待できます。

また、その他QR決済サービスの加盟店は日々増えており、QRコード決済アプリで支払いできるお店が当たり前になっていく可能性は十分にあります。

QRコード決済アプリの決済方法はここがすごい!

QRコードによる決済はポータビリティが非常にすぐれています。

例えばクレジットカードやICカードでの支払いはカードを持ち運びしないとならず、そのためには財布やカードケースなどを必要とします。

現在では、スマホと連携させてカードを持たずとも決済する方法もありますが、端末に依存するというデメリットがあります

Androidはおサイフケータイ機能が搭載されている機種、iOSであればiPhone7以上の機種でなければキャッシュレス決済を利用できません。

しかし、QRコード決済であればアプリをインストールできれば端末を選びません

そのため、QRコード決済さえあれば財布やカードケースを持ち歩く必要なく、携帯性に優れていると言えるでしょう。

QRコード決済アプリのまとめ

QRコード決済はスマホアプリを利用して支払いを行うサービスです。

支払い方法は決済サービスによって異なり、主にQRコードを提示するかスキャンするかで簡単に決済を行うことができます

支払いは主にアプリ内口座にお金をチャージして行いますが、クレジットカードとの連携、銀行口座から直接支払う方法などもあります。

QRコード決済が利用できる加盟店はまだ少なく、大手チェーン店を中心に広がりを見せています。

決済方法がシンプルなQRコード決済。

一度アプリをインストールしてQRコード決済を始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください