【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

楽天カードのQUICPay活用で便利にポイントを貯めよう!楽天Edyや楽天ペイの対応状況についても解説します

楽天カードはQUICPayで便利に使える

楽天カードはApple PayやGoogle Payで便利に使える

「楽天カードはQUICPayが使えるお店だとApple PayでもGoogle Payでも使うことができます」

楽天カードがQUICPayに対応しているかどうか確認するために、この記事に訪れた方も多いと思います。
問題なく楽天カードはQUICPayの加盟店で利用できるので安心してください。

ただ、

・使い方がよく分からない
・楽天Edyや楽天ペイも使えるの?
・限度額は制限される?

などなど、不明点を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では元楽天カード社員の田代が、楽天カードとQUICPayの関係について解説します。

参考楽天カードの審査に落ちる8つの原因と対策!再申し込みの前に審査内容や審査期間を確認

楽天カードのQUICPayで参加できるキャンペーン

最初に、QUICPayでお得なキャンペーンを開催しているので、すでに楽天カードを登録したApple PayやGoogle Payを使っている方は、ぜひチェックしてください。

  • 1,000組2,000名様に東京ディズニーリゾート・パークチケット(ペア)
    →QUICPay利用合計金額5,000円(税込)毎に1口応募(2019年10月31日まで)
  • 食べログ対象店舗のQUICPay支払いが5~15%オフ(2019年9月19日まで)

田代

どちらも応募不要で、普段からQUICPayを使っているだけで適用されます。どんなキャンペーンがあるかだけでも確認しておくと良いですよ!

楽天カードとQUICPayの関係

楽天カードはお手持ちのiPhone(Apple Pay)かAndroidスマホに登録することで、QUICPayの加盟店でスマホ決済を利用できるようになります。

楽天カードとQUICPay
  • iPhoneユーザー:Apple Payに登録すれば利用可能
  • Androidユーザー:Google Payに登録すれば利用可能

楽天カードはQUICPayを使えないと聞いたけど?

楽天カードに直接QUICPayは付帯していませんので、楽天カードをかざしてQUICPay支払いができるわけではありません。

あくまでもQUICPayに対応しているのはApple PayやGoogle Payなので、厳密に言えば楽天カードを登録しているスマホ端末でQUICPay決済ができるということになります。

Google Payなら楽天Edyも使える

現状、iPhoneのApple Payが対応している電子マネーはQUICPayとiDしかありません。

しかし、AndroidのGoogle Payなら楽天Edy対応のお店でも使うことが出来ます。
(※他にはSuica、nanaco、WAONが使えるお店でも利用可能)

対応する電子マネーの多さから、楽天カードと相性が良いのはGoogle Payと言えるでしょう。

田代

楽天は2019年にMNO(携帯キャリア事業)に参入しますので、より一層楽天カードと相性の良いスマホ端末、スマホとの連動サービスが展開されること間違いありません!今後の動向に注目しておきましょう!

VISAの楽天カードでもQUICPayを使えるのか問題

QUICPayの運営会社はJCBなので、そもそもVISAブランドの楽天カードだとQUICPayが使えないのでは?という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論からお伝えすると、VISAブランドでも問題なく利用することが出来ます。

hスマホ決済と楽天カードの国際ブランド
  • Apple Pay :VISA、JCB、マスターカード、アメックス
  • Google Pay:VISA、JCB、マスターカード、アメックス

VISAのデメリット

QUICPayの加盟店でApple PayやGoogle Payを利用する分には、他の国際ブランドと比べてデメリットと考えられる要素は今のところありません。

しかし、Suicaチャージや海外利用を考える際には、VISAブランドは大きなデメリットを抱えています。

VISAブランドのデメリット
  • Suicaチャージ未対応:別途Suicaアプリをインストールして、そのアプリからチャージする必要がある
  • コンタクトレス決済未対応:国内/海外含め、Apple Payを使ったコンタクトレス決済が使えない(Google Payは未検証)

楽天カードのマスターカードやJCBはデザインが豊富という特長もありますので、「Suicaチャージを楽にしたい」「Apple PayやGoogle Payでコンタクトレス決済を使いたい」という方はブランド選びから慎重に行いましょう。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で6,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

楽天カードの登録方法

楽天カードを既に持っている前提で、QUICPayのお店でも使えるようになる登録方法をまとめたいと思います。

用意するものは「楽天カード」「iPhone or Android」「楽天カードアプリ」の3つです。

Apple PayとGoogle Payで登録方法が少し異なりますので、順に説明します。

Apple Payの場合

Apple Payに楽天カードを登録してQUICPayを使うには、初回認証(アクティベート)が必要になります。

  1. 楽天カードアプリを開く
  2. 「その他」画面内の「Apple Payをはじめる」をタップ→「設定」をタップ
  3. ワンタイムパスワードを送信し、届いたパスワードを入力
  4. 楽天カード裏面に記載のセキュリティコードを入力
  5. Apple Payにカードを追加
  6. 規約に同意し、Walletアプリに追加完了
  7. カードの追加完了
  8. 設定完了
MEMO
・Apple Payにご登録の際は、楽天カードをお手元にご用意ください。
・楽天e-NAVIにご登録されているメールアドレスにワンタイムパスワードをお送りいたします。
※メールアドレス・携帯電話番号は、楽天カードアプリの「ご登録情報」からご確認・変更いただけます。
※SMSの受信拒否設定をされている方は、解除をお願いいたします。
※ご登録情報の変更は、即時に反映しない場合があります。

Google Payの場合

Google Payに楽天カードを登録する方法はめちゃくちゃ簡単です。

  1. Google Payのアプリをダウンロード
  2. Google Payアプリを起動し、楽天Edyを選択し追加
  3. 楽天Edyを選択し、クレジットカード情報を入力しチャージ(入金)
  4. 設定完了
MEMO
※おサイフケータイで、かつAndroid™5.0以上でダウンロードできます。。

楽天カードを登録したQUICPayの使い方はカンタン


Apple Pay、Google Payの初期認証(アクティベート)が完了したら、その使い方は非常にカンタンです。

上の動画はローソンで公開している使い方のガイド動画ですが、QUICPayが使えるお店の支払い時に「QUICPay支払いで」と伝えて、スマホをかざすだけです。

これだけで支払いが完了しますので、便利生活の始まりです。

利用明細は楽天カードアプリで

QUICPayで利用した楽天カードは、楽天カードアプリでいつでも利用明細を確認することが可能です。

何か特別他のアプリやサイトで利用明細を確認しなければいけないとうこともありませんので、ご安心ください。

楽天カードのQUICPay利用でよくある質問Q&Aまとめ

最後に、楽天カードをQUICPay加盟店で利用するにあたって、よくある質問や疑問の声をまとめてにましたので、それぞれ回答させていただきました!

QUICPay利用だと貯まるポイントは?

楽天カードのQUICPay利用で貯まるポイントは楽天ポイントだけです。

Apple PayとGoogle Payで貯まり方が微妙に異なりますので覚えておきましょう。

  • Apple Pay:100円につき1ポイント
  • Google Pay:200円につき1ポイント(楽天Edyチャージ利用となるため)

田代

お得さでいえばApple Payですね!

QUICPayに限度額はある?

QUICPay利用だと、クレジットカードでも限度額は基本的に2万円(税込)となります。

ただし、QUICPayには下記のような2種類のロゴがあり、それぞれのロゴマークがあるお店によって限度額がことなります。
QUICPayのロゴの違い

  • QUICPayマークのお店:2万円(税込)まで
  • QUICPay+マークのお店:2万円(税込)を超える高額利用も可

QUICPayが使えない!エラー内容は?

QUICPayが使えない場合、利用しているスマホ端末かソフトウェアに問題が生じているケースが多いです。

その場合は個別のスマホメーカーに連絡しての解決しかないようですので、サポートが手薄なのが残念です。

注意
セキュリティ上の総合的な判断によりApple Payの登録が出来ない場合もあるようです。その登録可否の基準については非開示ということです。

QUICPay vs 楽天ペイ!楽天カードはどっちがおすすめ?

楽天ペイがさらに進化

お得さなら楽天ペイ、使えるお店の多さならQUICPayとなるでしょう。

ただし、2019年3月には楽天ペイが大幅にリニューアルされ、楽天Edy店舗も利用できるようになります。

そうなると利用店舗数は楽天Edyの方が多いため、お得さに加えて利便性も兼ね備えた決済アプリになるかもしれません。

QUICPayが使えるお店、楽天Edyが使えるお店、楽天ペイが使えるお店、それぞれで使い分けながら、よりスマートなキャッシュレス生活を実現させていきましょう!

今なら新規入会&利用で
最大8,000ポイント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください