【2/25まで!!】今なら楽天カード入会で8,000ポイント🌟

リクルートカードは即日発行できる?最短発行の作り方と審査の注意点まとめ

「リクルートカードを今すぐ作りたい。」
ポイント還元率の高いリクルートカードだからこそ、今すぐ手に入れたい方も多いでしょう。

ですが、リクルートカードは即日発行できるクレジットカードなのか気になります。

そこで、この記事ではリクルートカードが即日発行に対応しているかどうか、そして最短で作る方法について調査しまとめました。

関連する人気記事

リクルートカードは即日発行できない

まず先にお伝えしますが、リクルートカードは即日発行することができません。

下記にあるリクルートカードの基本情報を確認すると分かるように、発行されるまで最短3営業日かかることが分かります。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,マスターカード,JCB

受け取りまでは約1週間が目安

最短3営業日で発行されるリクルートカードですが、発行日が一体どのタイミングのことを指しているのか曖昧かもしれません。

実際には発行されてから手元に届くまで日数がかかる場合がありますので、リクルートカードの発行日と受取日についてまとめておきます。

最短3営業日で発行されたとしても、「カード会社の郵送手続き」→「自宅配送」→「自宅で受け取り手続き」→「不在なら再配達手続き」の流れになります。

  • 発行日:最短3営業日
  • 受取日:1週間

三井住友カードの最短5分発行が2020年3月から始まる!

2020年3月から三井住友カードが最短5分のカード番号発行を開始します。

現在もすでに最短翌営業日には発行されますので、タダチャンに乗り遅れないようにしましょう。

三井住友カード三井住友カードは即日発行可能に!2020年3月に最短5分カード番号発行に対応

au PAYチャージで40%還元に

2020年2月10日(月)からau PAYが使えるお店を対象に20%還元のキャンペーンを実施しています。

三井住友カードでau PAYにチャージすると、20%キャッシュバックの新規入会キャンペーンをあわせて最大40%還元となりお得です。

キャンペーン期間が限られておりますので、最短発行手続きで手に入れましょう。

タダチャン三井住友カードの20%還元の入会キャンペーン【2020年最新】特典内容と注意事項

即日発行できるクレジットカードとは

今日すぐにでもクレジットカードが欲しい方は、即日発行のクレジットカード一覧から選んでください。

選択肢は少ないですが、最寄りに受取店舗があれば今日すぐ利用することができます。

クレジットカードの即日発行即日発行できるクレジットカードの受け取り方法と選び方【2020年2月版】

ACマスターカードの魅力

即日発行できるクレジットカードの中で、唯一47都道府県すべてに受け取り店舗を設置しているのは年会費無料のACマスターカードだけです。

約600店舗存在する自動契約機(むじんくん)年末年始を除き土日祝日も最長22時まで営業しているため、万が一のときでもACマスターカードをすぐ手に入れられる環境があります。

引き落とし口座の設定が必須ではなく、申し込みも受け取りも返済も誰にもバレずに利用できる魅力が人気です。

ACマスターカード完全ガイド2020年版アコムACマスターカード完全ガイド【2020年最新版】

リクルートカードの審査で気をつけること

リクルートカードを最短発行する方法

リクルートカードを最短で発行するには正しい入会手続きとスムーズな審査が欠かせないため、最低でも以下5つの項目に気をつけてください。

最短発行のチェックリスト
  • 申し込み内容に虚偽のない正しい内容を
  • 支払可能見込額を増やしておく
  • キャッシング枠は0円に
  • 引き落とし口座のインターネットバンキングの初回登録を済ませておく
  • 本人確認書類など必要なものは事前用意
リクルートカードリクルートカードの審査に落ちないための対策と審査通過率をあげるコツ

申し込み内容に虚偽のない正しい内容を

どんなに焦っているからといって、誤った情報で申し込み手続きをしてしまうと虚偽情報とわかった時に審査落ちの原因となってしまいます。

一度審査に落ちてしまえば履歴が6ヶ月間残りますので、半年間はリクルートカードに申し込んでも審査に通ることがなくなります。

申し込み内容は正しく、丁寧に入力して手続きを完了させてください。

特に気をつけたい申込内容の項目
  • 店頭申し込みよりもネット入会
  • 本人確認が取れる電話番号か
  • 在籍確認が取れる電話番号
  • 本人受取ができる住所か
  • 現在の他社借り入れの状況は正しいか

店頭申し込みよりもネット入会

クレジットカードを最短で作るなら、店頭申し込みや入会用紙の郵送手続きよりもインターネット入会をおすすめします。

入力内容に間違いがあったときもネットのほうが修正も楽ちんなので手間が省けます。

さらにインターネット入会であれば、入会特典の内容がどこよりもお得な場合がほとんどなので、今や店頭や郵送手続きのメリットはほぼないと言って良いでしょう。

支払可能見込額を増やしておく

利用可能限度額は支払可能見込額の9割を超えないように設定されますので、他社利用残高の整理と年収は重要な審査項目となります。

最低でも利用可能枠が10万円を超えないと審査落ちの原因となりうるため、他社利用残高が多い方は支払い可能見込額の計算式に合わせて年間請求予定額をできるだけ下げておくようにしましょう。

支払可能見込額と利用限度額
・利用限度額 ≦ 支払可能見込額 × 0.9
・支払可能見込額=年収-年間請求予定額-法律で定められた生活維持費

法律で定められた生活維持費は以下の表より算出されます。

居住形態収入・生計を同一とする方の人数(ご本人・別居者も含む)
1人2人3人4人
持家かつ住宅ローン無
または
持家無かつ賃貸負担無
90万円136万円169万円200万円
持家かつ住宅ローン有
または
持家無かつ賃貸負担有
116万円177万円209万円240万円
リクルートカードリクルートカードの限度額はいくら?引き上げる方法や反映までの時間

キャッシング枠も0円にするのが得策

総量規制に該当する場合は、キャッシング枠を希望すると収入証明書の提出が求められる場合があります。

収入証明書の提出とチェックを省略するためにも、キャッシング枠は一旦0円で提出しましょう。

  • 50万円以上を希望する、もしくは他社借入を含めた合計が100万円を超える場合
  • 他社借入を含めた合計が年収の1/3を超える場合

引き落とし口座のインターネットバンキングの初回登録を済ませておく

リクルートカードは申し込み時に振替口座の登録を済ませることで簡易書留で配送されます。

銀行口座によって、特にメガバンクなどの都市銀行、地方銀行は事前にインターネットバンキング(オンラインバンキング)の初回登録を済ませておかないと利用できない場合がありますので気をつけましょう。

本人確認書類など必要なものは事前用意

審査通過したリクルートカードを自宅で受け取る時は、本人確認書類の提示が必要になります。

受け取りは必ず本人(本人以外の家族もNG)とそれを証明できる書類提示が必要になりますので、忘れずに用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付のマイナンバーカード など

本人以外でも受け取る方法

発行されたリクルートカードは基本的に本人以外が受け取ることはできません。

ただし、インターネット入会時に引き落とし口座のオンライン設定も済ませておけば、受取時の本人確認が不要になります。

その際は簡易書留郵便で発送されますので、不在時でも同居の方が対応できれば本人確認なしに受け取ることができますので覚えておきましょう。

リクルートカードの即日発行に関する質問Q&A

リクルートカードを最短発行する方法についてまとめましたが、申し込み前や手続き途中で気になる疑問も出てくると思います。

ここではリクルートカードの即日発行に関する質問をまとめました。

リクルートカードは即時審査?審査結果が分かるまでの期間

リクルートカードは即時審査ではありません。

申し込み手続きが完了すれば最短3営業日後には発行手続きの連絡が届きます。

審査結果は登録したメールアドレスに届きますが、それまでに審査状況を確認したいなら次のページで確認しましょう。

学生でも作れる?

リクルートカードは高校生を除く学生であれば誰でも作ることが可能です。

利用可能枠は10万円と低く設定されますが、入会手続き等は社会人と同様の流れとなりますので先程の最短発行の作り方も参考にしていただければと思います。

なお、学生証は本人確認書類にはなりませんので、免許証か健康保険証もしくはパスポートなどが必要になりますので覚えておきましょう。

未成年でも作れる?

リクルートカードは高校生を除く18歳以上が申し込み対象になりますので、未成年者でも申し込むことができます。

ただし未成年の場合は就労者であっても学生であっても、親権者の同意が必須になります。

申込み完了後に実家の電話番号にリクルートカードから同意確認の電話連絡がありますので、必ず親が電話に出られるように事前共有をしておきましょう。

親の同意確認が得られなければリクルートカードを作ることができませんので、未成年者は注意が必要です。

ETCカードの発行期間は?

リクルートカードのETCカードは、国際ブランドに限らず申し込みから届くまでに最短1週間から2週間ほど要します。

リクルートカードとは別々に自宅に届きますので2回受け取りが必要になることは注意しておきましょう。

年末年始・ゴールデンウィークなどの連休時期は通常よりも時間がかかりますので、早めの申し込みをおすすめします。

なお、VISAもしくはマスターカードを選んだ方は発行手数料として1,000円+税必要になりますが、JCBブランドは無料で作れます。どちらも年会費無料なので、JCBブランドのほうがお得です。

家族カードの発行期間は?

リクルートカードには年会費無料で作れる家族カードがあり、発行されるまで最短1週間から2週間ほど要します。

家族カードを作るには「リクルートカードの申し込み時」または「リクルートカード発行後に追加申し込み」をすることで手続きを済ませることができます。

あとから追加発行の手続きをする場合は、家族カードの申込書を資料請求しての郵送手続きになりますので、予め家族カードが必要であればリクルートカードとの同時入会がおすすめです。

キャッシングだけでも即日利用できない?

リクルートカードのキャッシングだけを即日で利用する方法はありません。

ただし、すでにリクルートカードをお持ちの方であれば即日融資のネットキャッシングを利用することが可能です。

  • パソコン・スマホから24時間申し込み可能
  • 振込手数料無料
  • 最短30分以内で振込

振込ではなく現金をすぐに手にしたい方は、土日祝日・深夜も利用できる提携ATMも活用すると良いでしょう。

今すぐお金を借りるなら→キャッシングするならどこがおすすめ?キャッシングを比較してみました

プリペイドカードなら即日発行できる?

リクルートカードにはプリペイドカードもポイントカードも存在しません。

1.2%の還元が受けられるのはクレジットカードのリクルートカードのみとなっておりますので、少なくとも発行に最短3営業日、手元に届くまで1週間かかることになります。

最短即日発行のおすすめクレジットカード

今すぐにでも作れるクレジットカードが欲しい方のために、最短即日発行のクレジットカードを下記の記事で紹介しています。

リクルートカードより早く作れるクレジットカードもありますので参考にしてください。

クレジットカードの即日発行 即日発行できるクレジットカードの受け取り方法と選び方【2020年2月版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください