【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

楽天カードのプラチナとは?ここでは楽天に存在する最上位カードのブラックについて解説!

皆さん、楽天カードにもプラチナカードを呼ばれる特別なカードがあるのをご存知ですか?
その名も楽天ブラックカード!!

ですが、カードにはしっかり「Platinum」と刻印されています。

この記事では「楽天カードのプラチナ」楽天ブラックカードについて解説します。

申込資格20歳以上※
年会費30,000円+税
国際ブランドMastercard、JCB
旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
総利用枠1000万円

※申し込み資格:インビテーション

楽天カードのプラチナとは?

楽天プラチナカードはどうやったら作れるの?

楽天プラチナカードの年会費とは?

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

楽天カードとは?楽天プラチナカードの前に知りたい基礎知識

楽天プラチナカードを知る前に、楽天カードの基礎知識を知っておきましょう。

楽天カードとは、ポイントが効率的に溜めることが特徴のクレジットカードです。

入会特典と利用で5000ポイントが貯めることができるほか、様々な場面でポイントを貯めやすくなっています。初めての人でも使いやすいクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

下記のサイトでは、楽天カードについて詳しく紹介してますので是非見て下さい。
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

楽天カードのプラチナとは?

楽天カードのプラチナとは、カードの名称にプラチナの名が含まれていますが、楽天プラチナカードがブラックカードに相当するクレジットカードになります。

カードにはしっかり「Platinum」と刻印されています。

楽天プラチナカードがブラックカードに値するカード

楽天カードにプラチナカードってあるの?って思う方も多いのではないでしょうか。

楽天カードのプラチナカードは、ブラックカードになります。
楽天プラチナカード=ブラックカードはホームページにも表立った記載がなく、通常、一般の人からの申し込みはできない仕組みとなっています。

そんな楽天プラチナカードは、楽天カードの最上位カードなのでインビテーションが送られた楽天カード会員のみが手に入れることが出来ますので、誰でも作ることは出来ません。

楽天プレミアムカードも、ゴールドカードに相当するクレジットカードになりますが、こちらも会員の基準を満たすことができたなら、インビテーションが遅れられてくる可能性があるでしょう。

楽天グループでポイントがどんどん貯まる

それではプラチナカードに相当する楽天ブラッックカードの特徴は、何か気になりますよね?この一般的なプラチナカードの価値を持つ楽天ブラックカードの売りは、楽天グループ内でのポイントが貯まりやすいのです。

それともう一つプライオリティ・パスに無料登録できるため、同伴者2名まで無料で空港のラウンジを利用できることです。

Mastercardブランドのプラチナカード

通常マスターカードブランドのプラチナカードは国内では少ないのです。
ただ、国際ブランドMasterbrandのプラチナカードをお手頃の料金で作りたいのなら、楽天ブラックカードは価値があります。

マスターカードがプラチナ会員向けに提供するゴルフやレストラン、宿泊、コンシェルジュ等の様々な質の高い優待サービスを受けられます。

また、当初はマスターカードのみでしたが、2016年よりJCBカードも選択できるようになりました。

楽天のプラチナカード 楽天ブラックカードの入手方法

それでは楽天カードプラチナカードのブラックカードは、どのようにしたら作れるのでしょうか?
インビテーションが必要ですが、その招待状を送られてくるように、ひたすら楽天ゴールドカードを使い込みとサービスの利用でインビテーション届きます。
一般的にはワンランク下位カードで年間100万円~200万円の実績を積み重ねていると、インビテーションの可能性が高くなります。

楽天ゴールカードでひたすら決済し続け、楽天の金融サービスの楽天証券や楽天銀行を活用する必要があります。

しかし、楽天ブラックカードのインビテーションはそれだけでは発送されません。楽天カード会員というよりも、楽天グループの利用者として優良顧客かどうかを判断基準としています。つまりクレジットカードの審査基準というよりも、楽天グループ利用者としての審査をしていると考えられます。

楽天プラチナカードの年会費が安いとは?

楽天プラチナカード=ブラックカードの年会費は32,400円(税込)と、一般的のプラチナカードに比べてとてもリーズナブルな価格になります。

参考ですが、アメックスのプラチナカードの年会費は13万円 (税抜)です。

年会費は32,400円(税込)で優待やプライオリティ・パスに登録が可能となれば、利用価値はかなり高いのではないでしょうか。

また、家族会員の年会費は2名まで無料です。3名以上家族会員にすることはできません。
一般的な楽天カードや楽天プレミアムカードの国際ブランドはJCB・VISA・Mastercardの3種類ですが、楽天ブラックカードはmastercardとJCBとなります。

楽天プラチナカードはなぜ選ばれるか?

楽天のプラチナカードの楽天ブラックカードはなぜ人気があり選ばれるのか?
楽天ブラックカードが選ばれる理由を基本情報や付帯サービスなどを検証して説明したいと思います。

楽天プラチナカードの選ばれる理由!基本情報について

年会費30,000円+税
家族会員無料 ※発行は2名まで
取得方法インビテーション
国際ブランドMastercard、JCB

年会費の安さだけでなく、家族カードが2名まで無料のサービスも、他のプラチナカードには見られません。

楽天プラチナカードの付帯サービス

ポイントプログラム楽天グループでの決済は、ポイントが貯まりやすい
トラベル楽天ブラックカード会員専用ダイヤルあり:国内の宿泊予約を受付けや会員限定の特別優遇サービスがある
空港ラウンジ国内の主要空港のラウンジ、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録可。同伴者2名まで世界主要空港のラウンジ無料で利用可
付帯保険最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、最高5,000万円まで補償する国内旅行傷害保険を付帯してます。

やはり、仕事で海外に行ったり海外旅行に行かれる方には魅力的なサービスがあります。国内の主要空港のラウンジ、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できることもかなり魅力的です。

楽天のプラチナカードはお得なプラチナカード

年会費は32,400円(税込)払うカードがプラチナカードとなりますが、楽天プラチナカード=ブラックカードは、ポイント還元率の高い通常の楽天カード以上に高い還元率となります。

楽天プラチナカード=ブラックカードを利用すると、楽天のゴールドカードよりも更にポイント還元率が高いので、楽天を利用する機会が多い方は、ザクザクとポイントが貯めることが出来るお得なカードになります。

楽天市場や楽天ブックスでのショッピングについては通常ポイントの還元率が6%と高還元率!楽天プレミアムサービスと呼ばれる特選ショップの利用も1年間は無料で利用可能です。海外旅行保険と国内旅行保険も付帯されていますので、楽天ユーザーにとってメリットの高いカードtぽ言えます。

楽天のプラチナカードはブラックカードと同じで審査が厳しいとは?

プレミアム感の高い楽天ブラックカードですが、楽天サービスをかなり使い込んでいるわずかな会員にインビテーションが届くと言われています。
審査もかなり厳しいと言われており、発行枚数も少なく、実際実物を目にすることもとても難しいです。

一般の楽天カードや楽天ゴールドカードは比較的入手しやすく人気も高いため、利用している人もかなり多いですが、やはり楽天カードの最上位クラスのカードだけあって、ステイタス性が高くレアなクレジットカードとなります。

楽天ブラックカードの取得までの期間とは?

楽天プラチナカード=ブラックカードは、楽天カード会社が発行している一般の楽天カード、楽天プレミアムカードの会員中から認められた方へインビテーションが送られてくるクレジットカードになりますが、具体的な取得期間というのは会員それぞれとなります。

インビテーションが送られる条件としては、年間100〜200万円の利用でも年間500万円は利用の方でも届かないケースもあるようです。
年会費が3万円程度とリーズナブルですので、プラチナカードへのハードルも低いように感てしまいますが、実はかなり高いハードル設定がされているようです。

社会的地位を重視している、楽天グループ内での年間利用額が大きいなど、他の要素を重視している可能性が高いプラチナカードで、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループを毎月よく利用する方に大きなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください