今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

楽天カードのエラーコード1が出たときはどうするの?楽天カードのエラーコード1の対応を徹底解説!

楽天カードは楽天カードマンのテレビCMで人気を集めているクレジットカードです。楽天カードの一番の特徴はポイントが貯まりやすいことなので、上手に楽天スーパーポイントを貯めてお得にお買い物をしている人が増えています。そんな楽天カードのエラーを知っている人は少ないのでは無いでしょうか?特に楽天カードのエラーコード1はあまり見たくないエラーコードの一つです。そこで今回は楽天カードのエラーコード1について解説します。エラーコード1の解消方法を知りたい人は参考にしてください。

楽天カードのエラーコード1を知る前に楽天カードの基本を学んでおこう

楽天カードのエラーコード1を知る前に楽天カードの基本を学んでおきましょう。楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードのことです。楽天カードの一番の特徴はポイントが貯まりやすいことです。普段の買い物で楽天カードを使えばポイントが貯まりますが、楽天市場で利用するとポイントが3倍になったり、入会特典でポイントが貰えることができるので、楽天カードを使ってポイントを貯めて、お得にお買い物をするひとが増えています。また、海外旅行保険も最大2000万円までついているので、旅行にも大変便利なクレジットカードです。そんな楽天カードのエラーコード1について解説します。

楽天カードのエラーコード1とは?

そもそも楽天カードのエラーコード1とはどのような物なのでしょうか?エラーコードとは、なんらかの原因で楽天カードの利用ができないときに表示される物です。お店やインターネットショッピングで楽天カードを使用したときに突然表示されるので、焦ってしまうこともあるでしょう。エラーコード1とは数あるエラーコードの一つで、楽天カードの利用停止を意味しています。表示される原因と解消法は後ほど解説します。

楽天カードのエラーコード一覧

楽天カードのエラーコードはいくつかありますが、エラーコードの種類と原因は次の通りです。

  • エラーコード1→カード利用停止
  • エラーコード2→強制解約
  • エラーコードA→料金未納やキャッシングの申請の拒否
  • エラーコードM→増額申請拒否(年収)
  • エラーコードG→増額申請拒否(年収以外)
  • エラーコードC→楽天の内部システム異常

エラーコードの種類によって対応が異なってきますので、エラーコードの意味を知っておく必要があります。

楽天カードのエラーコード1が出たときの対応

それでは楽天カードのエラーコード1が出たときはどうしたらよいのでしょうか?エラーコード1とは楽天カードの利用停止を意味しているので、原因をか解決して利用停止を解除する必要があります。主な原因は、楽天カードの支払日に延滞している、楽天の抜き打ち検査に合格しなかったなどです。つまり、審査の通過に必要な信用が無くなってしまったことなので、延滞が原因ならばすぐに入金して再度、楽天カードの利用申請をする必要があります。しかし、楽天コレクトセンターに問い合わせても審査に関することは答えてくれる可能性が低いので、自分で審査に落ちてしまった原因を探る必要があります。

楽天カードのエラーコード1は早急に対応すべし

楽天カードのエラーコード1が表示されて利用が停止してしまったときは早急に対応する必要があります。エラーコード1はこのままでは楽天カードをできなく、放っておくと強制解約しますよという警告なので、原因を突き止めて解消しなければなりません。もし、放っておくと強制解約を意味するエラーコード2が表示されて、その楽天カードは使えなくなってしまいます。

楽天カードのエラーコード2とは?

上記で紹介した楽天カードのエラーコード1の後に出るエラーコード2はもっともらし見たくないエラーコードです。強制解約を意味するエラーコード2は、強制解約を処理した後で表示されますので、再び同じ楽天カードを使うことはできません。再度楽天カードに申込みができますが、審査に合格する可能性は少ないでしょう。クレジットカードの信用に関する情報は共有されていますので、他のクレジットカードを作るときに影響が出るかもしれません。

楽天カードのエラーコード1の解消法

楽天カードのエラーコード1が出たときは、その原因を突き止めて解消しなければなりません。主な原因である支払いの遅延は、指定日に入金が確認された後、三日程度で再度利用が可能か審査が行われます。しかし、複数回の遅延や長期間の延滞が続いている場合は、悪質だと判断され、遅延を解消したとしても審査に落ちてしまう場合があるので、必ず解消出来るとは限りません。どんなクレジットカードでも言えることですが、支払日は必ず守るようにする必要があるでしょう。

楽天カードのエラーコード2は解消できる?

楽天カードのエラーコード2が出てしまったら解消することは出来るのでしょうか?結論からいえば、再び楽天カードを利用することは難しいといえるでしょう。エラーコード2が出た時点で楽天はあなたを楽天カードを利用するのにふさわしくないと判断していますので、信用を回復することはできません。どうしてもクレジットカードを持つ必要があれば、楽天カードよりも審査が優しいクレジットカードを見つけて申し込でみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください