【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

楽天ポイントが使える店はどこ?3つの方法で使える店が広がる

コンビニ

楽天グループのサービスを利用したり、提携店舗を利用したりすることで貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)。
貯まった楽天ポイントは、楽天市場などの楽天サービスだけでなく、お近くの実店舗でも使うことができるんです。ではどうやって楽天ポイントを使うのでしょうか?また、どのお店で使うことができるのでしょうか?
今回は、その方法と楽天ポイントが使える店について、詳しく紹介していきます。

楽天ポイントの実店舗での使い方は3通り

楽天ポイントの実店舗での使い方は3通りあります。ご紹介していきます。

楽天ポイントカードで支払う

楽天ポイントを使う方法として真っ先に思いつくのは、楽天ポイントカードで支払う方法です。実店舗での支払い時に楽天ポイントカードを提示し、楽天ポイントで支払う旨を店員に伝えればOKです。楽天ポイント1ポイントが1円に相当します。
楽天ポイントカードは提携店に置いてありますので、まだお持ちでない方は店頭で聞いてみてください。もしくは、楽天市場や楽天PointClubなどの楽天グループのアプリにもポイント支払い機能がついていますので、これを利用することもできます。または、クレジットカードである楽天カードにも楽天ポイントでの支払い機能がついています。
上記に説明した楽天ポイントで直接支払う方法には、ひとつデメリットがあります。
それは、楽天ポイントと提携しているお店でしか使えないということです。たとえば、コンビニのローソンやファミリーマートは楽天ポイントの提携店ではないので、楽天ポイントでは直接支払うことができません。ですが、安心してください。以下の2つの方法と組み合わせて使うことで、使えるお店がぐっと広がります。

楽天ポイントを楽天Edyに交換して使う

楽天ポイントは楽天Edyに交換して、電子マネーとして使うことができます。楽天ポイント1ポイントが電子マネー1円に相当するので、交換によってポイントの価値が下がることもありません。電子マネーに交換すれば、楽天Edyが使えるお店でも自由に楽天ポイントが使えるということになります。ただし、楽天ポイントを楽天Edyに交換できるのは、通常ポイントのみです。残念ながら、期間限定ポイントは楽天Edyに交換することができません。

楽天ペイを通じて支払う

楽天ペイは、クレジットカード支払いができるアプリです。付加機能として、事前に設定しておけば楽天ポイントで支払うこともできるようになります。後述するように、楽天ペイは楽天Edyに比べると使える店が少ないですが、期間限定ポイントを使うことができるという大きなメリットがあります。
以上、楽天ポイントを店で支払う方法について説明しました。では、いったいどのお店で楽天ポイントが使えるのかを以下に説明していきます。

楽天ポイントが使える店一覧;コンビニ編

楽天ポイントが使えるコンビニをご紹介します。

楽天ポイントカードで支払う場合↓

  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • くらしハウス
など、ローソンなどの大手のコンビニは、まだ楽天ポイントに提携していないようですね。

楽天Edyで支払う場合
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ

など

楽天ペイで支払う場合
・ローソン
・ファミリーマート
・ポプラ
・ミニストップ

など

最も多種類のコンビニで楽天ポイントが使えるのは、楽天Edyになります。特に、セブンイレブンは現時点では楽天Edyでのみポイント支払いができるようです。ローソンやファミリーマートは楽天ペイでも楽天Edyでも使えますが、両方の方法で支払えるようにしておけば、期間限定ポイントを消化したいときは楽天ペイを使う、というふうに使い分けることができます。

楽天ポイントが使える店一覧;ドラッグストア編

楽天ポイントが使えるドラッグストアをご紹介していきます。

楽天ポイントカードで支払う場合↓

  • ツルハドラッグ
  • ダイコクドラッグ
など、一部の大手のドラッグストアでも支払えますが、以下の楽天Edyに比べるとまだまだ支払える店は少ないです。

楽天Edyで支払う場合
・ツルハドラッグ
・マツモトキヨシ
・ドラッグセガミ
・ドラッグユタカ
など、ドラッグストアでも、楽天Edyがダントツで使える店が多いです。

楽天ペイで支払う場合
・大賀薬局
など、楽天ペイは大手のドラッグストアではあまり使えないようです。
ドラッグストアでは楽天ポイントカードまたは楽天Edyでの支払いになる場合が多いでしょう。

楽天ポイントが使える店一覧;レストラン編

楽天ポイントが使える店レストランをご紹介していきます。

楽天ポイントカードで支払う場合
・ロイヤルホスト
・くら寿司
・マクドナルド
・ミスタードーナツ
など、レストラン関係は、楽天ポイントと提携している店舗も多いので、直接ポイント支払いできる可能性が高そうです。

楽天Edyで支払う場合
・マクドナルド
・魚民
・ガスト
・ロイヤルホスト
など、レストランでも、楽天Edyでの支払いの場はとても多様です。

楽天ペイで支払う場合
・白木屋
・魚民
など、レストラン系は、どの支払い方法においても使える店がかなり多いので、どこの店で使えるのかを覚えておくのは難しいです。
店頭でまずは楽天ポイントカードが使えるかを聞いてみて、だめなら楽天ペイ、または楽天Edyを使えるかを尋ねてみるのがよいでしょう。

楽天ポイントが使える店一覧;家電ショップ編

楽天ポイントが使える家電ショップをご紹介していきます。

楽天ポイントカードで支払う場合
・ビックカメラ
・ジョーシン
・ソフマップ
など、大手の家電ショップで使うことができますが、ヨドバシカメラやエディオンではまだ使えないようです。

楽天Edyで支払う場合
・ケーズデンキ
・エディオン
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ
など、相変わらず、使えるお店がダントツで多いです。

楽天ペイで支払う場合
・エディオン
など、大手はエディオンだけのようです。ヨドバシ、ビックカメラなどでは使えません。

楽天ポイントが使える店一覧;ガソリンスタンド編

楽天ポイントが使えるガソリンスタンドをご紹介していきます。

楽天ポイントカードで支払う場合
・コスモ石油
・出光サービスステーション
などです。

楽天Edyで支払う場合
・エッソ・モービス・ゼネラル
などです。

楽天ペイで支払う場合をお調べしましたが、大手のガソリンスタンドでは使えないようです。
ガソリンスタンドの場合は、行きつけのお店がコスモ石油または出光ならば楽天ポイントカードでの支払い、エッソ・モービス・ゼネラルならば楽天Edyでの支払い、と店によって支払い方法を変えることになりそうですね。

楽天ポイントカードと楽天Edyが一体化したカードを使うと使える店が広がる

楽天ポイントカードに楽天Edyの機能が一体化したカードがあります。このカード1枚で楽天ポイント提携店と楽天Edy加盟店の両方で楽天ポイントを使うことができます。また、楽天Edy機能つきの楽天カード(クレジットカード)もありますので、これを使うこともできます。

楽天ポイントが使える店まとめ

以上、楽天ポイントを使う3つの方法と、楽天ポイントが使える店について説明しました。特にコンビニ、ドラッグストア、家電ショップではいずれも楽天Edyがダントツに使える店の種類が多いです。レストランの場合は、楽天ポイントカードによる直接支払いでも選択肢が多いです。ガソリンスタンドでは、使える店が支払い方法によって異なるので、いきつけの店がどこかによって、楽天ポイントカード支払いか楽天Edy払いかを判断することになるでしょう。楽天Edyの唯一のデメリットは、期間限定ポイントが使えないということです。一方で、楽天ペイは使える店舗数は楽天Edyと比べて少ないですが、期間限定ポイントが使えるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください