【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

Edy機能付きの楽天カード完全ガイド【2019年11月最新】注目キャンペーンも紹介

楽天Edy
「楽天Edyを利用してみたいな」と思っている方はいませんか?
ポイントが貯まりやすい楽天カードは、顧客満足度調査で10年連続で1位になるなどおすすめのクレジットカードです。

ですが、
・楽天カードのEdyの使い方を知りたい!
・楽天カードでEdyにチャージする方法は?
・Edyを使う上で気をつけなければいけない注意点はあるの?
など気になることもあると思います。

そこで、この記事では楽天Edyについて機能付きカードの種類や支払方法、チャージの仕方、ポイントの確認方法、利用する上での注意点などについて詳しく解説していきます。

目的から絞り込む

目次

楽天Edyでキャッシュレスポイント還元!

楽天Edyのキャッシュレスポイント還元

キャッシュレス消費者還元事業に楽天Edyも参加しておりますので、中小企業の対象店舗では常に5%、フランチャイズチェーン店舗では2%還元になります。

楽天Edy付き楽天カードなら楽天市場のSPU適用でポイント3倍だったのが、期間中の対象店舗だと最大8倍(楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードなら10倍)で利用できるようになりますので対象店舗のチェックも忘れずに!

キャンペーン名キャッシュレスポイント還元
キャンペーン期間2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
還元率・対象店舗:5%のポイント還元
・フランチャイズチェーンの対象店舗:2%のポイント還元
※楽天Edyのポイント(200円につき1ポイント)やキャンペーンポイントは別途付与
進呈上限2,500ポイント/回

楽天Edyの最新キャンペーン情報【2019年11月】

楽天Edyチャージや利用で特典がもらえる最新キャンペーンが多数開催されておりますので、中でも注目して欲しいキャンペーンをピックアップしました。

マクドナルドのチキチー無料クーポンがもらえる

楽天Edyのマクドナルド無料クーポン

おサイフケータイのスマホ限定で、キャンペーンエントリー後に楽天Edyアプリに初めて登録し、楽天スーパーポイントを貯める設定を行うともれなくマクドナルドのチキチー無料クーポンがもらえます。

キャンペーン名マクドナルドのチキチー無料クーポンプレゼント
キャンペーン期間2019年11月1日(金)10:30〜2019年11月30日(土)23:59
特典内容チキチー無料クーポン
適用条件キャンペーンエントリー後におサイフケータイのスマホ端末に初めて楽天Edyアプリに登録をし、楽天スーパーポイントを貯める設定を行う

楽天Edyの初めて利用なら600ポイント獲得のチャンス!

楽天Edyのデビューキャンペーン

初めて楽天Edyを利用する方は、キャンペーンエントリー後に楽天スーパーポイントを貯める設定してから利用すれば最大600円分のポイントももらえてお得です。

キャンペーン名楽天Edyをはじめよう!楽天Edyデビューキャンペーン
キャンペーン期間2019年11月1日(金)10:00〜2019年12月2日(月)9:59 まで
特典内容①400ポイント
②200ポイント
適用条件①初めて楽天スーパーポイントを貯める設定
②楽天Edyを初めて利用

ローソンでポイント2倍

楽天Edyのローソンキャンペーン

ローソンで楽天カードもしくは楽天Edyを利用すればポイント2倍になるキャンペーンです。

ただし、Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイアプリ以外のQRコード・バーコード決済、楽天ペイアプリ利用時に楽天キャッシュまたは楽天ポイントを利用した場合は対象外になりますので気をつけましょう。

キャンペーン名ローソンでポイント2倍♪
キャンペーン期間2019年10月1日(火)0:00~2019年12月31日(火)23:59
適用条件エントリーいただき期間中にローソン対象店舗にて楽天カードまたは楽天Edyでお支払い
特典内容もれなくポイント2倍(上限10,000ポイント)

50,000ポイント山分け!最大200ポイントもらえる!

楽天Edyの山分けキャンペーン

期間中にキャンペーンにエントリーし、メールマガジンの楽天Edyお得ナビの購読を開始するだけで最大200ポイント当たるキャンペーンです。

キャンペーン名エントリーでポイント山分けキャンペーン!
キャンペーン期間2019年11月11日(月)10:00〜2019年11月25日(月)23:59
適用条件本キャンペーンにエントリーし、メールマガジン(楽天Edyお得ナビ)を購読する
特典内容対象者で50,000ポイントを山分け
上限200ポイント

ポイントチャージで30円分のEdyがもらえる!

はじめて楽天Edyポイントチャージでもらえるキャンペーン

余っている通常ポイントがあれば、ポイントチャージをするだけで30円分のボーナスEdy(実質6.0%還元)がもらえます。

期間限定ポイントはEdyのポイントチャージに使えませんので覚えておきましょう。

キャンペーン名はじめてのポイントチャージで30円分のEdyをプレゼント
キャンペーン期間2019年11月1日(金)10:00〜2019年11月30日(土)9:59
適用条件期間中に楽天スーパーポイントから500円分以上のチャージする
特典内容もれなく30円分のEdyプレゼント

楽天Edyの種類

楽天Edyは大きく分けて3種類のカードが用意されております。

  • Edy-楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード
  • スマホアプリ

Edy-楽天ポイントカードやEdy機能付き楽天カードは、さらにデザインや付帯機能が分かれています。

Edy機能付き楽天カードの一覧表

楽天Edyが付帯する楽天カードは以下のとおりです。

楽天カードは全種類に楽天Edyを付帯することができます。

カード名年会費国際ブランドポイントカード付帯楽天Edy機能付帯
楽天カード永年無料VISA,JCB,マスターカード,アメックス付帯する付帯する
楽天PINKカード永年無料VISA,JCB,マスターカード,アメックス付帯する付帯する
楽天ゴールドカード2,000円+税VISA,JCB,マスターカード付帯する付帯する
楽天プレミアムカード10,000円+税VISA,JCB,マスターカード,アメックス付帯する付帯する
楽天ANAマイレージクラブカード初年度無料(※)VISA,JCB,マスターカード,アメックス付帯する付帯する
注意
※通常500円+税だが、年1回の利用で翌年会費は無料になる

ANAカードにも楽天Edyが付帯する

ちなみに楽天カードでなくても楽天Edyが一体型になっているクレジットカードがANAカードです。

楽天カードは実質200円につき1マイル貯める事ができますので、楽天市場のSPUを活用したポイント還元率だとマイル還元率もそれに合わせて引き上がりますので楽天EdyとANAも相性が良いことが分かります。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
付帯機能ANAマイレージクラブ,楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大14,000円相当のポイントと500円分のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天ANAマイレージクラブカードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税(年会費無料にする方法
  • ANAマイレージクラブ機能一体型で選べるANAマイルコースと楽天スーパーポイントコース
  • 楽天ペイに設定して実店舗利用でもポイント高還元
  • 年会費は年1回以上の利用で翌年会費も無料!通常年会費は500円+税

Google Payで利用可能

Google Payなら楽天カードと楽天Edyをどちらも利用することができます。

おサイフケータイ搭載のAndroid端末の利便性が非常に高く、2020年には楽天ペイからSuicaも発行できるようになると発表もありました。

今後Androidスマホを中心に楽天カード・楽天Edy・楽天ペイがどんどん使いやすいサービスに進化していくと思いますので楽しみです。

注目!!楽天カードをGoogle Payに設定できる?登録方法とできない時の対処法

iPhone専用アプリが登場!2019年10月28日(月)より提供開始

楽天EdyのiPhoneアプリ

これまで楽天Edyはおサイフケータイ搭載の端末にしか対応しておりませんでしたが、2019年10月28日(月)よりiPhoneにも専用の「Edyカード用楽天Edyアプリ」が登場しました。

実装された機能にオートチャージの設定/解除はありませんが、今後アップデートがされればiPhoneユーザーもかんたんにオートチャージの手続きができるようになりますので期待しましょう。

  • 残高確認
  • 利用履歴の確認(直近の6件まで)
  • Edyの受け取り
注目!!楽天EdyがiPhoneに対応!利用履歴の確認やキャッシュレス還元のEdy受け取りが可能に

Apple Payに対応なるか!?

残念ながらApple Payで楽天Edyを使うことはできませんが、楽天カードはApple Payに登録して全国のQUICPay加盟店で利用することができます。

Apple Pay利用でもポイントが貯まりますが、Suicaチャージはポイント付与の対象外になりますので気をつけてください。

注目!!楽天カードはApple Payで使える!設定方法と登録できない時の対処法

8,000ポイント入会キャンペーンが開催中!2019年11月18日(月)まで

楽天カードの新規入会特典で合計8,500円相当もらえる入会キャンペーンが2019年11月18日(月)10時まで開催されております。

新規入会特典で最大8,000ポイント楽天カードのEdy機能の無料付帯を希望すれば500円分の事前チャージがもらえます。

お買いものパンダYOSHIKIデザインなど、楽天カードのデザインならどれでも対象になりますので、ぜひこの機会を逃さずに入会しましょう。

キャンペーン名楽天カード新規入会&利用で最大8,500円相当もらえるキャンペーン
キャンペーン期間2019年11月11日(月)10:00~2019年11月18日(月)10:00
特典内容①新規入会特典で2,000ポイント
②カード利用特典で6,000ポイント
③楽天Edy機能の無料付帯で500円分事前チャージ
適用条件①新規のお申し込みで楽天カードもしくは楽天PINKカードが発行された方
②カード利用期限までに1円以上1回以上を利用された方で口座振替設定が完了されている方
注目!!【11/18まで】楽天カードの8,000ポイントキャンペーン開催中!入会特典の受け取り方と注意点

楽天Edyの無料付帯希望で500円分の事前チャージがもらえる

楽天Edy

楽天カードは楽天Edyの無料付帯を希望すると500円分が事前チャージされますので、入会キャンペーンと合計すれば8,500円分もらえることになります。

楽天Edy機能は年会費や発行手数料もかかりませんので、500円も忘れずに手に入れておきましょう。

注目!!Edy機能付きの楽天カード完全ガイド【2019年11月最新】注目キャンペーンも紹介

お買いものパンダ着ぐるみブランケットが抽選100名にプレゼント

お買いものパンダのブランケット

楽天カードのお買いものパンダデザインを選択された方から抽選100名にお買いものパンダ着ぐるみブランケットが当たるキャンペーンも同時開催しております。

1週間でお買いものパンダデザインに新規入会した方が対象になり当選確率はそれなりに高いと思いますので、非売品のオリジナルグッズの当選を願って申し込みましょう。

注目!!楽天カードのお買いものパンダとは?デザイン一覧と作り方、更新時の注意点

楽天Edyと楽天カードはどっちがお得?比較してみた

いざ支払いの時になって、楽天Edyと楽天カードどっちを使ったほうがお得なのか迷われる方も少なくないと思いますので基本スペックを一覧表にまとめました。

下記表から見ても分かるように、基本的には楽天カード主体で使ったほうがポイント還元率の点から言ってもお得になります。

項目楽天Edy楽天カード
年会費無料無料
ポイント還元率0.5%〜1.0%〜
加盟店数約64万カ所(※1)1,000万店舗以上(※2)
MEMO
※1.2019年7月プレスリリース記載の数値に基づく
※2.016年3月の総加盟店数から日本国外の加盟店数を引いた数値に基づく。VISAやマスターカードも含めると加盟店数はさらに増えると見込まれる。

楽天カフェなら楽天Edyがお得

楽天市場から厳選されたメニューを堪能できる二子玉川ライズの楽天カフェでは、楽天Edyの支払いでコーヒー・紅茶がいつでも20%オフになりますのでお得です。

以前は楽天カードや楽天Edyで半額になるキャンペーンも開催しておりましたが、楽天Edyならいつでも20%オフになるので活用したいですね。

田代

渋谷にあった楽天カフェは2018年12月24日に閉店してしまいました。愛用者が多かったので、店舗が拡大してくれると嬉しいですね。

楽天Edyのデメリットとは

先ほどの比較表から楽天Edyのデメリットとして次の2点が挙げられます。

  • ポイント還元率の低さ
  • 加盟店数の少なさ

ポイント還元率の低さ

楽天Edyの通常還元率は0.5%となりますので、楽天カードと比べてお得さが半減します。

楽天カードで一度Edyにチャージしてから利用すると1.0%還元になりますが、それなら初めから楽天カードを利用するのと変わりありません。

そのため楽天Edyのポイント還元率の低さはデメリットになるでしょう。

加盟店数の少なさ

また楽天カードの国際ブランドと比べると加盟店数が少ないことも利便性の低さからデメリットとして挙げられます。

一方でクレジットカード未対応でも楽天Edyなら使えるお店もそれなりにありますので、使い分けをできるオプションとしてメリットはあるでしょう。

Edy機能付き楽天カードの申し込み方法

楽天カードが使えない場所でもEdyが使えるお店なら活躍するのであれば、Edy機能を楽天カードに付帯させておいて損はありません。

そこで実際の申し込みの一連の流れをまとめました。

  • STEP.1
    公式サイトから申し込む
    楽天カード公式サイトの「カードをつくる」をクリックして申し込む
  • STEP.2
    国際ブランドやデザインを選択する
    クレジットカードの作り方で最初に選ぶ国際ブランドと券面デザイン
  • STEP.3
    基本情報を入力する
    氏名・住所・電話番号などを入力していきます。職業は必ず学生を選択してください。それによって審査に通りやすくなります。口座振替の登録もインターネットで行なえますので登録可能な金融機関がある方はそのまま手続きしたほうが後々楽になりますのでおすすめです。なお「自動リボサービス申し込み」や「キャッシングサービス」は使う予定がなければ申し込まないようにしておきましょう。
  • STEP.4
    基本情報を入力する
    「楽天Edy機能」「楽天ポイントカード機能」の付帯を希望するにチェックする。
  • STEP.5
    勤務先/学校の情報を入力する
    勤務先の企業名や住所、直通の電話番号等を入力する(学生の場合は大学/専門学校の情報を入力します)
  • STEP.6
    楽天会員に登録する
    すでに楽天会員の方は不要です。未だ楽天会員でない方は楽天会員の登録を行います。
    注意
    三井住友VISAデビュープラスカードやJCB CARD Wなどのようにショッピングモールを持たないクレジットカードには会員登録がありません。今回紹介しているクレジットカードでは楽天カードのみが会員登録を要します。
  • STEP.7
    入力情報の確認・同意をする
    最後にこれまで入力した情報を確認し、同意すれば申し込み完了となります。なお誤った情報を入力して完了させてしまうと審査落ちや規約違反として対応される可能性がありますので焦らずに丁寧に確認してください。
  • STEP.8
    審査結果のメールが届く
    クレジットカードの申し込みが完了したら、メールで審査結果が届きます。未成年の方や本人確認が必要な場合は電話での連絡もありますので、いつでも電話に出れるようにしておきましょう。
  • STEP.9
    楽天カードが自宅に届く
    引き落とし口座の設定も完了していれば家族でも受け取り可能です。引き落とし口座の設定をしていない場合は、受け取り時の本人確認が必須となります。配達員に免許証を提示すれば受け取り完了となり、その日から利用することができます。なお、届いたら真っ先にカード裏面にサインを書いておきましょう。

楽天カードからEdyにチャージする方法

Edy機能付き楽天カードならEdyにチャージする方法が6種類用意されております。

1回のチャージ金額の上限は25,000円になります。

  • 現金チャージ
  • クレジットチャージ
  • オートチャージ
  • ポイントチャージ
  • いつでもチャージ
  • 楽天Edyアプリでチャージ

現金チャージ

現金チャージは対象加盟店が限られておりますので、セブン−イレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップでのチャージがおすすめです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • プロント
  • 喫茶室ルノアール
  • CAFFE SOLARE
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス
  • WonderGOO

クレジットチャージ

楽天e-NAVIにログインしてEdyチャージの申し込みをします。

  1. 「楽天e-NAVI」にログイン
  2. 楽天グループ(Edy/銀行/ローン)に移動
  3. 「Edyチャージサービス」の「Edyチャージ」に移動
  4. 「Edy番号」「チャージ金額」「セキュリティーコード」を入力して確認画面へ
  5. 「申し込む」をクリックして完了
  6. 30日以内にFamiポートから受け取る

オートチャージ

Edyを利用するなら最も使い勝手が良いのがオートチャージです。

クレジットチャージと設定方法は途中まで同じですが、オートチャージ設定を完了させるには14日以内に対象店舗で一度Edyを利用する必要があります。

  1. 「楽天e-NAVI」にログイン
  2. 楽天グループ(Edy/銀行/ローン)に移動
  3. 「Edyチャージサービス」の「Edyオートチャージ」に移動
  4. 「Edy番号」「オートチャージ金額」「1日の上限額」「セキュリティコード」を入力して確認画面へ
  5. 規約に同意して申し込む
  6. 14日以内に対象店舗でEdyを利用する
  7. オートチャージの設定が完了

Famiポートだけでなくローソンやツルハドラッグなど全国約15万店舗が対象店舗になりますので、ファミリーマートが近くにない方はオートチャージが断然お得です。

ポイントチャージ

ポイントチャージは楽天ポイントの期間限定ポイントもしくは提携サービス会社から交換されたポイントを対象に1ポイント1円としてチャージできるサービスです。

有効期限が間近に迫った期間限定ポイントがある方は、取り急ぎ楽天Edyにチャージしておけば実質現金化に近い形で利用することが可能です。

いつでもチャージ

いつでもチャージは事前に決められた金額を設定しておけば、いつでもFamiポートでチャージできるサービスです。

3,000円、5,000円、10,000円の3つから選ぶことができ、1日1回を限度に受け取ることができるようになります。

  1. 「楽天e-NAVI」にログイン
  2. 楽天グループ(Edy/銀行/ローン)に移動
  3. 「Edyチャージサービス」の「いつでもEdyチャージ(自動設定)」に移動
  4. 「Edy番号」「設定金額」「セキュリティコード」を入力して確認画面へ
  5. 「申し込む」をクリックして完了

楽天Edyアプリでチャージ

おサイフケータイ搭載のAndroidスマホが対象となりますが、楽天Edyアプリから直接「ポイントチャージ」「クレジットチャージ」を利用できます。

Android OS 4.4.0以上で「おサイフケータイ全機種」もしくは「非おサイフケータイ Android NFC機能搭載端末」が対象となりますので、今後iPhoneでも使えるようになってほしいと期待します。

かんたんチャージメールは終了

「かんたんチャージメールサービス」とは、おサイフケータイのガラケー専用サービスとして最初に設定した残高未満になったときにメールで残高を知らせてくれるものでした。

ガラケーにはスマホのようなオートチャージ機能がなかったため、残高不足を避けるために重宝されたサービスです。

しかし、かんたんチャージメールサービスは2018年9月18日で終了しています。

楽天Edyの残高を確認する方法

楽天Edyにチャージして使い始めると残高が気になると思います。

楽天Edyの残高は次の方法で確認してください。

  • 楽天Edy加盟店のレジまたはEdyチャージャーで確認
  • 楽天Edyリーダーまたはパソリを利用してパソコンで確認
  • おサイフケータイの楽天Edyアプリで確認
  • iPhone専用楽天Edyアプリで確認

利用履歴を確認したいときは、楽天スーパーポイントを貯める設定またはEdy番号の登録を行っておくと、パソコンや楽天Edyアプリから最大4ヶ月間の楽天Edyの利用履歴を確認できます。

Edyの残高移行について

楽天Edyの残高以降は原則できないと考えていたほうが良いでしょう。

例えばEdy機能付き楽天カードの残高を移行する際は、有料の「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」を購入し、専用ソフトをインストールしてからの作業となりハードルが高くなります。

おサイフケータイスマホを機種変更する場合だけ、楽天Edyアプリのメニュー内の「機種変更の手続き」から無料で対応することができます。

それ以外に1枚の楽天Edyに残高をまとめる等の行為はできませんので、基本的には1枚ずつ使い切っていくしかありません。

チャージ残高の反映時間

楽天Edyにチャージした金額の残高反映は即時反映ですが、クレジットカードの場合はオーソリ処理もありますので多少のタイムラグが生じます。

しかし、ポイントチャージは最長2日間かかります。

なかなかEdyの残高に反映されないと不安になっている方は、異なるEdy番号にチャージしていないか確認してみてください。

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyは他の実店舗だけでなく、オンラインショッピングでも利用できるお店が多いのが魅力です。

代表的なものもまとめてみました。

コンビニセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ
スーパーイトーヨーカドー、ピアゴ、アピタ、サミット、ゆめタウン
ドラッグストアツルハドラッグ、マツキヨ、ココカラファイン、薬王堂、ウエルシア、トモズ
ネットショップAmazon.co.jp、楽天市場、LINE STORE、DMM.com
飲食店マクドナルド、ガスト、吉野家、すき家、プロント、タリーズ、ケンタッキー、ルノアール
注目!!楽天edyを使えるお店続々追加!カテゴリごとに更新中

チャージできるコンビニ

楽天Edyを最も利用する頻度が高いお店がコンビニエンストアだと思います。

各コンビニによってチャージ方法・ポイント付与の対応が異なりましたので、一覧表をまとめました。

コンビニ楽天ポイント楽天Edyチャージオートチャージ
セブン−イレブン貯まるチャージ可不可
ローソン貯まるチャージ可できる
ファミリーマート貯まるチャージ可できる
ミニストップ貯まるチャージ可不可
セイコーマート貯まるチャージ可不可

Edy機能付き楽天カードに関するよくある質問Q&A

Edy機能付き楽天カードに関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問や質問がある方は、記事下のコメント欄より遠慮なく聞いていただければと思います。

Edyに年会費はかかる?

楽天Edyは年会無料で使えますので、楽天カードに付帯したところで追加手数料がかかることはありません

むしろ今なら500円もらえますのでお得です。

年会費のかかる楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードでも同様に楽天Edy付帯の追加手数料はありませんので、安心して機能付帯を希望していただければと思います。

その他に手数料はかかったりしない?

年会費の他に決済手数料や口座維持手数料のようなもの存在しませんので安心してください。

ただしEdy機能付き楽天カードではなく、Edy-楽天ポイントカードの利用を考えている方はカード1枚あたり300円+税ほどで購入しなければいけません。

更新料もかからない?

年会費無料のEdy機能付き楽天カードですが更新費用も無料です。

有効期限が近づいたら自動更新の上、新しいカードが発行されますので手続きする必要もありません。

新しく届くEdy機能付き楽天カードはカードの有効期限は変更されておりませんが、楽天Edy番号や楽天ポイントカードの番号は変更されておらず、そのまま引き継がれますので安心してください。

楽天Edyに見に覚えのないチャージがあったら?

楽天カードの利用明細に見に覚えのないチャージ金額があったら不正利用の可能性があります。

悪質なスパムメール、フィッシングメールである可能性が高いため、その際はすぐに楽天カードのコンタクトセンターに連絡をしましょう。

問い合わせ先
電話番号①:0570-66-6910
電話番号②:092-474-6287
営業時間:9:30~17:30(年中無休)

楽天Edyの付与ポイントを確認する方法は?

楽天カードから楽天Edyにチャージすると200円につき1ポイント楽天Edy利用も200円ごとに1ポイント貯まりますが、付与ポイントは楽天Point Clubで確認することができます。

ただし楽天Edy、楽天カードそれぞれポイント付与タイミングが異なりますので覚えておきましょう。

種類付与タイミング
楽天Edy利用日から3~7日程度
楽天カード毎月末日までの利用分を翌月15日頃

Edy機能付帯に切り替えることは可能?

Edy機能付き楽天カードに切り替えたい方は「楽天e-NAVI」から手続きすることができます。

手続きが完了すれば通常1週間から10日後でEdy機能付き楽天カードに生まれ変わって届きますが、切り替え時にも審査が行われることに注意が必要です。

なお切り替えても16桁のカード番号は変わらずに利用できますので安心してください。

紛失、盗難時の対応は?

楽天Edyを紛失・盗難されても保証されておりませんので、残高が戻ってくることは諦めなければいけません。

それでもEdy機能付き楽天カードなら利用停止の対応など行い、被害を最小限にできますので対処方法を確認してください。

チャージ方法対処方法
クレジットチャージ専用フォームよりユーザー情報の削除
楽天IDチャージ専用フォームより設定解除
ポイントチャージ楽天会員情報管理でパスワード変更
e-NAVIのEdyチャージ紛失・盗難専用ダイヤルに即連絡
Edyオートチャージ
いつでもEdyチャージ
紛失・盗難専用ダイヤル
電話番号①:0120-86-6910
電話番号②:092-474-9256
営業時間:年中無休・24時間対応

【補足】楽天Edyの還元率を1.7%に引き上げる方法

楽天カードのEdyチャージは還元率が半分になってしまうため、楽天Edyを利用したとしても1.0%還元でした。

しかし還元率1.2%のリクルートカードであれば、Edyチャージでも還元率は変わりませんので楽天Edy利用と合わせて1.7%の還元率になります。

カード名通常還元率①Edyチャージ
還元率
②Edy利用時
還元率
合計還元率
(①+②)
楽天カード1.0%0.5%0.5%1.0%
リクルートカード1.2%1.2%0.5%1.7%

ただりリクルートカードでチャージできるのは月3万円までの上限がありますので覚えておきましょう。

リクルートカード

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大9,000円相当のポイントがもらえる
  1. 新規入会で1,000ポイント
  2. 発行日の翌日から60日以内に1円でも利用すれば2,000ポイント
  3. 携帯電話料金の自動振替で3,000ポイント
  4. (VISA,マスターカード限定)「楽Pay」登録&利用で最大3,000ポイント
  5. (JCB限定)家族カード同時入会で500ポイント
  6. (JCB限定)Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック
リクルートカードの特徴
  • ポイント還元率が業界最高水準の1.2%
  • じゃらんやホットペッパービューティの利用なら最大4.2%のポイント還元率に!
  • 貯まったポイントはPontaポイントに等価交換可能
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険が付帯
  • nanacoやSuicaチャージも月間30,000円までならポイント加算の対象に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください