【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

楽天ペイと楽天Edyの違いとは?それぞれのサービス内容や利用方法について比較

楽天ペイ

楽天ペイとは別に楽天Edyというサービスが楽天グループにはあるのをご存知でしょうか。
どちらもキャッシュレス決済のブランドとなっており、両者のサービスや利用方法など詳しい内容がわからず、違いをしっかりと把握できていないという方も多いのではないでしょうか。
楽天グループが提供しているこの2つのサービスについて、詳しく内容をご説明し、比較していきたいと思います。

楽天ペイのサービスとは?楽天Edyと違う?

まず最初に、楽天ペイとはどんなサービスなのか確認していきましょう。
楽天ペイとはスマホに入れる決済アプリで店舗での商品購入の支払いで利用したり、ネットでの買い物の際に利用することの出来るサービスのことです。
楽天IDに登録したクレジットカード情報で簡単に利用することができ、ネットショッピングの際は楽天ではないサイトでも利用が可能です。
店舗で利用する際は、アプリをダウンロードするだけでキャッシュレスで支払いが出来るため、非常に便利なサービスとなっています。
また、利用金額に応じて楽天スーパーポイントも獲得することができます。

楽天ペイの利用方法とは?(店舗編)

楽天ペイはコンビニなどの店舗やネットショッピングで利用することが可能となっています。
まずは店舗での利用方法を見ていきましょう。
楽天ペイの使い方ですが、まずは店舗での使い方についてご紹介していきます。
支払いの際に楽天ペイを利用する旨を伝え、アプリを開きましょう。
支払い方法は、「QRペイ」と「セルフペイ」の2種類があります。
QRコードを使用するQRペイは、 支払いに必要なQRコードを店舗側が提示してくれます。
楽天ペイアプリの「QRスキャンをはじめる」を選択し、その QRコードを読み取れば支払いは完了です。
もう一つのセルフペイを利用する場合、店舗側は支払金額がわかる伝票やレシートを提示してくれます。
楽天ペイアプリを開き、「セルフペイ」を選択後、利用した店舗の支払い金額を選択し入力すれば操作は完了です。
操作の簡単さでいうと、QRペイの方が手間がかからずおすすめです。

楽天ペイの利用方法とは? (ネット編)

次はネットショッピングでの楽天ペイの使い方について見ていきましょう。
ネットショッピングでの使用方法ですが、店舗での利用よりも非常に簡単です。
まずは通常通りネットショッピングを行い、購入画面に進みましょう。
その後、決済画面に楽天ペイという選択肢が表示されます。
楽天ペイを支払い方法に選択すると、その後は楽天のサイトに移動します。
楽天IDとパスワードを入力し、ログインと支払を行い購入サイトに戻れば操作は完了です

楽天Edy のサービスとは?

楽天Edy とは、プリペイド型電子マネーのことで、ICカードを支払い時に専用の機械にかざすことで支払いを行うことができるサービスとなっています。
チャージをしておけば支払い時に現金払いの手間を省くことが出来ますし、またチャージに関してもオートチャージも可能となっていたりと、支払いをキャッシュレスで行うことができるとても便利なサービスとなっています。
また、楽天Edyも利用額に応じて楽天スーパーポイントを獲得できるシステムとなっています。

楽天Edyの利用方法とは?

楽天Edyの利用方法についても見ていきましょう。
まずは、楽天市場内の楽天EdyオフィシャルショップにてEdyカードを購入します。カードが届いたら、専用サイトで楽天スーパーポイントを貯める設定を行う必要があります。チャージ方法は複数ありますので、お好きな方法でEdyをチャージしたら、後は買い物の際に電子マネーとして利用が可能となります。

楽天ペイとEdyの内容を比べて

楽天ペイと楽天Edyのサービス内容についてそれぞれ見ていきました。
決済サービスである楽天ペイに対して、楽天Edyは電子マネーとしての機能を持っているものでした。
同じ楽天グループのサービスであり、キャッシュレスサービスであるという共通点はありますがサービスの機能としては異なるものとなっています。
ただし、どちらのサービスも利用金額に応じて楽天スーパーポイントが獲得できるシステムとなっています。
とてもお得なサービスですので、ぜひうまく利用していきましょう。

楽天ポイントが利用できる=楽天Edy も利用できるわけではない!

楽天ペイを利用できる店舗では、楽天Edy も利用できると思っている方も多いかと思いますが、そうではありません。
楽天ポイントを貯めることができたり、利用できる店舗に対して、楽天ペイを利用できる店舗は現状まだ多くありません。
同じ楽天グループのサービスとはなりますが、利用できる店舗が異なるという点についてはしっかりと把握しておきましょう。

楽天ペイと楽天Edyのサービスは大きく異なる

ここまで楽天ペイと楽天Edyのサービス内容や利用方法についてご紹介し、内容について比較していきました。
決済サービスである楽天ペイに対して、電子マネーを利用する楽天Edyと、機能については大きく異なっていましたね。
また楽天ペイを利用できる店舗と、楽天Edyを利用できる店舗は異なっています。
その点に関しては混合しやすい部分かと思いますので、誤解のないようにしておきましょう。
それぞれのサービスにメリットがありますし、どちらのサービスがご自身の生活スタイルに合っているのかは検討した上で、サービスを利用してみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください