【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

楽天カードとJCB CARD Wカードを比較!作るならどっちがいいか調べてみた

「クレジットカードを作ろうと思うけど、楽天カードとJCB CARD Wカードで迷う。」
今や全国を見渡せば何百という種類のクレジットカードが存在しますので、クレジットカード選びは悩みの大きな種と言えるでしょう。

なかでも楽天カードとJCB CARD Wカードは人気の高いクレジットカードなので、なかなか決めにくいのかもしれません。

・楽天カードとJCB CARD Wカードはどっちがお得?
・楽天カードの審査はJCB CARD Wカードよりもカンタン?
・スマホ決済で使いやすいのは?
など気になることもたくさん。

そこで、この記事では楽天カードとJCB CARD Wカードを徹底比較しましたので参考にしてください。

楽天カードとJCB CARD Wカードの基本スペックを比較

まずは楽天カードとJCB CARD Wカードの基本スペックを表で比較してみましょう。

楽天カードJCB CARD Wカード
年会費永年無料永年無料
国際ブランドVISA、マスターカード
JCB、アメックス
JCB
発行期間最短3営業日最短3営業日
家族カード年会費無料無料
ETCカード年会費500円+税無料
貯まるポイント楽天スーパーポイントOki Dokiポイント
ポイント還元率1.0%〜0.5%〜
電子マネー楽天EdyQUICPay
海外旅行傷害保険最高2,000万円最高2,000万円
国内旅行傷害保険なしなし
ショッピング保険なし最高100万円
不正利用の補償ありあり
キャッシング金利18.00%18.00%
Apple Pay対応
Google Pay対応

年会費は楽天カードもJCB CARD Wカードも永年無料

楽天カードもJCB CARD Wカードも年会費が永年無料で持てるお得カードです。

ETCカードはJCB CARD Wカードがおすすめ

楽天カード、JCB CARD Wカードどちらも発行手数料無料でETCカードの発行が可能です。
ただし、年会費を確認してみると楽天ETCカードが500円+税、JCB CARD WのETCカードは年会費無料という差があります。

よく高速道路を利用する方であればETCカードは必須のため、年会費がかからないJCB CARD Wカードがオススメです。

楽天カードJCB CARD Wカード
発行手数料無料無料
年会費500円+税無料
保険なしなし
その他楽天PointClub会員ランクが
・プラチナ会員
・ダイヤモンド会員
なら年会費無料
なし

楽天ETCカードは楽天会員ランク次第で無料にすることはできますので、普段から楽天市場を利用している人にとってETCカードの年会費は実質無料と考えることができるかもしれません。

ただし、楽天会員ランクがプラチナ会員以下の方は少し検討したほうがよいかもしれません。

参考楽天ETCカードを年会費無料にする方法!キャンペーン活用とお得な使い方

審査に通りたいなら楽天カードとJCB CARD Wカードはどちらが有利なのか

審査に通りやすいというカードは存在しません。
なぜなら審査基準が公表されていないため、どこのカードがオススメということが言えないからです。

ただ、申込条件などを見比べて誰でも持てるカードなのか、そうではないのかが分かります。

楽天カードもJCB CARD Wカードも、18歳以上で申込ができます。
ただJCB CARD Wカードは39歳以下までが申し込めるカードのため、条件で判断すると楽天カードのほうが幅広い年齢層が持つことができそうです。

楽天カードJCB CARD Wカード
年齢18歳以上18歳以上39歳以下
学生
専業主婦
年金受給

利用希望額を30万円以下にすれば簡易審査に

改正割賦販売法(クレジットに関する法律)では、希望する限度額が30万円以下であれば簡易な審査で発行できる旨の記載があります。

限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で発行可能とします。(経済産業省)

はじめから大きい金額を希望するのではなく、できるだけ最小限の金額で申し込むようにしましょう。

楽天カードとJCB CARD Wカードのポイント還元率を比較

日常の買い物、毎月の引き落としをクレジットカードにすると、どんどんポイントが貯まっていきます。

通常のポイント還元率でいえば楽天カードが1.0%とJCB CARD Wカードの倍になるため、オススメです。

対象店舗などの条件を満たしていくと、どちらのカードもポイント還元率がアップします。

最大ポイント還元率適用条件1ポイントあたりの価値
楽天カード13.0%〜SPUの各条件を満たせば
楽天市場で最大13倍
1ポイント1円
JCB CARD Wカード11.0%〜優待店舗の利用で最大11倍1ポイント0.5円

マクドナルド等のファストフード店でお得なのは楽天カード

マクドナルドをよく利用する人であれば楽天カードをおすすめします。
なんと楽天カードを利用すると還元率が2倍となり100円で2ポイント貯まります。
JCB CARD Wカードと比較すると4倍もの違いとなり、還元率に大きな差がでます。
他のファストフード店であっても還元率は通常のため、すべて楽天カードがオススメとなります。

楽天カードJCB CARD Wカード
マクドナルド100円2ポイント100円0.5ポイント
モスバーガー100円1ポイント100円0.5ポイント
ロッテリア100円1ポイント100円0.5ポイント
バーガーキング100円1ポイント100円0.5ポイント
ケンタッキー100円1ポイント100円0.5ポイント

ウエルシア薬局等のドラッグストアでお得なのは楽天カード

最近はドラックストアですべての商品が揃ってしまいますね。
医薬品だけでなく、日用品、食品まであらゆるものが用意されています。
ウェルシア薬局を利用することが多い人は楽天カードをオススメします。
通常ポイントで比べてもJCB CARD Wカードの倍ありますからね。
ツルハ薬局をよく利用する人であれば、マクドナルドと同じくJCB CARD Wカードとでは、4倍の差がつきます。

楽天カードJCB CARD Wカード
ウエルシア薬局100円1ポイント100円0.5ポイント
マツモトキヨシ100円1ポイント100円0.5ポイント
サンドラッグ100円1ポイント100円0.5ポイント
ツルハドラッグ100円2ポイント100円0.5ポイント

セブンイレブン等のコンビニでお得なのはJCB CARD Wカード

大手コンビニチェーンで1番店舗数が多いのはセブンイレブンではないでしょうか。
セブンイレブンでの還元率でお得なカードはJCB CARD Wカードになります。
通常より3倍のポイント還元率となるため、楽天カードを上回ります。
他のコンビニを利用することが多いのであれば楽天カードがいいですね。

楽天カードJCB CARD Wカード
セブンイレブン100円1ポイント100円1.5ポイント
ローソン100円1ポイント100円0.5ポイント
ファミリーマート100円1ポイント100円0.5ポイント
ミニストップ100円1ポイント100円0.5ポイント

スタバ等のカフェでお得なのはJCB CARD Wカード

美味しい飲み物が用意されているカフェといえばスタバですよね。
街中から郊外まで今いろいろなところで店舗が増えています。
スタバを使う機会が多いのであれば、JCB CARD Wカードがオススメです。
まさかのポイント還元率が10倍に跳ね上がり、100円で5ポイントつく計算になります。

楽天カードJCB CARD Wカード
スターバックス100円1ポイント100円5ポイント
ドトール100円1ポイント100円0.5ポイント
タリーズ100円1ポイント100円0.5ポイント
サンマルク100円1ポイント100円0.5ポイント
ルノアール100円1ポイント100円0.5ポイント
コメダ珈琲100円1ポイント100円0.5ポイント

すき家等の牛丼チェーンでお得なのは楽天カード

もともと牛丼チェーン店ではクレジットカードを使えるところが少ないです。
早いを売りにしているため、カード決済をすると時間がかかってしまうからでしょう。
しかしポイントが貯まるのであればカードを利用したいですよね。
すき家であればクレジットカードが使えますし、楽天カードはポイント2倍となるためオススメです。

楽天カードJCBカード
すき家100円2ポイント100円0.5ポイント
吉野家0ポイント
※クレジットカード利用不可
0ポイント
※クレジットカード利用不可
松屋0ポイント
※クレジットカード利用不可
0ポイント
※クレジットカード利用不可
なか卯0ポイント
※クレジットカード利用不可
0ポイント
※クレジットカード利用不可

公共料金に設定するなら楽天カードがおすすめ

携帯電話代や電気料金、ガス料金、水道料金、新聞料金、放送料金など、各公共料金の支払いは楽天カードがおすすめです。

楽天カードで支払いをすれば、毎回コンビニや金融機関窓口へ支払いに行く必要がありませんし、支払い100円につき1ポイントが楽天スーパーポイントで貯まるためです。

JCB CARD Wカードでも公共料金支払いは可能ですが、楽天カードの還元率の半分しかありません。

楽天カードであれば、毎月1万円の公共料金支払いで年間600ポイントの差が付きますので、ポイント還元率は重要な比較項目となります。

楽天カードとJCB CARD Wカードはどちらが海外旅行に安心なのか

海外旅行へ行く機会が多い方は楽天カードの方がおすすめです。

なぜなら、楽天カードは海外旅行傷害保険が付帯しておりお得な優待サービスも受けられるためです。

JCB CARD Wカードも海外旅行保険が付帯されています。
どちらのカードも内容が充実しているのですが、保証金額で比較すると楽天カードのほうが少し上回りますね。

楽天カードJCB CARD Wカード
死亡後遺障害最高2,000万円最高2,000万円
傷害治療200万円(1事故の限度額)100万円(1事故の限度額)
疾病治療200万円(1疾病の限度額)100万円(1疾病の限度額)
携行品損害20万円(年間限度額)20万円(1旅行中)
賠償責任2,000万円(1事故の限度額)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用200万円(年間限度額)100万円(年間限度額)
航空機遅延保険なしなし

楽天カードとJCB CARD WカードでQRコード決済と相性がよいのはどちらか

消費税増税にむけてさまざまなQRコード決済サービスが導入されています。
QRコード決済を通じて会計をすると、ポイント還元があるからでしょう。

相性の良さ、ポイント還元の観点から考えると楽天カードのほうが優位です。
JCB CARD Wカードは使えないところが多いです。

QRコード決済との組み合わせ
楽天カードJCB CARD Wカード
PayPay◯:還元率1.5%
※JCB・アメックスを除く
×
楽天ペイ◯:還元率1.5%×
d払い◯:還元率1.5%◯:還元率1.5%
au PAY◯:還元率1.5%
※マスターカードのみ
×
Origami Pay◯:割引2.0%+還元率1.0%
※JCBブランドを除く
×

楽天カードとJCB CARD Wカードがおすすめな人

普段使いであれば確実に楽天カードです。楽天市場をよく利用する人も。
対象の店舗などでステップアップ還元を受けられるのであればJCB CARD Wカードを使いましょう。

  • 楽天カード:楽天市場を頻繁に利用する人
  • JCB CARD Wカード:対象店舗を利用する人

楽天市場を頻繁に利用する人は、ポイント還元が高くなる楽天カードを利用しましょう。
JCB CARD Wカードも悪いわけではなく、対象店舗で力を発揮するため、2枚持ちをして使い分けるという考え方もできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください