【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

リクルートカードのSuicaチャージはポイント貯まる?チャージできない時の対処法付き

Suica
「リクルートカードでもSuicaにチャージできるのかな?」
ポイントが貯まりやすく、楽天ペイとの組み合わせで実店舗でもお得に使いやすくなったリクルートカード。

ですが、
・Suicaにチャージできる?
・定期券購入やオートチャージは?
・チャージで貯まるポイントはいくら?
など分からないことも少なくないでしょう。

そこで、この記事ではリクルートカードのSuicaチャージについてまとめました。

記事最後にはSuicaチャージがお得な一体型クレジットカードの紹介もしておりますので、ぜひ参考にしてください。

参考Suicaチャージにおすすめのクレジットカード比較【2019年最新】

リクルートカードはSuicaチャージができる?

まずはじめにリクルートカードはSuicaチャージや定期券購入ができます

Suicaチャージができるかどうかでリクルートカードの申し込みを躊躇している方がいたら、安心して入会手続きを進めてください。

以下、チャージ方法やポイント付与について説明を続けていきます。

リクルートカードの基本情報

年会費無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大9,000円相当のポイントがもらえる
  1. 新規入会で1,000ポイント
  2. 発行日の翌日から60日以内に1円でも利用すれば2,000ポイント
  3. 携帯電話料金の自動振替で3,000ポイント
  4. (VISA,マスターカード限定)「楽Pay」登録&利用で最大3,000ポイント
  5. (JCB限定)家族カード同時入会で500ポイント
  6. (JCB限定)Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック
リクルートカードの特徴
  • ポイント還元率が業界最高水準の1.2%
  • じゃらんやホットペッパービューティの利用なら最大4.2%のポイント還元率に!
  • 貯まったポイントはPontaポイントに等価交換可能
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険が付帯
  • nanacoやSuicaチャージも月間30,000円までならポイント加算の対象に!

リクルートカードでSuicaにチャージする方法

リクルートカードでSuicaにチャージする方法は全部で3通りあります。

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • モバイルSuica

Apple Pay

Apple Payにリクルートカードを登録すればモバイルSuicaの年会費は無料となり、チャージや定期購入・更新がお得になります。

登録方法はすごく簡単で、下記の3ステップでリクルートカードから簡単にSuicaにチャージできるようになります。

  1. Apple Payにリクルートカードとお手持ちのSuicaを用意して読み取り登録をする。
  2. 自動改札ですぐに使えるように「エクスプレス設定」をする。
  3. チャージ・定期の継続購入を行う。

Google Pay

おサイフケータイ機能が搭載されたAndroid端末なら、Google PayでもApple PayのようにリクルートカードとSuicaを登録して利用することが出来ます。

Google PayやSuicaの他にもnanaco、WAON、楽天Edyにチャージして利用することができますので、Apple Payよりも電子マネーの使い分けもできて利便性は高いと言えるかもしれません。

モバイルSuica

Apple PayやGoogle Payを使わなくても、モバイルSuicaにリクルートカードを登録することでチャージや定期券購入が可能になりますが、年会費が1,030円(税込)かかりますのであまりおすすめできません。

ただしモバイルSuicaには「銀行チャージ」「Suicaのネット決済」などの独自サービスがありますので、あまりクレジットカードに頼りたくない方にはおすすめだと言えます。

2020年2月26日以降は無料化へ
しかし、2020年2月26日(水)以降は「ビューカード」以外のクレジットカードを登録しても、モバイルSuicaの年会費が無料になることを発表しました。ただし、2020年2月25日(火)までに支払った年会費の返金はないようなので覚えておきましょう。

リクルートカードのSuicaチャージで貯まるポイント

リクルートカードはSuicaチャージや定期券購入でもポイント付与の対象となっておりますので安心してください。

Suicaチャージ、Suica定期券100円につき1.2ポイントが貯まります。

楽天カードはポイント付与の対象外

なお、リクルートカードと並んで人気のある楽天カードはSuicaチャージでポイントが付与されません。(定期券購入もポイント付与の対象外)

Suicaチャージだけを切り取って比較すると、リクルートカードは楽天カードよりもお得だと言えるでしょう。

楽天ペイとSuicaが連携発表

しかし、2019年6月5日、楽天とJR東日本は楽天ペイ内でSuicaの発行とチャージに対応することを発表しました。

それに伴い、2020年春より「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末の楽天ペイアプリでSuicaが利用できるようになります。

もし楽天ペイ内のSuicaチャージで0.5%〜1.0%ほどの楽天ポイントが付与されるようになると、楽天カードへの切り替えや使い分けを考えることにもなりそうです。

連携内容楽天ペイアプリ内でのSuica発行やチャージ
利用できない機能・オートチャージ
・定期券・グリーン券の購入
利用できる端末・「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末
・iOSは今後検討
連携時期2020年春
参考楽天カードのSuicaチャージとは?2020年春からポイント付与対象に

リクルートカードでSuicaにチャージできない時の対処方法

「リクルートカードでSuicaにリクルートカードでSuicaにチャージができない」

という質問をたまに見かけることがあります。

そんな時は次の3点について確認してみてください。

  • VISAじゃないか?(Apple Payの場合)
  • 限度額に空きはあるか?
  • スマホのネットワーク環境は安定しているか?

VISAじゃないか?(Apple Payの場合)

特にApple Payの方で、リクルートカードでSuicaにチャージできない時は国際ブランドがVISAじゃないか確認してください。

リクルートカードに限った話ではありませんが、Apple Payに登録せたVISAカードは実店舗決済でしか利用することができませんので、Suicaチャージやコンタクトレス決済に非対応となっています。

そのため、VISAのリクルートカードでチャージするならモバイルSuicaアプリでチャージする必要があります。

Google PayであればVISAも含め、JCBやマスターカード、アメックスでもチャージできます。

決済方法国際ブランド使えるサービス
Apple Payマスターカード、JCB、アメックスチャージ、定期の継続購入
Google PayVISA、マスターカード、JCB、アメックスチャージ、定期の継続購入
モバイルSuicaアプリVISA、マスターカード、JCB、アメックスチャージ、オートチャージ、定期の新規購入/継続購入
注意
オートチャージは「VIEWマーク」のついたクレジットカードを登録している場合のみに使うことができます。

限度額に空きはあるか?

次にリクルートカードの限度額に注目してみましょう。

限度額いっぱいであれば決済エラーとなりますのでチャージすることができません。

リクルートカードのマイページ等で現在の限度額と残りの利用可能枠を確認して、チャージが必要であれば繰り上げ返済や限度額の引き上げ申請を行うと良いでしょう。

スマホのネットワーク環境は安定しているか?

インターネット回線が不安定なところだとチャージ完了前にエラーが出てしまうことがあります。

できるだけ安定したネットワーク環境でチャージするように気をつけてください。

リクルートカードのSuicaチャージに関するよくある質問Q&A

リクルートカードのSuicaチャージに関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問は記事下のコメント欄に投稿していただければ回答いたしますのでよろしくお願いいたします。

オートチャージはできる?

Suicaを頻繁に利用する方なら、オートチャージ機能を利用したい方もいると思います。

ですが、リクルートカードはSuicaのオートチャージに非対応です。

というよりも、オートチャージに対応しているクレジットカードは「VIEW」マークのついたものだけですので、リクルートカードだからできないのではなく「オートチャージに対応しているクレジットカードが限定されている」と覚えておきましょう。

払い戻しはできる?

リクルートカードでチャージしたSuicaもあとから払い戻しは可能です。

ただしチャージ残高が220円以上あると220円の手数料が別途かかってしまいますので、なるべく残高を0円にした上で払い戻しの手続きをすると良いでしょう。

なお、払い戻しをすれば預り金であるデポジット500円も返金されます。

海外でも利用できる?

Apple Payに登録したSuicaも、Google Payに登録したSuicaであっても、海外利用には対応しておりません。

例えばApple Payを海外で使うとしたら、コンタクトレス決済に対応したマスターカードやJCBのクレジットカードのみ利用することができます。

Suicaはあくまでも日本国内でしか使えない独自の電子マネーとなります。

パスモにもチャージできる?

オリコカードはパスモにチャージすることができません。

パスモのチャージ方法は「駅の券売機」「バス車内」「お店でのチャージ」と3種類ありますが、リクルートカードだと券売機での定期券購入以外に利用することができないのです。

パスモへのチャージ及びオートチャージは交通事業者系が発行するクレジットカードでしか利用できませんので気をつけてください。

Suicaチャージがお得な一体型クレジットカード

リクルートカードとは別にSuica用におすすめのクレジットカードを4枚紹介します。

カード名年会費チャージ還元率オートチャージ定期券
JALカード Suica入会後1年間無料
(通常2,000円+税)
0.5〜1.0%分離型
イオンSuicaカード永年無料0.5〜1.0%分離型
ルミネカード初年度無料
953円+税
1.5%分離型 or 一体型
JREカード初年度無料
477円+税
1.5%分離型 or 一体型

JALカード Suica

Suica利用でJALマイルも貯まる!
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間3週間程度
国際ブランドJCB
最大1,850マイル&500JREポイント
  1. 新規入会でもれなく300マイル
  2. JALカードショッピングマイル・プレミアムの入会で500マイル
  3. 入会後のJAL初搭乗で1,000マイル
  4. JALカードアプリのインストール・ログインで50マイル
  5. JALカードアプリのインストール・ログインで50マイル
  6. JALカードSuicaの入会で500JREポイント
JAL Suicaカードの特徴
  • Suicaチャージや定期券購入でJALマイルが貯まる
  • 最高1,000万円補償の海外/国内旅行傷害保険
  • 入会搭乗・毎年初回搭乗・搭乗ごとに貯まるボーナスマイル
  • 入会後1年間は年会費無料(通常は2,000円+税)
  • モバイルSuicaの年会費が無料

イオンSuicaカード

Suica還元率は1.0%!年会費無料で国内旅行保険付帯
年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間約3週間
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大20%キャッシュバック(上限10万円)の入会キャンペーン
  1. 新規入会し、利用期間中に対象カードでカードショッピングを利用する
  2. イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」をダウンロードし、キャンペーンに応募
  3. 対象カードの引き落とし口座をイオン銀行に設定
イオンSuicaカードの特徴
  • 貯まったときめきポイントをSuicaに交換すれば最大1.0%還元
  • 年会費無料で海外旅行保険、国内旅行保険が付帯
  • 全国のイオン、マックスバリュなどの対象店舗の利用はポイント2倍
  • 毎月20日・30日のお客さま感謝デーは買い物代金が5%オフ
  • ETCカードは発行手数料&年会費無料!ETCゲート車両損傷お見舞金制度も付帯して安心

ルミネカード

ルミネで最大10%オフ!チャージや定期券購入もお得
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
付帯機能Suica、Suica定期券
ルミネカードの特徴
  • ルミネで毎日5%オフ!年4回は10%オフ優待
  • Suicaのオートチャージや定期券購入はポイント1.5%還元!
  • アトレなどのJRE加盟店なら1.5%還元
  • 最高500万円補償の海外旅行傷害保険、最高1,000万円補償の国内旅行傷害保険付き
  • ルミネの公式アプリ「ONE LUMINE」と連携でルミネマイルも貯まる!
  1. 年会費は初年度無料、2年目以降は953円+税の年会費
  2. 即日発行できるカードは仮カードのみ。本カード発行まで約1週間かかります。

JREカード

チャージや定期券購入で1.5%還元!
年会費初年度無料※1
申込資格18歳以上
発行時間最短即日※2
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大5,000円相当のポイントがもらえる
  1. 新規入会&WEB明細ポイントサービス登録で2,000ポイント
  2. オートチャージ3,000円以上の利用で300ポイント
  3. カードの利用合計が5,000円以上で500円ポイント
  4. カードの利用合計が50,001円以上で1,500円ポイント
  5. カードの利用合計が100,001円以上で2,700円ポイント
JRE CARDの特徴
  • 「JRE CARD優待店」で使えばポイント還元率が3.5%!
  • 定期券購入やオートチャージならポイント還元率が1.5%!
  • 貯まったポイントは1ポイント=1円で利用可能!
  • 最高500万円補償の海外旅行傷害保険、最高1000万円補償の国内旅行傷害保険付き
  • VISAのみの「Suica・定期券なし」「Suica定期券一体型」と3つの国際ブランド対応の「Suica一体型」から選べて作れる
注意
※1.2年目以降は477円+税の年会費
※2.即日発行できるカードは仮カードのみ。本カード発行まで約1週間かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください