今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

リクルートカードのリボ払いとは?気になる手数料や注意点と一括返済でお得にする方法

リクルートカードのリボ払い

「リクルートカードで毎月の支払い金額を一定にする方法があると聞いて、便利そうだから知りたい。」
通常ポイント還元率が1.2%の高還元率カードのリクルートカードだから、ついつい使いすぎてしまうことがあるかもしれません。

そんな時にリボ払いという方法を知り、興味を持ったはいいけれど、
・リクルートカードのリボ払いって何?
・リクルートカードのリボ払いの手数料はいくら?
・リクルートカードのリボ払いで気をつけることは何?
など、リボ払いを検討するなら事前に理解が必要な情報があります。

そこで、この記事ではリクルートカードのリボ払いの特徴についてまとめました。

すでにリクルートカードのリボ払いを利用している方は、一括返済によってお得にする方法も紹介しておりますので参考にしてください。

注意
リクルートカードはVISA、マスターカードブランドを三菱UFJニコスが、JCBブランドをJCBカードがそれぞれ発行しております。この記事ではVISA、マスターカードブランドを発行する三菱UFJニコスのリボ払いについて説明します。

リクルートカードのリボ払いとは

手数料や最低支払額、返済方式の種類など、リクルートカードリボ払いの基本的情報を把握しておきましょう。これらの情報を知っておくことで、リボ払いの検討や比較がしやすくなります。

手数料(実質年率)15.0%
最低支払額5,000円
支払額の内訳手数料別
返済方式の種類残高スライド方式

リボ払いの手数料

リクルートカードのリボ払い手数料は、実質年率15.0%です。他社クレジットカードの実質年率が概ね15.0%〜18.0%程度ですので、他のクレジットカードリボ払いよりも有利な手数料となります。

リクルートカードのリボ払いは、利用金額によって手数料率が変わることはありませんので、例えば1万円使おうが、100万円使おうが、実質年率は15.0%と固定になります。

ただし、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンになると利用金額によって実質年率が8.0%〜15.0%と変動するケースが多いので、単純にリボ払いの手数料だけで比較するとクレジットカードの金利手数料は高めかもしれません。

リクルートカードでシミュレーションしてみよう

リクルートカードの手数料が実質年率15.0%と聞いても、どれくらい手数料がつくのかイメージしづらい人も多いことでしょう。

そこでリクルートカードのリボ残高が5万円で毎月5,000円返済する場合、完済までにどれくらいの手数料がかかるのかシミュレーションしてみたいと思います。

なお、実質年率を月の手数料率に変換すれば「実質年率÷12ヶ月」の計算式で概算することができます。

返済月振込額返済額返済手数料リボ残高
0ヶ月50,000
1ヶ月5,6255,00062545,000
2ヶ月5,5635,00056340,000
3ヶ月5,5005,00050035,000
4ヶ月5,4385,00043830,000
5ヶ月5,3755,00037525,000
6ヶ月5,3135,00031320,000
7ヶ月5,2505,00025015,000
8ヶ月5,1885,00018810,000
9ヶ月5,1255,0001255,000
10ヶ月5,0635,000630
合計53,43850,0003,438

5万円なら手数料合計はおおよそ3,438円(5万円の6.87%相当)となりました。

リボ払いは長引けば長引くほど、元金に対する手数料率が高くなりますので、事前に必ずシミュレーションを行い、返済計画をたてて無理のない範囲で利用しましょう。

リボ払いと分割払いの違い

ここでは、リクルートカードのリボ払いと分割払いの手数料や支払額、メリット・デメリットの基本的な違いについてまとめていますので、事前に把握しておきましょう。

リボ払い分割払い
手数料(実質年率)15.0%12.25%〜15.0%
月々の支払額最低5,000円決まりなし(利用額と分割回数で異なる)
支払額の内訳手数料別手数料込
メリット支払額が毎月一定分割回数を指定できる
デメリット支払回数が多くなり手数料が高くなる1回あたりの支払金額がリボ払いより高くなる場合がある

金利手数料が低いリボ払いのおすすめクレジットカード

唯一47都道府県に即日発行できる店舗があるクレジットカード!最大30日間金利0円も
年会費無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
ショッピング手数料率(実質年率)10.0%~14.6%

はじめからクレジットカードのリボ払いを検討している方は、ACマスターカードがおすすめです。

今すぐ使いたい方に対しても、47都道府県317市区町村に自動契約機(むじんくん)を展開しており、営業時間も最長22時(年中無休※年末年始を除く)と全国で最も即日受け取りしやすいクレジットカードの1つなので、常に選択肢として考えておく良いかもしれません。

参考即日発行のクレジットカード27枚を比較【2019年最新】今日からキャッシュレス生活

リクルートカードのリボ払いを活用する方法

リクルートカードのリボ払いを利用するのであれば、少しでもお得に使いたいもの。そのためにも、実施しているリボ払いのキャンペーンを上手く活用しましょう。

ここでは、リボ払いをお得に活用する方法について紹介しています。

キャンペーンを活用する

リクルートカードのリボ払いをお得に利用するために、キャンペーンを活用するのも1つの手です。

リクルートカードでは、常にさまざまなキャンペーンを実施しており、タイミングによってリボ払いに関するキャンペーンが開催されています。

  • リボ払い・分割払いで最高10万円分のギフトカードが当たる!

キャンペーンは「リクルートカード」「ニコスカード」のサイトからいつでも確認・エントリーができます。

ポイントを獲得する

リクルートカードのリボ払いでは、上記のように、条件を満たすとギフトカードが獲得できるキャンペーンだけでなく、リボ払いをはじめとした各種支払い方法で、買い物等をすればポイントがどんどん貯まります。

じゃらんやホットペーパービューティーなどで最大4.2%のポイントが貯まるなどお得にポイントを貯めることが可能です。貯まったポイントは1ポイント=1円としてリクルートサービスで使ったり、Pontaポイントに交換できます。

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大9,000円相当のポイントがもらえる
  1. 新規入会で1,000ポイント
  2. 発行日の翌日から60日以内に1円でも利用すれば2,000ポイント
  3. 携帯電話料金の自動振替で3,000ポイント
  4. (VISA,マスターカード限定)「楽Pay」登録&利用で最大3,000ポイント
  5. (JCB限定)家族カード同時入会で500ポイント
  6. (JCB限定)Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック
リクルートカードの特徴
  • ポイント還元率が業界最高水準の1.2%
  • じゃらんやホットペッパービューティの利用なら最大4.2%のポイント還元率に!
  • 貯まったポイントはPontaポイントに等価交換可能
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険が付帯
  • nanacoやSuicaチャージも月間30,000円までならポイント加算の対象に!

リクルートカードでリボ払いするときの注意点

リクルートカードのリボ払いを利用するうえで注意点もあります。

事前に注意点を把握しておくことはリスク回避につながりますので、しっかりと確認しておきましょう。

楽Pay設定には要注意

リクルートカードは、毎月の支払い金額を自分で設定する登録型のリボ払いサービス「楽Pay」があります。

事前に金額設定できるため、一定金額以上の買い物をした際は毎回リボ払いを指定する必要がないため便利なようにも感じますが、みるみるうちにリボ残高が増えてしまうため注意が必要です。

返済をしても、カードを使い続ければリボ残高として蓄積されていくため、返済額と利用額のバランスが崩れるとリボ手数料が雪だるま方式に増えていきます。

たまにリクルートカードを使う程度ならまだいいですが、頻繁に使う人や高額な買い物が多い人が楽Pay設定にすると、まさしくリボ払い地獄に陥ってしまいます。

楽Pay設定にする場合は、十分に注意しましょう。

返済額とリボ残高のバランスを考えること

リクルートカードに限った話ではありませんが、リボ払いを利用する際は返済額とリボ残高のバランスを考えるようにしましょう。

返済額が少ないのにリボ残高だけが増えていく状態だと、手数料金額のほうが多くなってしまう場合もありえます。

たとえば返済額が5,000円なのにリボ手数料が10,000円にも膨らんでしまい、毎月15,000円引き落とされる人も現に存在するのです。

カード会社にとっては薄く長く返済してくれる方のほうが都合が良いので、そうならないように注意してください。

常にリボ残高の現状把握をしよう

リボ払い地獄に陥らないためにも、常にリボ残高を把握するようにしましょう。

「いつの間にか驚くようなリボ残高になっていた」
となっては遅く、返済がかなり厳しくなってしまいます。

今はスマホからすぐに残高を確認できるアプリを提供しているカード会社も多く、リクルートカードも例に漏れません。

常にリボ残高の現状を把握することで、使いすぎを防ぐことが可能です。

浪費癖がつく前に明細は必ずチェック

リボ残高の現状を把握するとともに、カードの明細は必ずチェックするようにしましょう。

クレジットカードは後払い方式で決済も簡単なため、ついつい現金よりも使いすぎてしまう傾向があります。

浪費癖がついてしまってはリボ払い地獄に陥ってしまう可能性があるため、必ず明細に目を通して「使いすぎていないか?」自問自答するようにしてください。

リクルートカードのリボ払いを一括返済して得する方法

もし今もリクルートカードのリボ払いを利用しており、返済計画やリボ残高を確認してお困りの方がいれば、繰り上げ返済や借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

ここではリクルートカードのリボ払いを一括返済して得する方法について確認していきたいと思います。

繰り上げ返済の手続き方法と流れ

リクルートカードのリボ払いは繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済は、「ATM」「指定口座への振込み」「登録口座から引落し」で可能です。以下は、指定口座への振込みで繰り上げ返済する場合の流れです。

  1. 「MUFGカードファイナンスデスク」へ連絡
  2. 指定口座へ振込み

借り換えで一括返済という方法も

借り換えを利用して一括返済する方法もあります。

たとえば、リクルートカードのリボ払いは実質年率15.0%ですが、楽天銀行カードローンの金利は1.9%〜14.5%です。

そのため、最高年率の14.5%で借りたとしても、それでリクルートカードのリボ残高の一括返済に充てれば金利差0.5%分お得になるのです。

楽天銀行の特徴
  • 入会でもれなく1,000ポイント
  • スマホで申し込み完結
  • アルバイト・フリーターもOK
融資上限額最大800万円金利1.9%~14.5%
審査時間お試し診断
担保・保証人不要自動審査
利用可能なコンビニ
セブンイレブンローソン
ファミリーマートミニストップ

リクルートカードのリボ払いに関する質問Q&A

最後に、リクルートカードのリボ払いに関してよくある質問をまとめてみたいと思います。

この記事だけで解決できない疑問もあったかもしれません。
その場合は、遠慮なく記事下のコメント欄よりご意見を頂戴できればと思います。

リボ残高はどこで確認できる?

リクルートカードのリボ残高は、以下の方法で確認できます。

  1. 「MUFG CARD WEBサービス」へログイン
  2. 「ご利用明細」から確認

「後からリボ」って何?

リクルートカードには、後日支払い方法をリボ払いに変更できる「後からリボ」というサービス提供をしています。

対象の支払い方法は、ショッピング1回払い、2会払い、ボーナス1回払い分になります。

「翌月の支払いが少し厳しそうだな、、、」
そんな方は、希望の利用分をリボ払いに変更することで支払いを少し楽にすることが可能です。

余裕ができたときにリボの一括返済をする計画も立てて、上手に活用してください。

リボ払いに変更できない!どうして?

「リボ払いに変更したいのに変更できない。」
可能性として考えられるのは3つあります。

  • そもそも限度額が一杯で使えない
  • 「後からリボ」対象の支払い方法ではなかった
  • 「後からリボ」の変更締切日を過ぎていた

「後からリボ」を利用するには、カード会社指定日までに変更手続きをする必要がありますので気をつけてください。

楽Payを解除する方法が知りたい

リクルートカードの楽Pay設定を以下の方法で解除できます。

  1. 「MUFG CARD WEBサービス」を開く
  2. 「登録型リボ楽Pay」を選択
  3. 「登録型リボ楽Pay 申込み・解除」から解除

通常のリボ払いで支払っているものについては基本的に解除することができません。

そのためリボ払いをやめたい場合は繰り上げ返済が唯一の方法となります。

リクルートカードのリボ払いは最小限にしよう

リクルートカードのリボ払いは毎月の返済額が一定になるのは確かに便利なのかもしれません。

ですが、一度シミュレーションしてみれば分かるように、リボ払い期間がながければ長くなるほど、元金に対する金利手数料は莫大なものになります。

リボ払いは何気なく使うものではなく、意図して、何か目的を持って利用する支払い方法だと思いますので、仕組みや概要を理解の上で利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください