6月末の住民税納付に間に合う最短発行カード💨

楽天カードとイオンカードの完全比較ガイド!総合力で楽天カードがおすすめ

楽天カードとイオンカードを比較

「クレジットカードを作ろうと思うけど、楽天カードとイオンカードで迷う。」
今や全国を見渡せば何百という種類のクレジットカードが存在しますので、クレジットカード選びは悩みの大きな種と言えるでしょう。

なかでも楽天カードとイオンカードは人気の高いクレジットカードなので、なかなか決めにくいのかもしれません。

・楽天カードとイオンカードはどっちがお得?
・楽天カードの審査はイオンカードよりもカンタン?
・スマホ決済で使いやすいのは?
など気になることもたくさん。

そこで、この記事では楽天カードとイオンカードを徹底比較しましたので参考にしてください。

目次

楽天カードとイオンカードの基本スペックを比較

まずは楽天カードとイオンカードの基本スペックを表で比較してみましょう。

楽天カードイオンカード
年会費永年無料永年無料
国際ブランドVISA、マスターカード
JCB、アメックス
VISA、マスターカード
JCB
発行期間最短3営業日仮カードなら最短即日
本カードは通常3週間
家族カード年会費無料無料
ETCカード年会費500円+税無料
貯まるポイント楽天スーパーポイントときめきポイント
ポイント還元率1.0%〜0.5%〜
電子マネー楽天EdyWAON
海外旅行傷害保険最高2,000万円なし
国内旅行傷害保険なしなし
ショッピング保険なし最高50万円
不正利用の補償ありあり
キャッシング金利18.00%7.80%~18.00%
Apple Pay対応
Google Pay対応

年会費はどちらも永年無料

1,000円〜2,000円程度の年会費のクレジットカードも多いなか、楽天カードとイオンカードはどちらも年会費が永年無料です。

初年度だけ無料なのではなく、初年度も2年目以降もずっと無料で使うことができますので、所有コストを考えることなくクレジットカードを持ち続けることができます。

「クレジットカードを持ちたいけど余計なお金はかけたくない」という方や2枚持ちしたい方におすすめです。

国際ブランドは楽天カードに軍配

数あるクレジットカードのなかでも、楽天カードはアメックスブランドを含めた4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

とはいえ、VISA、マスターカード、JCBの3種類が揃っていればクレジットカードのスペックとしては文句なしなので、アメックスが選べるか選べないかはあまり重要ではないと思います。

締め日と引き落とし日を比較

クレジットカードを選ぶ際に意外と知っておきたいのが締め日と引き落とし日。

給料日とずれているとお金の管理が煩雑になってしまうので、できればクレジットカードの引き落とし日を給料日前後に合わせておきたいですよね。

楽天カードとイオンカードの締め日と引き落とし日を一覧にした表が下記になります。

楽天カードイオンカード
締め日毎月末日毎月10日
引き落とし日翌月27日翌月2日
締め日から引き落とし日までの猶予期間27日間22日〜23日間

楽天カードのほうがイオンカードよりも締め日から引き落とし日までの猶予期間も長いため、支払い金額の用意もしやすいのではないでしょうか?

楽天カードとイオンカードのETCカードを比較!おすすめはイオンカード

楽天カード、イオンカードどちらも発行手数料無料でETCカードの発行が可能です。

ただし、年会費を確認してみると楽天ETCカードが500円+税、イオンETCカードは年会費無料という差があります。

イオンカードにはさらに「車両損傷お見舞金制度」が用意されており、万が一ETCゲートで開閉バーに衝突して車が損傷を受けた場合でも年1回5万円分のお見舞金が支払われる補償も付いていることが特徴的です。

楽天カードイオンカード
発行手数料無料無料
年会費500円+税無料
保険なしETCゲート車両損傷
お見舞金制度
その他楽天PointClub会員ランクが
・プラチナ会員
・ダイヤモンド会員
なら年会費無料
なし

楽天ETCカードは楽天会員ランク次第で無料にすることはできますので、普段から楽天市場を利用している人にとってETCカードの年会費は実質無料と考えることができるかもしれません。

ただし、楽天会員ランクがプラチナ会員以下の方は少し検討したほうがよいかもしれません。

参考楽天ETCカードを年会費無料にする方法!お得な使い方と基本情報まとめ

楽天カードとイオンカードで審査が有利なのはどっち?申込資格で比較

楽天カードとイオンカードの審査基準を比較するために、それぞれの申込資格を確認してみたいと思います。

楽天カードイオンカード
年齢18歳以上18歳以上
学生
専業主婦
年金受給

上記の表から見て分かるように、楽天カードもイオンカードも基本的に18歳以上であれば誰でも作ることができるクレジットカードです。

審査基準についてはどちらが有利ということは無いと考えて良いでしょう。

利用可能枠が30万円以下なら簡易審査に

改正割賦販売法(クレジットに関する法律)では、限度額が30万円以下であれば簡易な審査で発行できる旨の記載があります。

そのため、過去に延滞履歴や自己破産のような事故情報がない限り、楽天カードもイオンカードも少ない限度額で発行されやすいクレジットカードと言えます。

参考

限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で発行可能とします。(経済産業省)

楽天カードとイオンカードのポイント還元率で比較!お得なのは楽天カード

クレジットカードを利用する目的がポイントという人も多いことでしょう。

ポイント還元率が高いクレジットカードを持てば、日々の買い物や支払いで大量のポイントを獲得できます。

ポイント還元率は、イオンカードよりも楽天カードの方がお得です。

イオンカードは200円の利用ごとにときめきポイントが1ポイント貯まり(還元率0.5%)、楽天カードは100円の利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります(還元率1.0%)。

仮に、楽天カードであれば月5万円の利用で500ポイント貯まり、年間で6,000ポイントも獲得可能です。

ただし条件を満たせば、イオンカードはポイント還元率が2倍、楽天カードは還元率が3倍(楽天市場は15倍)で利用できます。

最大ポイント還元率適用条件
楽天カード13.0%〜SPUの各条件を満たせば
楽天市場で最大13倍
イオンカード1.0%〜毎月10日「ときめきWポイントデー」
毎月5のつく日の「お客さまわくわくデー」で2倍

田代

楽天市場内の独自にポイントアップしているお店で購入したり、楽天スーパーセールのキャンペーンに乗っかればさらにポイントをもらうとが可能です。ポイント還元率や貯まったポイントの使いやすさを考えれば楽天カードで決まりだと思います。

ポイントが使えるお店はどっちが多い?

ポイントが使えるお店がたくさんあれば、貯まったポイントをより有効活用することが可能です。

ポイントが使えるお店・加盟店数は圧倒的に楽天カード(楽天スーパーポイント)の方が有利です。

加盟店数
楽天スーパーポイント全国約10,000店舗
ときめきポイント全国1,000未満
(ネットショッピングモール参加店含む)

イオングループに限られるときめきポイント

イオンカードのときめきポイントは「イオンモール」「ダイエー」「マックスバリュ」「ミニストップ」など、使えるお店はイオングループに限られます。会員専用ネットショッピングモール「ときめきポイントTOWN」のショップを含めたとしても1,000にも満たない状況です。

ですが、楽天スーパーポイントであれな大手チェーンを始め様々なお店で使えますので利便性はときめきポイントより高いと言えるでしょう。

楽天ポイントが使えるお店
  • マクドナルド
  • ロイヤルホスト
  • ミスタードーナツ
  • ビックカメラ
  • プロント
  • 大戸屋
  • アルペングループ
  • 大丸
  • ツルハドラッグ

公共料金に設定するなら楽天カードがおすすめ

携帯電話代や電気料金、ガス料金、水道料金、新聞料金、放送料金など、各公共料金の支払いは楽天カードがおすすめです。

楽天カードで支払いをすれば、毎回コンビニや金融機関窓口へ支払いに行く必要がありませんし、買い物同様、支払い100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるためです。

イオンカードでも公共料金支払いは可能ですが、ときめきポイントの還元率は楽天スーパーポイントの半分しかありません。

楽天カードであれば、毎月3万円の公共料金支払いで年間3,600ポイントも獲得できます。

楽天カードとイオンカードの海外旅行保険を比較!おすすめは楽天カード

海外旅行へ行く機会が多い方は楽天カードの方がおすすめです。

なぜなら、楽天カードは海外旅行傷害保険が付帯しておりお得な優待サービスも受けられるためです。

イオンカードはイオンゴールドカードには海外旅行傷害保険が付帯しているものの、通常のイオンカードは付帯していません。

楽天カードは海外のカードショッピングでも1%分のポイントを獲得できる上に、海外レンタカー10%オフや携帯、Wi-Fiルーターレンタル20%オフ、手荷物宅配優待サービスなどお得なトラベルサービスが充実しているのも魅力です。

楽天カードイオンカード
死亡後遺障害最高2,000万円なし
傷害治療200万円(1事故の限度額)なし
疾病治療200万円(1疾病の限度額)なし
携行品損害20万円(年間限度額)なし
賠償責任2,000万円(1事故の限度額)なし
救援者費用200万円(年間限度額)なし
航空機遅延保険なしなし

楽天カードはハワイ旅行の特典充実

ハワイの楽天カードラウンジ

ハワイ旅行で立ち寄った楽天カード専用ラウンジのお買いものパンダ

ハワイ旅行であれば楽天カードがお得です。

楽天カードを持っていれば、Tギャラリア ハワイby DFS内の楽天カード会員専用ラウンジを無料で利用できます。

ラウンジ内には日本語対応可能なスタッフが滞在していますし、広々とした空間でゆっくりとくつろげます。コーヒーやジュース、キッズスペースもあるなど充実しています。

また、ハワイで利用できる特典クーポンも配布されているため、ハワイの旅をよりお得に楽しむことが可能です。

海外でキャッシングするならイオンカードのほうが良い?

海外でキャッシングをする予定がある場合は、イオンカードの方がお得な可能性があります。

なぜなら、楽天カードの海外キャッシング金利は18.0%ですが、イオンカードの場合は7.8%〜18.0%となっているためです。

適用される金利(実質年率)は個人個人の審査によって異なりはしますが、楽天カードの金利よりも低くなる確率がイオンカードにはあります。

楽天カードイオンカード
キャッシング金利18.0%7.8%~18.0%
ATM手数料1万円以内:100円+税
1万円超:200円+税
1万円以内:100円+税
1万円超:200円+税

楽天カードとイオンカードのデザインで比較!見た目で選ぶなら楽天カード?

パープルカラーのイオンカードはどうしても個性が強いので、一般的なシルバー券面の楽天カードのほうがデザイン的に無難ではないでしょうか?

確かに昔は「楽天カード≒ダサい」という印象がありましたが、最近は提携カードやデザインタイアップを増やしたりとスタイリッシュなクレジットカードの仲間入りを果たしております。

どちらもディズニーデザインを用意

楽天カードにもイオンカードにもディズニーデザインが用意されているものの、楽天カードのほうがデザイン種類は豊富です。

  • 通常デザイン
  • お買いものパンダデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • ディズニーデザイン
  • YOSHIKIデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン など
デザイン一覧→楽天カードのデザイン一覧!デザイン別に楽天カードを選ぶ方法を解説

ただイオンカードにはカード業界で唯一のミニオンズデザインが用意されており、特典内容も映画チケット1,000円均一など魅力的です。

楽天カードとイオンカードのQRコード決済を比較!楽天ペイと楽天カード一択

楽天カードアプリにあるキャンペーン一覧

様々なQRコード決済アプリが誕生しておりますが、QRコード決済アプリに設定するクレジットカードで楽天カードかイオンカードを選んでいるなら、迷いなく楽天カードをおすすめしたいと思います。

というのも、2019年4月現在、楽天カードには楽天ペイがありますが、イオンカードにはイオンペイなるものが存在しないからです。

各社のスマホ決済アプリの導入状況
  • 楽天カード:楽天ペイ。楽天カードを登録して利用すれば200円ごとに3ポイント貯まる。
  • イオンカード:なし

楽天カードとイオンカードはApple Payで使えるお店が違う

楽天カードもイオンカードもApple Payに登録して利用することが可能です。

ただし、それぞれで使えるお店に違いがありますので気をつけましょう。

カード名Apple Pay対応使えるお店
楽天カード対応QUICPayが使えるお店(加盟店)
イオンカード対応iDyが使えるお店(加盟店)

イオンウォレットがスマホ決済にグレードアップするか?

2019年4月にau WALLETがau Payを搭載してアップデートしました。

現在は利用明細などを確認できるアプリとしてイオンウォレットがありますが、イオンPay(WAON Pay?)を搭載してアップデートされる日もそう遠くはないかもしれません。

楽天カードとイオンカードの入会キャンペーンを比較

楽天カードとイオンカードを比較してみて、段々とどちらが自分に合っていそうか分かってきたと思います。

もしまだ迷いが残っている方は、最後に楽天カードとイオンカードの入会キャンペーン内容を比較して決めましょう。

キャンペーンの適用条件の簡易さ、それからお得さで考えれば楽天カードがおすすめです。

キャンペーン特典内容キャンペーン内訳特典キャンペーン適用条件
楽天カード5,000ポイント〜8,000ポイント①2,000ポイント
②3,000〜5,000ポイント
①新規入会
②1円以上の利用
イオンカード4,000ポイント①1,000ポイント
②500ポイント
③1,000〜2,500ポイント
①新規入会
②公式アプリの登録
2万円以上の利用

楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

イオンカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間約3週間
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大4,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会で1,000円分のときめきポイント
  2. AEON WALLETの登録で500円分のときめきポイント
  3. キャンペーン期間内に2万円以上利用で1,000円分、4万円以上の利用で2,500円分のときめきポイント
イオンカード(WAON一体型)の特徴
  • 全国のイオン、マックスバリュなどの対象店舗の利用はポイント2倍
  • 毎月20日・30日のお客さま感謝デーは買い物代金が5%オフ
  • イオンシネマの映画料金がいつでも300円オフ&お客さま感謝デーは1,100円均一
  • ミニオンズデザイン&TGCデザインならイオンシネマがいつでも1,000円
  • ETCカードは発行手数料&年会費無料!ETCゲート車両損傷お見舞金制度も付帯して安心

もし楽天カードとイオンカードを併用して使い分けるなら

楽天カードとイオンカードどちらかを選ぶのではなく、2枚持ちして使う方法もあります。

その場合は、イオングループで買い物をする際はイオンカードを使い、公共料金支払いやイオングループ以外、海外での買い物には楽天カードを使うなど、上手く併用することで賢く使えます。

どちらも年会費は無料ですので、2枚持ちも選択肢として十分検討できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください