【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

楽天カードのEdyポイントを賢く貯めよう!楽天カードのEdyポイントを徹底解説!

楽天カードマンのテレビCMで知名度を上げている楽天カードはポイントが貯めやすいことで好評を得ているクレジットカードです。楽天スーパーポイントを貯める方法はたくさんありますが、楽天Edyを利用すると楽天スーパーポイントを効率的に貯めることができます。そこで今回は楽天カードの楽天エディポイントについて解説します。より楽天カードで楽天スーパーポイントを貯めたいと考えている人は参考にしてください。

楽天カードEdyポイントを知る前に楽天カードの基本を学んでおこう

楽天カードEdyポイントを知る前に、楽天カードの基本を学んでおきましょう。楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードのことです。楽天カードの一番の特徴はポイントが貯まりやすいことです。普段の買い物で楽天カードを使えばポイントが貯まりますが、楽天市場で利用するとポイントが3倍になったり、入会特典でポイントが貰えることができるので、楽天カードを使ってポイントを貯めて、お得にお買い物をするひとが増えています。また、海外旅行保険も最大2000万円までついているので、旅行にも大変便利なクレジットカードです。そんな楽天カードの楽天Edyポイントについて解説します。

楽天カードEdyポイントとは?

楽天Edyポイントとは、楽天が提供している電子マネー楽天Edyを利用したときに貯まる楽天スーパーポイントのことです。楽天Edyは、Edy機能付き楽天カード、おサイフケータイに対応しているスマホ、楽天Edyポイントカードで利用できます。楽天Edyは、事前のチャージが必要ですが、楽天Edyでお買い物をしたり、楽天カードを経由してチャージすれば楽天スーパーポイントがたまるので、チャージしたあとに楽天Edyでお買い物すればポイントの二重取りが可能になります。

楽天カードEdyポイントの貯め方

楽天Edyでポイントを貯める方法はいくつかあります。

  • 楽天Edyを使う
    →もっとも一般的な方法で、楽天Edyが使えるお店でお買い物をすると200円で1ポイントが貯まる。
  • クレジットカードから楽天Edyへチャージする
    →クレジットカードから楽天Edyへチャージする0.5パーセントのポイントが貯まる。楽天カードからチャージするのがおすすめ

楽天カードEdyポイントの使い方

ここからは、実際に楽天Edyでポイントが貯まる利用方法を紹介します。

  • レジで楽天Edyでお買い物
    →コンビニやスーパーなど楽天Edyが使えるお店で店員に支払いは楽天Edyでとお願いしましょう。専用の読み取り機に楽天Edyをかざすと支払いが完了です。また、楽天Edyカードを提示するだけでもポイントが貯まります。
  • インターネットショッピングで楽天Edyを使う
    →インターネットショッピングでも楽天Edyを利用できます。サイト内で楽天Edyが使える支払い方法を選ぶだけで決済が完了するのでとても簡単です。クレジットカードのようにカード番号を入力する必要はありません。

楽天カードEdyポイントの確認方法

楽天Edyポイントのポイント残高や利用履歴を確認する方法は以下の通りです。
希望の方法を選択してください。

  • 店頭での残高照会
  • パソコンでの残高照会
  • おサイフケータイの残高照会
  • iPhoneに接続したEdyカードの残高照会

店頭での確認方法は、楽天Edy加盟店のレジもしくはEdyチャージャーで残高を確認できます。また、自宅でもパソコンに楽天Edyリーダー、FeliCaポートをつなげば利用履歴を確認することができます。

楽天カードEdyポイントが貯まるお店

楽天Edyポイントを貯めることができるお店は全国55万カ所のコンビニやスーパーなどで利用できます。下記はその一覧です。

セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
マクドナルド
マツモトキヨシ
ヨドバシカメラ

この他にも数多くのインターネットショッピングサイトで楽天Edyを使うことができます。

楽天カードEdyポイントチャージキャンペーンとは?

楽天Edyポイントを貯めるには楽天が定期的に開催してるキャンペーンを利用しましょう。

  • ダイヤモンド・プラチナ会員が応募するとで、Edy楽天ポイント200円をプレゼント
  • 楽天銀行口座から1回3,000円以上Edyチャージした人を対象にEdy200,000円分を山分けプレゼント
  • キャンペーン期間中に楽天銀行以外の銀行口座からはじめて1,000円以上チャージした人を対象に、もれなくEdy100円分プレゼント

楽天Edyポイントのデメリット

楽天Edyはとても便利な機能ですが、デメリットもあるようです。わざわざチャージする必要の無いオートチャージを使うためには、楽天enaviに登録する必要がありますが、その作業が面倒と感じる人が多いようです。しかし、一度登録すると使い勝手は向上するので、楽天Edyをよく使う人は登録をおすすめします。また、オートチャージにするとついつい使いすぎてしまう可能性があります。こまめに残高や利用履歴をチェックして計画的に使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください