今すぐ作れるクレジットカードあります!

楽天カードのエラーコードとは?楽天カードのエラーコードの種類と対応方法。

楽天カードは楽天カードカードマンなどでよく知られているクレジットカードです。楽天カードの一番の特徴はポイントが貯まりやすく、使い勝手が良いこと。楽天スーパーポイントを貯めてお得にお買い物をするひとが増えています。そんな楽天カードのエラーをご存じですか?楽天カードのエラーはいくつか種類がありますが、最悪の場合、利用停止になってしまうこともあります。そこで今回は楽天カードのエラーについて解説します。楽天カードのエラーを回避したい人は参考にしてください。

楽天カードのエラーコードを知る前に楽天カードの基本を学んでおこう

楽天カードのエラーを知る前に、楽天カードの基本を学んでおきましょう。楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードのことです。楽天カードの一番の特徴はポイントが貯まりやすいことです。普段の買い物で楽天カードを使えばポイントが貯まりますが、楽天市場で利用するとポイントが3倍になったり、入会特典でポイントが貰えることができるので、楽天カードを使ってポイントを貯めて、お得にお買い物をするひとが増えています。また、海外旅行保険も最大2000万円までついているので、旅行にも大変便利なクレジットカードです。そんな楽天カードのエラーについて解説します。

楽天カードのエラーコードとは?

楽天カードのエラーとは、お店やインターネットショッピングで楽天カードを利用するときにエラーが出てしまい楽天カードが使えないときに表示されます。当然そのままでは使用できませんので何かしらの対応が必要です。主なエラーの原因は下記の通りです。

  • カードの利用可能額を超過している
  • 支払日に引き落としができなかった
  • カードの切り替えを行った
  • カードの紛失・盗難届出済みのカードを利用した
  • 磁気不良・カードを破損した
  • カードの暗証番号を複数回間違えた
  • カードの有効期限が過ぎている

楽天カードのエラーコード一覧

では、実際にどのようなエラーが表示されるのでしょうか?エラーはエラーコードと呼ばれる種類別の番号で表示されます。エラーコードと理由は次の通りになっています。

  • エラーコード1→カード利用停止
  • エラーコード2→強制解約
  • エラーコードA→料金未納やキャッシングの申請の拒否
  • エラーコードM→増額申請拒否(年収)
  • エラーコードG→増額申請拒否(年収以外)
  • エラーコードC→楽天の内部システム異常

それぞれのエラーコードを回復するには対応が違いますので、エラーコードの種類をよく把握しておきましょう。

楽天カードのエラーコードが出たときの対応

楽天カードのエラーコードが表示されたらまずはその原因を調べる必要があります。基本となるのは楽天コンタクトセンターに連絡し、理由を訪ねることです。カード異常や楽天内部システムの異常の場合は答えてくれるケースが多いですが、審査に関することは答えてくれる可能性が低いでしょう。延滞など信用に関することに心当たりがあれば、早めに対応して、再度カードの利用申請をしてみましょう。エラーコードの対応をしてくれる楽天カードのコレクトセンターの電話番号は、楽天カードのユーザーにしか公開されてませんので、楽天e-naviなどを参考に電話してみましょう。

楽天カードのエラーコード1とは?

楽天カードのエラーコード1は利用停止を意味しています。エラーコード1が出る原因は様々ありますが、楽天カードのユーザーに問題があり、これ以上楽天カードの利用できないと判断された場合が考えられます。主な原因は支払日に延滞している、定期的に行われている抜き打ち検査に問題があったなどです。エラーコード1の解消するためには、問題を解決する必要があります。延滞が原因ならばすぐに入金すれば、再度利用可能か審査されます。何が原因でエラーコード1が出ているのか判断して対応しましょう。

楽天カードのエラーコード2とは?

楽天カードのエラーコード2はもっとも出て欲しくないエラーコードです。これは強制解約を意味しているので、利用停止のエラーコード1のさらに上のエラーコードです。すでに強制解約の処理をされた後で出るエラーコードなので、再度楽天カードを利用したい場合は新たに申し込みする必要があります。しかし、再度申込みしても審査に通る可能性が低く、別のクレジットカードの利用を検討した方が良さそうです。エラーコード1が出た段階で早急に対応してエラーコード2が出ないようにしましょう。

楽天カードのエラーコードAとは?

楽天カードのエラーコードAは、キャッシングの申込みをしたときやキャッシングの増額を申請して断られた場合に表示されます。例えばキャッシングの枠をすべて使い切っているのに新たにキャッシングの申請をしたときが該当します。また、料金を延滞しているときにキャッシングを申し込んでもエラーコードAが表示されこともあります。楽天側としては、楽天カードのユーザーの使い方に問題があると判断されますので、与信に関わってきますので、早期の延滞の解消と計画的な利用を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください