【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

楽天カードは学生でも審査に通ることができるの?カード審査の要点を解説

参考学生におすすめのクレジットカード【2019年最新】海外旅行保険やスマホ決済で比較

年会費無料かつポイントのたまりやすさなどで人気の楽天カード。
アルバイトをしていない学生でも作れるチャンスがあることなどから初めてのクレジットカードとしておすすめされていることも多く、学生のなかにも楽天カードに申し込みを考えている方も多いのではないでしょうか。
しかしクレジットカードに申し込む際に気になるのが審査に通るのかということ。特に親と同居して生活費をともにし、収入も十分とは言えない学生ならなおさらですよね。
今回はそんな不安を解決するために学生でも楽天カードの審査に通ることができるのかを調べました。

また「元楽天カード社員」が楽天カードについて詳しく説明してますので、良かったらこちらの記事も併せてどうぞ!
参考楽天カード完全ガイド【2019年最新】活用術とメリット・デメリットまとめ

楽天カードの審査は学生でも通る?

クレジットカードが欲しいと考えている大学生や専門学生で、楽天カードの申し込みを考えている方は多いのではないかと思います。
しかし、楽天カードに申し込んだとして本当に審査に通るのか不安ですよね。ここでは学生は楽天カードの審査に通ることができるのかについて紹介します

楽天カードの審査条件は?学生でも申し込める

まずは楽天カードの申し込み条件を確認してみましょう。楽天カードの申し込み条件を確認してみると、「18歳以上のかた(高校生除く)」となっています。
つまり、学生ならば申し込み資格は持っているということです。

楽天カードの学生審査は確実ではない

一方で、確実に審査に通るということはありません。公式サイトのQ&Aにはこのような質問とそれに対する回答がありました。

Q. 主婦・パート・アルバイトの場合でも申し込むことはできますか。

A. 主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます。
ただし、審査の結果、ご希望にそえかねる場合もございます。
あらかじめご了承ください。

つまり、学生でも申し込み資格は持ってはいるものの、確実に審査に通るというわけではなく、落ちるような要素はなくしておかなければならないということです。

楽天カードの審査は学生でも普通に通る

上のことから考えると、大学生でも楽天カードの審査に通ることは十分にできます。
実際に周りにも楽天カードを持っている学生は数多くいますし、学生の場合まだクレジットカードを持ったことがないという人も多いと思うので、その場合はクレジットカードヒストリーに問題があるということもありません。
特に大きな問題がない場合は普通に審査に通ることができると考えていいと思います。

楽天カードの審査に学生が通りやすくするポイントとは?

楽天カードは大学生でも十分に審査に通ることのできるクレジットカードです。
しかしそれでも100%というわけではないので不安が残るのも事実。ここでは、楽天カードの審査に通りやすくなるためのポイントについてまとめました。

楽天カードの審査前に学生でもアルバイトをしておく

楽天カードの申請はインターネットでおこないますが、その際に勤め先や大学について聞かれる欄があります。大学生の方は「学生の方」を選択することになります。
そうすると、「本人の年収の有無」を「あり」「なし」で問われる欄が出現します。
「あり」を選択すると、年収を欄が出現し、ここにはアルバイトによる収入を書き込むことができます。

クレジットが「信用」という意味であることからもわかるように、クレジットカードはカード会社が申請者を信用することによってはじめて発行されるカード。とりわけ、「返済能力」は重要視されます。
審査に通りやすくするには、カード会社があなたが返済能力のある人間だと証明するような情報を与えることが大切なわけです。
アルバイトをして収入を少しでも作っておけば、ない人よりは審査に通りやすくなると言えるでしょう。

楽天カードの審査時にはキャッシング枠は0に

次に、キャッシング利用可能額は0円にしましょう。
楽天カードに申し込む際にキャッシングの利用枠は自分で設定することができ、1~90万円まで申請することができます。
一般的には、満20歳以上ならキャッシングの利用は可能です。楽天カードの公式サイトにも学生や未成年はキャッシングを利用できない、といったような記述はありません。
しかしながら、楽天に問い合わせたところ
「基本的に、安定した十分な収入がない大学生はキャッシングを利用することができない。しかし、審査に必ず落ちるとは言えない」
というような回答を得ることができました。
キャッシングは年率もあり、返済が困難になることも考えられることからクレジットカード以上に返済能力のあるひとしか利用することができません。
そのようなことから大学生がキャッシング利用枠を設けて楽天カードの発行を申請する場合、審査に通りづらくなると言わざるを得ません。どうしてもキャッシングを利用したいという場合でない限り、特に学生の場合は利用可能額は0にして申請しましょう。

学生が楽天カードの審査通過~発行までの流れ

ここでは学生が楽天カードに申し込んでから、審査・発行までの流れを紹介します。

楽天カードを申し込む場合はインターネットでの申し込みになります。申請から自宅に届き使えるようになるまでの流れは以下になります。

  • インターネットから申し込み、必要事項を記入する
  • 審査結果のメールが届く(審査に合格)
  • 自宅に発送されてくるので、本人確認書類を提示して受け取る
1のときに楽天IDを作成して楽天会員になる必要があること(逆にすでに楽天会員の方はそれに紐づけて楽天カードを作るようにしましょう)
3の受け取りの際は基本的に本人が受け取る必要があること(その際に免許証などの本人確認書類を用意しておきましょう)
楽天カードの発行に親権者の同意が必要な場合は、3と4の間に親権者への電話があることに注意しておきましょう。

特に未成年の場合は確実に、学生の場合はほぼ間違いなく親権者の確認が必要になります。電話での確認になるので、連絡が可能な時間帯をあらかじめ伝えておくようにしましょう。

学生でも楽天カード審査落ち!どんなパターンが考えられるか

学生でも十分申し込みが可能な楽天カード。しかし、申し込めば必ず審査に通ることができるというほど甘くはありません。
ここでは、どんな学生が楽天カードの審査に落ちるのか紹介します。

楽天カード審査時の申込書の不備あった場合

大学生が楽天カードの審査に落ちるパターンとして一番ありがちなのがこの場合だと思います。
例えば生年月日や住所などの基本的な情報を間違えて入力してしまうなどがあります。

楽天カード審査時に虚偽の記載をした

楽天カードに学生で審査落ちした際に考えられるのは申し込み記載項目に嘘を書いてしまうことです。
本当はアルバイトをしていないのに年収を多く書いてしまうなどです。
これは本来なら審査に通ることができたかもしれないのに落ちてしまうことになるので絶対に避けたいことです。
申請の際には間違えないように注意して情報を入力し、うその情報は絶対に書かないようにしましょう。クレジットカード会社は連携して申請者の情報を手に入れるので、うその情報なんてすぐにばれてしまいます。うその情報がばれた場合、一気に信用を失ってしまうので、本当のことだけ書くようにしてください。

学生でもクレジットカードヒストリー(クレヒス)に問題がある、もしくは他社からの借り入れが多い場合

次に過去の経歴から、あなたの信用情報や返済能力に問題が認められるパターンです。
例えば楽天カード以前にもクレジットカードを利用しており、その際に何度も返済が遅れたりした場合はクレヒスに問題がある、とみなされるかもしれません。
もしくは、何らかの理由でキャッシングを利用し、それがまだ返済されていない場合もあなたの返済能力に疑問符がつき、信用をうしなうことになります。
これらの例は、楽天カード以前にクレジットカードを使ったりキャッシングを利用したことのない学生には当てはまる方は少ないはずですが、もし楽天カードの審査に落ちてしまい、これらの例に心当たりがある場合は注意しましょう。

学生個人の収入がなく、家族や世帯収入も少ないもしくはない

次に、現状から返済能力に疑問を持たれたパターンです。
アルバイトをしていない学生の場合個人の収入欄は0になります。その場合カード会社は、世帯収入、すなわちあなたの親権者の収入をみることで、あなたの返済能力を見極めることになります。
そこでもし世帯収入が極端に低かった場合は、学生でも審査に落ちることになってしまうかもしれません。
もし上記2つの理由に当てはまらなかった場合は、これを疑ってみましょう。

楽天カードに学生でも審査に通過するために気を付けておくべきこととは

最後に学生が楽天カードの審査に通るために気を付けておくべきことをまとめました。
これを参考にすれば楽天カードの審査はバッチリなはずです!

楽天カード審査時の情報の入力は間違えない・うそをつかない

先ほども言いましたが、学生が楽天カードに申し込んで審査に落ちる理由として最もあり勝ちなのが、情報の入力ミスやうその情報を書くことだと思います。これは気を付ければ防げることであり、逆にこれが理由で審査落ちするのは非常にもったいないことだといえます。必ず正確な情報を書いて申請するようにしてください。

楽天カード学生審査通過には親の同意が必要

楽天カードに申し込むとき、未成年の場合は親権者の同意が必要で、未成年でなくとも学生の場合は同意が必要になる場合があります。
そのため楽天カードに申し込む前に必ず親と話し合って、申し込む意思と確認の電話があることを伝えて、了承をとっておきましょう。
また、確認の電話に何度も出られなかった場合カードを破棄される可能性も考えられます。
あらかじめ連絡のつく時間を親に確認してカード会社に伝えておきましょう。

学生でも楽天カード審査前にクレヒスに問題がある場合は注意

学生でもクレヒスに問題があったり、他社からの借り入れがある場合は注意が必要です。
その状態で楽天カードに申し込んでも審査に通ることが出来ず、よりクレヒスに悪影響を与えてしまう可能性があります。(クレジットカードの審査落ちは信用情報に残る)
まずはしっかりと借り入れを返済し、クレジットカードの支払いも期日通りにおこなうことでクレヒスを積み上げたほうがいいかもしれません。

学生でも楽天カードの審査は通る!ポイントと注意点だけ押さえよう

楽天カードは学生でも十分に審査に通ることのできるカードです。
しかしながら誰でも必ず通れるというわけではないのも事実。注意すべきことをしっかりと押さえて、きっちり審査に通れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください