今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

楽天EdyがiPhoneに対応!利用履歴の確認やキャッシュレス還元のEdy受け取りが可能に

iPhoneで楽天Edyチャージが可能に
「楽天EdyをiPhoneでも使いたい……。」
顧客満足度調査で10年連続で1位になるなどおすすめのクレジットカードで常に取り上げられる楽天カードに付帯する電子マネーがEdyです。

ですが、
・iPhoneで使える機能は?
・お得なキャンペーンはある?
など気になることもあるでしょう。

そこで、この記事では元楽天カード社員の田代がiPhoneで使える楽天Edyの機能についてまとめました。

目的から絞り込む

楽天Edyでキャッシュレスポイント還元!

楽天Edyのキャッシュレスポイント還元

キャッシュレス消費者還元事業に楽天Edyも参加しておりますので、中小企業の対象店舗では常に5%、フランチャイズチェーン店舗では2%還元になります。

楽天Edy付き楽天カードなら楽天市場のSPU適用でポイント3倍だったのが、期間中の対象店舗だと最大8倍(楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードなら10倍)で利用できるようになりますので対象店舗のチェックも忘れずに!

キャンペーン名キャッシュレスポイント還元
キャンペーン期間2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
還元率・対象店舗:5%のポイント還元
・フランチャイズチェーンの対象店舗:2%のポイント還元
※楽天Edyのポイント(200円につき1ポイント)やキャンペーンポイントは別途付与
進呈上限2,500ポイント/回

楽天EdyがiPhoneに対応!2019年10月28日(月)より提供開始

楽天EdyのiPhoneアプリ

これまで楽天Edyはおサイフケータイ搭載の端末にしか対応しておりませんでしたが、2019年10月28日(月)よりiPhoneにも専用の「Edyカード用楽天Edyアプリ」が登場しました。

ですが、アプリの機能自体はまだ満足できるものではありませんでしたので、実装済みの機能とおサイフケータイ専用アプリの機能を比較してみたいと思います。

楽天EdyのiPhoneアプリ機能一覧

楽天EdyのiPhoneアプリでできる機能は2019年10月28日(月)現在、3つしか実装されておりません。

  • 残高確認
  • 利用履歴の確認(直近の6件まで)
  • Edyの受け取り

残高確認

従来はiPhoneのBluetoothを利用してパソリ用Edyアプリからパソリ→パソリからEdyカードへ通信しなければ確認できなかった残高確認が、iPhoneにEdyカードをかざすだけで一瞬で実現してしまうようになりました。

パソリ端末を購入する必要もありませんし、面倒な通信を行う必要もありませんので、残高確認が非常に楽になりました。

利用履歴の確認(直近の6件まで)

利用履歴の確認もiPhoneで行うときは楽天会員ログインをしなければできませんでしたが、iPhone専用アプリを利用すればすぐに直近6件分の利用履歴が確認できるようになりました。

6件以上確認したい場合は、「楽天スーパーポイントを貯める設定」または「Edy番号の登録」を事前に済ませておけば、最大4ヶ月分は確認できます。

Edyの受け取り

これまで「おサイフケータイジャケット」のような対応機器と組み合わせか、ファミリーマートの「Famiポート」もしくは空港に設置されているANAの「国内線 自動チェックイン機」なければEdyを受け取る事ができなかったので、Edyの受け取り機能がiPhone専用楽天Edyアプリの功績と言えるでしょう。

アプリではホーム画面に受け取り可能なEdyが表示されますので、そこから「受け取り」ボタンをタップするだけで完了します。

キャッシュレス還元のEdyを貰う機会も増えますので、iPhoneユーザーも楽天Edyを利用する機会が増えそうですね。

おサイフケータイアプリとの違いを比較

iPhoneに楽天Edyの専用アプリが登場したのは嬉しいですが、おサイフケータイの専用アプリと比べると機能的にまだまだ十分ではありません。

特にチャージや支払い部分が改善されると利便性がぐっと引き上がりますので期待したいです。

機能サイフケータイiPhone
チャージできるできない
オートチャージできるできない
ポイントを貯めるできるできない
支払いできるできない
ポイントのEdy交換できるできない
楽天ポイントカード機能できるできない
Edyの受け取りできるできる
残高確認できるできる
利用履歴の確認できる(最大4ヶ月分)できる(直近6件分)

iPhone専用の楽天Edyアプリに期待すること

iPhone専用の楽天Edyアプリは機能的にまだまだ不足している部分が多いので、優先的に次の機能実装に着手してもらえると助かります。

  • チャージ
  • オートチャージの設定/解除
  • Apple Pay

チャージ

現在iPhoneユーザーが楽天Edyにチャージできる方法は次の5通りです。

一度設定してしまえば最も楽なのがオートチャージですが、iPhoneユーザーだと楽天Edyのオートチャージは解除しにくいというデメリットがあるのです。

  • コンビニレジでの現金チャージ
  • セブン銀行ATMの現金チャージ
  • パソリと接続した専用アプリからクレジットカードチャージ
  • Famiポートの楽天カードいつでもEdyチャージ
  • Edy機能付き楽天カード オートチャージ

オートチャージの設定/解除

おサイフケータイユーザーはアプリ内でオートチャージの設定/解除が完結しますが、iPhoneユーザーは楽天e-NAVIで設定した後に、対象店舗・Famiポート・パソリのいずれかにEdy機能付き楽天カードをかざして設定を完了させる必要があります。

解除するにはFamiポートで手続きを行うか、楽天e-NAVIで解除申請を行った後にパソリなどの専用端末にカードをかざさなければいけなかったので、スマホ一台で完結しないという欠点があります。

Apple Pay

そしてApple Payで楽天Edyが使えるようになってほしいと切に願います。

既にGoogle Payでは利用できる楽天Edyが、Google Payでも利用できるようになれば文句の付け所がありません。

いずれApple Payでも楽天Edyで支払える日が来ることを期待します。

楽天EdyをiPhoneで使うためのPaSoRi(パソリ)はまだ必要なのか?

これまではiPhoneユーザーが楽天Edyを利用するにはPaSoRi(パソリ)という専用端末が必要でもありました。

チャージ機能が実装されればPaSoRi(パソリ)は完全に不要な存在となりますが、現状はその存在価値が全く0かと言えばそうではありません。

PaSoRi(パソリ)がなければ自宅やスマホからチャージができないことには変わりありませんので、もしそれをしないのであれば、現金チャージやオートチャージを上手に活用するしかないでしょう。

Edy機能付き楽天カードが必要

今後の楽天Edyの飛躍を期待すると、Edy機能付き楽天カードは必要なクレジットカードと言えます。

2020年にはおサイフケータイの利用者を対象に楽天ペイ内でバーチャルSuicaカードの発行も可能となり、楽天カードのSuicaチャージもポイント付与対象になります。

楽天ペイ・楽天Edy・楽天カード・楽天ポイントカードの並びに真っ赤なSuicaが加わることになりますので、これからが楽しみです。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら最大5,000円相当のポイントと500円のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天カードの特徴
注目!!楽天ペイとSuicaの強力タッグ!2020年スタート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください