【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

楽天カードの2回払いとは?2回払いについて徹底解説

楽天カードの分割払いには、2回払いがあることをご存知ですか?

2回払いを利用すれば、1回あたりの支払い負担を小さくでき、余計な分割コストもかかりません。

2回払いがあることを知ってることで、より余裕のある支払い管理ができます。

ここでは、楽天カードの2回払いの特徴やできない場合の理由、対処法などについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、2回払いの理解が深まり、より余裕のある支払い管理ができますので、ぜひ参考にして下さい。

楽天カードとは?2回払いを知る前に知っておきたい基礎知識

楽天カードは、楽天スーパーポイントがザクザク貯まることで人気のクレジットカードです。

通常時のポイント還元率は1.0%で、100円の利用につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天サービスで利用すれば2倍以上のポイント獲得が可能です。

貯まったポイントは、楽天サービスや街の加盟店で1ポイント=1円相当として利用できます。

また、年会費永年無料や海外旅行傷害保険、大量のポイントを獲得できる入会キャンペーン、豊富な券面デザイン、VISA,JCB,MasterCard,AMEXのブランド対応など、様々な特徴があるカードです。

更に詳しい楽天カードの情報は、下記のサイトで紹介しているので、お時間がある人は見てみて下さい。
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

楽天カードの2回払いとは?

楽天カードは1回払い以外に、分割払いやリボ払い,ボーナス払いの選択が可能です。2回払いとは分割払いのことであり、2回に分けて支払いができます。

例えば、10万円の買い物を2回払いにすれば、1回あたりの支払い金額は5万円となり、負担を抑えることが可能です。

他の分割払いのように手数料が不要なため、非常にお得な支払い方法となっています。

ここからは、2回払いの特徴や使い方について見ていきましょう。

楽天カードの2回払い手数料とは?

楽天カードは、2回払いまで手数料不要で利用できます。1回払い同様、手数料がかからないため、少し高額な買い物をする際に便利です。

他には、3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回払いがあり、実質年率は12.25%〜15.00%となっています。

支払額を2回に分割でき、更に手数料もかからないため上手く活用すると便利ですので、覚えおきましょう。

「分割払いは利息がかかるから。」と分割払いに抵抗がある人でも、無利息の2回払いであれば安心して利用ができます。

高額商品やサービスを購入する際に便利ですので、「2回払いがある」と言うことを念頭に置いておきましょう。

楽天カードの2回払いの方法とは?

楽天カードの2回払いは、ショッピング時に選択できます。これは、楽天カードに限ったことではなく、他のクレジットカードも同様です。

ショッピング時に「2回払いでお願いします」と店員に伝えれば、2回払いにできます。

楽天カードは「あとから分割払い」が利用できるため、ショッピング1回払いをあとから分割払いに変更が可能です。

ただし、支払い回数は3回〜36回から選択しますので、2回払いへの変更はできません。

楽天カードの2回払いはいくらからできるのか?

楽天カードの2回払いは「●●円以上のショッピングじゃないと使えない」と言う決まりはありません。

そのため、2回払いができるお店での買い物であれば、5,000円でも10,000円でも、50,000円の買い物でも2回払いが可能です。

利用金額は関係ありませんので、どんどん2回払いを多用しましょう。

楽天カード2回払いの上限とは?

楽天カードの2回払い専用に上限は設けられていません。

ただし、契約している楽天カード自体に利用限度額が設けられていますので、どんなに多くてもその金額以上利用することはできないです。

事前に、持っている楽天カードの利用可能額について確認をしておきましょう。

楽天カードを2回払いにできない理由とは

楽天カードの2回払いができない場合は、以下の理由が考えられます。

●加盟店が2回払いに対応していない
すべての店舗で2回払いが利用できるわけではありません。

2回払いに対応していない店舗もあります。その場合は、楽天カードは利用できますが、2回払いは選択できません。

●あとから2回払いにはできない
「あとから分割払い」を利用して2回払いに、と考える人もいるかもしれませんが、前述の通り、あとから分割払いサービスでは2回払いに変更はできません。3回〜36回への変更です。2回払いにしたい場合は、ショッピング時に指定する必要があります。

●限度額が足りない
2回払いで買い物しようとしても、そもそもの限度額が足りない場合は2回払いを指定できません。

利用する前に、ショッピング枠や割賦枠を確認するようにしましょう。

主にこのような理由から、楽天カードの2回払いができませんので、気をつけて下さい。

楽天カードの支払い方法を2回払いに変更する方法

1度、1回払いなどでショッピング利用した分を、あとから2回払いへ変更することはできません。

2回払いは、対応している店舗でショッピング時のみ指定できます。

後から、分割払いへ変更する際は手数料が必要な3回以上となりますので、買い物の際は忘れずに2回払いであることを伝えましょう。

楽天カードで2回払いを選択した際の明細の表示はどうなるの?

楽天カードの明細は、楽天e-NAVIで確認できるようになっています。

楽天e-NAVIの「お支払い(ご利用明細)」から「ご利用明細」を選択すれば、以下の明細項目を確認可能です。

・利用日
・利用店名・商品名
・利用者
・支払方法
・支払金額
・詳細

2回払いの場合は、「支払方法」が2回払いと表示されています。

楽天カードで2回払いを選べない時の対処法とは?

楽天カードで2回払いが選べない場合は、前述のとおり、以下の3つの理由が考えられます。

・加盟店が2回払いに対応していない
・あとから2回払いにはできない
・限度額が足りない

2回払いを選べない場合は、1回払いもしくは3回以上の分割払いで支払うしかありません。

ただし、3回以上の分割払いになると実質年率12.25%〜15.00%となるため注意が必要です。

基本的には、2回払いができない場合は他の支払い方法を検討するしかありません。

楽天カードも2回払いキャンペーンとは?

楽天カードは、キャンペーンが充実していることでも人気があるクレジットカードです。

入会キャンペーンを利用すれば、大量の楽天スーパーポイントを獲得できます。

しかし、2回払いのキャンペーンは実施していません。

ただし、以下のようなリボ払いやあとからサービスに付随したキャンペーンは実施されています (2018年10月時点)

・キャッシングあとからリボ払いを利用すると抽選で2,000ポイント
・「自動でリボ払い」の登録&ショッピング利用で20,000ポイント (100,000円以上利用の場合)
・「自動でリボ払い」の継続&利用で最大3,000ポイント
・「ボーナス1回払い」利用で最大3,000ポイント

今後も手数料が不要な2回払いのキャンペーンは難しいかもしれませんが、他の分割払い、リボ払いであればキャンペーン実施の可能性が高いため、定期的にキャンペーン内容をチェックしましょう。

楽天カード2回払いの金利・利息とは

楽天カードの2回払いは、金利0%の利息0円です。1回払いと同じく手数料不要なため、非常に便利な支払い方法と言えます。

ただし、3回〜支払いになると、以下のような実質年率、100円あたりの手数料がかかるため注意して下さい。

●実質年率と100円あたりの分割手数料
1回:0%、0円
2回:0%、0円
3回:12.25%、2.04円
5回:13.50%、3.40円
6回:13.75%、4.08円
10回:14.50%、6.80円
12回:14.75%、8.16円
15回:15.00%、10.20円
18回:15.00%、12.24円
20回:15.00%、13.60円
24回:15.00%、16.32円
30回:15.00%、20.40円
36回:15.00%、24.48円

このように、3回払い以上の分割払いにすると、分割手数料がかかるため、極力2回払いまでに抑えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください