今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

楽天カードの迷惑メールとは? 迷惑メールにだまされない確認方法と対策方法

顧客満足度上位をキープし続け、大手カード会社の一角に参入しつつあるのが楽天カードです。
しかしここ最近ではカードの普及とともに、巧妙な手口で楽天カードを騙り、利用者を悩ませる迷惑メール (偽メール)の情報が多く寄せられています。
もしも突然、身に覚えのない利用明細メールが届いたとしても、慌てずに落ち着いて対応することが肝心です。

今回は楽天カード利用者が、そうした不正メールを虚偽と見抜くための様々な方法を中心にまとめました。

楽天カードとは?

楽天市場などで有名な楽天が発行しているクレジットカードの事です。
100円につき、1ポイントが貯まり、貯めたポイントは1ポイント1円として楽天市場ではもちろんの事マクドナルドやミスタードーナツなどでも使えます。

楽天カードにも色々な種類があり、一番普通な一般カードを始め、女性に嬉しい特典のピンクカードやゴールドカードなどがあります。

楽天カードの迷惑メールとは

楽天カードでは利用者宛に、月々の利用明細やリボ払い案内などの情報をメールで通知しています。
しかし近年問題になっているのが、楽天カードの名を借りた悪質な詐欺メール (迷惑メール) です。
楽天カード側でもこの事態に対し、偽メールを除外する対策が取られていますが、今回は楽天カード利用者が、そうしたメールに騙されないために行うべき方法について解説します。

楽天カード利用のお知らせとは?利用明細と混同する迷惑メール

楽天カードでクレジット決済を行ったのち、登録してあるメールアドレス宛にカード利用明細通知が届くサービスが「カード利用お知らせメール」機能です。
この「カード利用お知らせメール」を騙って、高額な料金を請求するメールが横行しており、当初は会員情報が変更されたことを文章のみでシンプルに伝えるものでした。
しかし昨今では、文字のフォントからレイアウトに至るまで、本物を巧妙に似せた内容のメールが増えており、こうしたメールは一見、本物と見分けがつかないのでより危険であると言えます。
メールに記載されている請求内容に覚えがなければ、早々に消費者センターなどに相談するのが良いでしょう。

偽メールと判明した場合、楽天カードではメールそのものを破棄するよう通達が行われています。

楽天カードのEdyチャージの迷惑メールとは

お知らせメールではクレジット決済だけでなく、電子マネーEdyへのチャージの際にも「Edyオートチャージご利用のお知らせメール」が届きますが、これについても何十万と言うチャージ額が記載された不正メールの情報があります。
楽天Edyでチャージ可能な残高は5万円までとなっており、それを超える額のメールは明らかに偽メールと判断できるものです。

また少額であっても、チャージした覚えがなければカスタマーセンターなどに問い合わせ、早めに確認するようにしましょう。

楽天カードのリボ払いの案内は迷惑メールの場合も

楽天カードより送られてくる「リボ払いの案内」「支払金額の調整」と言った内容のメールも、近年偽物が出回っているとの情報があります。
リボ払いは月々の返済額を少額に抑えられる半面返済期間が長くなり、その分手数料がかさむというデメリットのため、敬遠する人も少なくないようです。
あまり頻繁に案内メールが届く場合、URLやリンク先に不審な点があれば、カスタマーセンターや消費者センターに相談するのが良いでしょう。

また登録アドレスがYahooメールやGmailであれば、迷惑メール報告機能によりYahooやGoogleに報告を上げることもできます。

楽天カードの迷惑メールをクリックしたらダメ!フィッシング対策とは

楽天カードから送付されるメールの正しいドメインは「@mail.rakuten-card.co.jp」です。そのため全く違うドメインであれば偽メールと言うことになります。
あるいはドメインが同じでも、利用者個人宛のはずなのに複数の送信先への一斉送信であったり、メールに記載されているリンク先のURLが「http://~」となっている場合も不正メールです。

楽天カード公式サイトのURLは「https://~」から始まり情報が暗号化され、勝手に抜き出せないようになっています。
もしも上述の面で虚偽メールが疑われる場合、不用意にメール内にあるリンクや添付ファイルをクリックすると全く違うサイトに飛んだり、不正プログラムをダウンロードされたりする恐れがあるので、絶対にクリックしないようにしましょう。

楽天カードの迷惑メールと大阪信用金庫の関係とは?

楽天メールを騙った詐欺メールとして、ネット上に多く寄せられている情報が、「ご請求予定金額のご案内」で「【ご請求口座】大阪信用金庫」との記載があるのがメールです。「楽天 迷惑メール 大阪信用金庫」で検索すると多くの関連サイトがヒットします。
楽天カード会員でない人や、大阪信用金庫に口座のない人にもこうしたメールが送られているそう。
カスタマーセンターに問い合わせたところ、「楽天カードと大阪信用金庫の間には何ら関係性はない」との明確な答えでした。
以上のことから、よく見られるフィッシングメールやスパムメールの一種だと判断されるので、メールが届いたら無視するか、削除するようにしましょう。

楽天カードの迷惑メールに騙されないために覚えてほしい口座振替日とは

クレジットカードで口座振替を行う日はカード会社によって異なるため、複数のカードを使い分ける際は、それぞれの口座振替日を正しく把握しておくことが重要になります。
中には自分が希望する日に振替日を設定できるカードもありますが、楽天カードの口座振替日は利用月の翌月27日に設定されており、振替日が27日以外と記載されている案内メールは虚偽メールですので覚えておきましょう。
なお楽天カードの締日は通常月末ですが、楽天市場のカード利用では締め日が25日となり、26日から月末までの利用分は翌々月27日の引き落としとなります。

楽天カードの迷惑メール対策とは

現在楽天カードでは、利用者に被害が及ぶのを防ぐため、以下に示す3つの情報を送信メールに付随することで、迷惑メール防止対策を行っています。
・正しいサーバー (IPアドレス)から送られているという送信元情報
・暗号化された楽天カードの署名 (電子署名)
・メールサービス側への不正メールは送付せず破棄する旨の通知
上記の情報を元にした処理方法は、各メールサービスごとに異なります。

楽天カードの迷惑メールの通報先とは

近年はネットによる情報化社会の普及に伴い、身に覚えのない請求を突きつける悪質なメールが後を絶ちません。

楽天カードを騙った不正メールも、そうした悪質メールの一部と言えます。
迷惑メール被害に対しては、無視しても良いですがなるべく楽天カードコンタクトセンターや最寄りの消費者センターなどに、相談するようにしましょう。
またもしもメール経由で重要な個人情報漏洩の危険がある際は、早めに警察に通報して対応を依頼するようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください